B3 > スフィンクス

スフィンクス Sphinx

 謎めいたスフィンクスたちは種同士が縁遠いわけではないが、外見、知性、そして性格は多様である。全てはライオンの肉体、ファルコンの翼、そして他の種族の頭部を持つ。彼らの中で最も知性があり強力な種は人間の頭部を持つ――男性か女性の。人間の頭部を持つスフィンクスには2つの種類があるが、実の所それらは独立した種族であり、単なる性の違いではない。これらの人間の頭部を持つ種族は時にアンドロスフィンクスあるいはギュノスフィンクスと呼ばれるが、多くのスフィンクスはその表現を侮辱と感じる。下位のスフィンクスは獣の頭部を持ち、例外なく男性である;最も遭遇しやすい種はラムの頭を持つクリオスフィンクスと野性的なファルコンの頭部を持つクリオスフィンクスである(訳注:翻訳の誤りではない)。スフィンクスは自分たちはグリフィンやマンティコアのような他の獅子の混成と祖先を同じくするという説を否定し、ラマッスのように独立した神性な存在であり、そうした獅子の亜種との会話に不快感を示す。
 スフィンクスは温暖な砂漠の気候と近くの丘を好み、その暖かさを快適に感じ単独でいることを楽しむ。より知的なスフィンクスは正反対の社交性を持ち、会話と孤立を交互に切望する。実の所、退屈したあるいは苛立ったスフィンクスは時に会話の最中に離脱し、もしかしたら全く邪魔者ではない嘆願者を殺し、貪るかもしれない。
 スフィンクスは真なる不滅の種族ではないが、暴力的で十数年生きることも稀なヒエラコスフィンクスを除けば彼らは不可思議なまでに長命である。事故、暴力、あるいは不運によって殺されない限り、他のスフィンクスは生きるのに疲れ自ら死ぬことを選ぶまで生き続けるように見える。スフィンクスは歳を経ると食事の必要性が減ってくる。最古の部類に入るスフィンクスは1世紀に1回ほど食事をし、記念碑、寺院、あるいは墳墓の理想的な守護者となる。
 スフィンクスは彼ら独自の言語での会話を好むが、人間の言語と竜の言語も同様に多い。丁寧に間違えることなく彼らの言語でスフィンクスと話すことは平和的な会話を確保することに対し大いに効力がある。ヒエラコスフィンクスを除くスフィンクス全ては刺激的な会話を楽しむが、これらの長命なクリーチャーは悲しいことに詳細な記憶力というものを欠いている。一部の文明においては、「スフィンクスのような精神」という言い回しは「頭が散漫だ」という嫌味を意味する。
 スフィンクスは謎掛けを愛するという噂があるが、本当にそれを楽しむのは実際はギュノスフィンクスのみだ。アンドロスフィンクスは高尚な哲学的議論を好み、クリオスフィンクスは大事件の話題や媚びへつらった賞賛を好む。ヒエラコスフィンクスが会話をすることは皆無であり、自身よりも強力なクリーチャーによる脅威に対してのみ応答する。
 スフィンクスは自身の孤立が侵害される度に鬱憤が溜まっていくため、近隣に住まう人型生物は通常地元のスフィンクスは避けようという信条を持つ。それでもスフィンクスの住み処が知られれば、スフィンクス種の寓話に名高い知恵を求める訪問者の絶え間ない流れは予想できる。一部のスフィンクスは耐えられないほどに干渉が増えたところからより静かな住まいへと移住する;一部はそうした訪問が止むまで、増加した苛立たしい哀願者の一部を貪る。
