B2 > メガファウナ

メガファウナ:アルシノイテリウム Megafauna, Arsinoitherium

このクリーチャーは多くの部分でサイに似ており、体高6フィート、体長10フィート、1対の大きなナイフのような曲がった角が鼻の上から延びている。

アルシノイテリウム 脅威度7 Arsinoitherium

経験点3,200
N/大型サイズの動物
イニシアチブ +0;感覚 鋭敏嗅覚、夜目;〈知覚〉+13
防御
AC 20、接触9、立ちすくみ20(+11外皮、-1サイズ)
hp 85(9d8+45)
頑健 +13、反応 +6、意志 +4
攻撃
移動速度 30フィート
近接 突き刺し=+14(4d8+13)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 強力突撃(4d8+13)、蹂躙(2d8+13、DC23)
一般データ
【筋】28、【敏】10、【耐】21、【知】2、【判】13、【魅】3
基本攻撃 +6;CMB +16;CMD 26(対足払い30)
特技 《頑健無比》《強打》《蹴散らし強化》《持久力》《不屈の闘志》
技能 〈知覚〉+13
生態
出現環境 温暖/平地
編成 単体、2体、または群れ(3~12)
宝物 なし

 アルシノイテリウムは草食性だが、危険を感知すると、うなり声、足踏み、頭を振るなど猛烈な威嚇動を見せる。このような警告にも引かない脅威に対しては猛烈なうなり声を上げ突撃を行う。

アルシノイテリウムの動物の相棒

開始時のデータサイズ 中型;移動速度 30フィート;AC +4外皮;攻撃 突き刺し(1d8);能力値 【筋】14、【敏】12、【耐】15、【知】2、【判】13、【魅】3;その他の特殊能力 夜目、鋭敏嗅覚
7レベルでの成長サイズ 大型サイズ;AC +2外皮;攻撃 突き刺し(2d8);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4;その他の特殊能力 強力突撃(2d8)、蹂躙

メガファウナ:グリプトドン Megafauna, Gylptodon

この装甲したクリーチャーは骨質の亀のような甲を持ち、そこから短い四肢、鈍器のような頭部、棘の生えた短い尾が突き出ている。

グリプトドン 脅威度6 Gylptodon

経験点2,400
N/大型サイズの動物
イニシアチブ +0;感覚 鋭敏嗅覚、夜目;〈知覚〉+16
防御
AC 21、接触9、立ちすくみ21(+12外皮、-1サイズ)
hp 67(9d8+27)
頑健 +11、反応 +6、意志 +4
攻撃
移動速度 20フィート
近接 (×2)=+12(1d10+7)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
一般データ
【筋】25、【敏】10、【耐】17、【知】2、【判】13、【魅】6
基本攻撃 +6;CMB +14;CMD 24(対足払い28)
特技 《頑健無比》《技能熟練:知覚》《強打》《持久力》《突き飛ばし強化》
技能 〈知覚〉+16
生態
出現環境 温暖/平地
編成 単体または2体
宝物 なし

 グリプトドンは、多くの瘤のような“鱗”から成る骨鎧を作ることができる甲羅の価値のため、しばしば狩られる。このクリーチャーはその危険な爪で強打でき、またしばしば気性荒くそのようにするため、自分の身を上手く守ることができる。

グリプトドンの動物の相棒

開始時のデータサイズ 中型;移動速度 20フィート;AC +5外皮;攻撃 ×2(1d8);能力値 【筋】13、【敏】12、【耐】13、【知】2、【判】13、【魅】6;その他の特殊能力 夜目、鋭敏嗅覚
7レベルでの成長サイズ 大型サイズ;AC +2外皮;攻撃 ×2(1d10);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4。

メガファウナ:メガロセロス Megafauna, Megaloceros

大きな驚くべき牡鹿はその肩高がほとんど人間の身長ほどもあり、その枝角は差し渡し10フィート以上も広がっている。

メガロセロス 脅威度4 Megaloceros

経験点1,200
N/大型サイズの動物
イニシアチブ +2;感覚 鋭敏嗅覚、夜目;〈知覚〉+9
防御
AC 16、接触11、立ちすくみ14(+5外皮、-1サイズ、+2【敏】)
hp 34(4d8+16)
頑健 +8、反応 +8、意志 +3
攻撃
移動速度 50フィート
近接 突き刺し=+7(2d6+5)、(×2)=+2(1d4+2)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 強力突撃(4d6+7)
一般データ
【筋】20、【敏】15、【耐】18、【知】2、【判】15、【魅】5
基本攻撃 +3;CMB +9;CMD 21(対足払い25)
特技 《持久力》《疾走》(B)《神速の反応》
技能 〈知覚〉+9
生態
出現環境 寒冷または温暖/森林および平地
編成 単体、2体、または群れ(3~50)
宝物 なし

 メガロセロスはグレート・エルクまたはキング・スタッグとしても知られる強力で巨大な鹿である。肩高6フィート、枝角は差し渡し12フィート、体重1,400ポンド。

メガロセロスの動物の相棒

開始時のデータサイズ 中型;移動速度 50フィート;AC +3外皮;攻撃 突き刺し(1d8);能力値 【筋】12、【敏】17、【耐】14、【知】2、【判】15、【魅】5;その他の特殊能力 夜目、鋭敏嗅覚
7レベルでの成長サイズ 大型サイズ;AC +2外皮;攻撃 突き刺し(2d6)、×2(1d4);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4;その他の特殊能力 強力突撃(2d6)。

メガファウナ:メガテリウム Megafauna, Megatherium

この後ろ足で立ち上がっている巨大なナマケモノは、葉をつかむために樹冠に素早い舌を伸ばしている。

メガテリウム 脅威度5 Megatherium

経験点1,600
N/超大型サイズの動物
イニシアチブ +0;感覚 鋭敏嗅覚、夜目;〈知覚〉+14
防御
AC 18、接触8、立ちすくみ18(+10外皮、-2サイズ)
hp 59(7d8+28)
頑健 +9、反応 +5、意志 +3
攻撃
移動速度 30フィート、登攀10フィート
近接 (×2)=+10(1d8+7、加えて“足払い”)
接敵面 15フィート;間合い 10フィート
特殊攻撃 かきむしり(×2)、1d8+10)
一般データ
【筋】25、【敏】10、【耐】19、【知】2、【判】13、【魅】6
基本攻撃 +5;CMB +14;CMD 24(対足払い28)
特技 《技能熟練:知覚》《強打》《突き飛ばし強化》《ふっとばし攻撃》
技能 〈知覚〉+14、〈登攀〉+15
生態
出現環境 温暖または暑熱/森林
編成 単体または2体
宝物 なし

 メガテリウムは体重10,000ポンドの巨大なナマケモノである。後ろ足と尾でバランスを取って立つことで、20フィートまでの高さまで届く。

メガテリウムの動物の相棒

開始時のデータサイズ 中型;移動速度 40フィート、登攀10フィート;AC +5外皮;攻撃 ×2(1d4);能力値 【筋】9、【敏】14、【耐】11、【知】2、【判】13、【魅】6;その他の特殊能力 夜目、鋭敏嗅覚
7レベルでの成長サイズ 大型サイズ;AC +2外皮;攻撃 ×2(1d6);能力値 【筋】+8、【敏】-2、【耐】+4;その他の特殊能力 かきむしり(×2)、1d8)。