 スフィンクスは独特な繁殖の習性を持っており、彼らの種族に小さくない奇異さと奇妙な多様さを与えている。実際のところ、上品ぶったアンドロスフィンクスを除いてスフィンクス全ての思考の多くを交配が占めている。女性のギュノスフィンクスは動物の頭部を持つスフィンクスに対しての感情は軽蔑しかなく、男らしいアンドロスフィンクスの注目だけを切望する。アンドロスフィンクスに限っては、些細な発情は時間と精力の浪費であり、肉の喜びに飛びつくよりももっと高尚な追求に時間と精力を費やす方がマシであると考えている。クリオスフィンクスとヒエラコスフィンクスはギュノスフィンクスと似たような肉欲を持っている。前者はへりくだりながら贅沢な贈り物で機嫌を取ろうとする。ヒエラコスフィンクスはそうした文明化された振る舞いを嫌い、女性と出会った機会に思うままに無理矢理手篭めにする。
 こうした珍しい夫婦から、両親の種とは無関係にスフィンクスのいずれかの種が2人から4人生まれる。種の代わりに夫婦の在り方そのものが生まれてくる子供の種族に影響を与える。愛あるいは敬意によって生じる珍しい交配からは、アンドロスフィンクスとギュノスフィンクスが生まれる。肉欲あるいは身勝手な衝動による交合からはクリオスフィンクスが生まれる可能性が最も高い。ヒエラコスフィンクスは憎悪と暴力といった行いから生まれ、むかついた母親はすぐに子を恵みある自然界へと廃棄し、悪くとも自身に牙を剥かないようにする。全ての男性の中で、クリオスフィンクスだけが自らの意思で子を育て、時にそれを一番最初の交配の取引材料の1つにする。
 砂漠の人々は時にスフィンクスの姿に敬意を払って大きな石のスフィンクスを製作し、時にその顔を人々の統治者や貴族に彫る。伝説によるとそうした記念碑の最初のものは最古かつ最強の、一般的なスフィンクスのサイズよりも遥かに大きな、知識と知恵の結晶であったスフィンクスたちであるという。そのスフィンクスの中で最古かつ最大の者は不滅性に疲れたとき砂漠へ向かい、そこを居住地とし、最後の眠りに就き、その肉体は砂岩となったと伝えられている。
 エルダー・スフィンクスたちはアンドロスフィンクスかギュノスフィンクスであり、クリオスフィンクスもそうなることは稀である。彼らは最低でもアドヴァンスト・テンプレート、多くの追加のヒット・ダイス、そして最低でも超大型のサイズを持つ(巨大や超巨大であることのほうが多い)。彼らはコミューンコンタクト・アザー・プレイン、そしてレジェンド・ローアを擬似呪文能力として1日に1回使用でき(CLはそのスフィンクスのCRに等しい)、そして他の力や特殊攻撃を持っていることがよくある。そうしたスフィンクスの多くは活動停止の特殊能力と似たように石のような静止状態に入れるが、活動停止とは違いこのまどろみから自身の力によって目覚めることは容易ではない。他のスフィンクスたちは、獣のようなヒエラコスフィンクスでさえ、エルダー・スフィンクスたちをあらゆる意味で尊重し、半ば以上神のように扱う。

スフィンクス:アンドロスフィンクス Sphinx, Androsphinx

この王者に相応しい、鳥の翼を生やしたライオンは人間の頭部を持ち、強大なファラオの黄金の衣装を纏っている。

アンドロスフィンクス 脅威度9 Androsphinx

経験点6,400
CG/大型サイズの魔獣
イニシアチブ +0; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+23
防御
AC 23、接触9、立ちすくみ23(+14外皮、-1サイズ)
hp 123(13d10+52)
頑健 +12、反応 +8、意志 +7
攻撃
移動速度 40フィート、飛行60フィート(貧弱)
近接 (×2)=+20(2d6+8/19~20、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート; 間合い 5フィート
特殊攻撃 雄たけび、飛びかかり引っかき(×2)=+20、2d6+8)
準備済みの呪文 (術者レベル6;精神集中+9)
一般データ
【筋】27、【敏】10、【耐】18、【知】16、【判】17、【魅】17
基本攻撃 +13; CMB +22; CMD 32(対足払い36)
特技 《鋭敏感覚》《かすめ飛び攻撃》《強打》《クリティカル強化:爪》《薙ぎ払い》《薙ぎ払い強化》《ホバリング》
技能 〈威圧〉+13、〈真意看破〉+13、〈生存〉+16、〈知覚〉+23、〈知識:いずれか1つ〉+16、〈飛行〉+5
言語 共通語、スフィンクス語、竜語
生態
出現環境 暑熱/砂漠または丘陵
編成 単体
宝物 標準
特殊能力
雄たけび(超常)/Roar アンドロスフィンクスは1日に3回、標準アクションとして雄たけびを行うことができる。進化していく雄たけびそれぞれは異なる効果を持ち、それはアンドロスフィンクスのその雄たけびがその日の1回目であるか、2回目であるか、あるいは3回目であるかに依る。これらの雄たけびは全てアンドロスフィンクスを中心とした、半径60フィートの爆発を占める[音波]効果である;セーヴDCは【魅力】に基づく。スフィンクスたちはアンドロスフィンクスの雄たけびに対するあらゆる効果に対する完全耐性を持つ。
 1回目の雄たけび:影響を受けたクリーチャーは2d6ラウンドの間恐れ状態になる(DC19の意志で無効)。これは[音波]効果に加え[恐怖、精神作用]効果である。
 2回目の雄たけび:影響を受けたクリーチャーは1d4ラウンドの間聴覚喪失状態になり、そして恐怖によって麻痺状態になる(いずれもDC19の意志で無効)。これは[音波]効果に加え[恐怖、精神作用]効果である。
 3回目の雄たけび:影響を受けたクリーチャーは2d4ラウンドの間【筋力】に2d4のペナルティを受け、2d8ポイントの[音波]ダメージを受ける。アンドロスフィンクスより小さなクリーチャーは倒れ伏せ状態になる。DC19の頑健セーヴによって【筋力】ペナルティおよび倒れ伏せ状態になることを無効化する。
呪文 アンドロスフィンクスは6レベル・クレリックとして信仰呪文を発動するが、領域などの他のクレリックの能力は獲得しない。

 一般的なスフィンクスの中での最強種であるアンドロスフィンクスは自身をスフィンクス種の中の名士であり貴族であると見做しており、自分たち善の模範にのしかかっている世界全ての重みを担っているのだとでも言うかのように行動する。彼らはクリオスフィンクスを温情主義的な謙遜を以って遇し、ヒエラコスフィンクスを胸のむかつきを隠しながら見つめ、ギュノスフィンクスを唯一ともに時を過ごす価値のある他のスフィンクスとして扱う。
 アンドロスフィンクスは訪問者に対しては粗野で意地悪になる。彼らは不快感を感じた時それを隠そうともしない。アンドロスフィンクスは縄張り意識が強い傾向にあるが、他のスフィンクスに比べればまだマシだ。彼らはまず例外なく警告し脅してから攻撃し、そしてほぼ常に協議を求める声に留意する。アンドロスフィンクスは安全な通過の対価には宝物でなく情報と話し合いを交換条件とする。
 アンドロスフィンクスは身長12フィート、体重1,000ポンド。

スフィンクス:クリオスフィンクス Sphinx, Criosphinx

このクリーチャーは鳥の翼、ライオンの胴体、そして知的な目をした憂いを帯びたラムの頭部を持っている。

クリオスフィンクス 脅威度7 Criosphinx

経験点3,200
N/大型サイズの魔獣
イニシアチブ +0; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+10
防御
AC 20、接触9、立ちすくみ20(+11外皮、-1サイズ)
hp 85(10d10+30)
頑健 +10、反応 +7、意志 +4
攻撃
移動速度 30フィート、飛行60フィート(貧弱)
近接 (×2)=+15(1d6+6)、突き刺し=+16(2d4+6/19~20)
接敵面 10フィート; 間合い 5フィート
特殊攻撃 強襲突撃(突き刺し、4d4+12)
擬似呪文能力 (術者レベル10;精神集中+10)
一般データ
【筋】23、【敏】10、【耐】17、【知】12、【判】12、【魅】11
基本攻撃 +10; CMB +17; CMD 27(対足払い31)
特技 《技能熟練:威圧》《強打》《クリティカル強化:突き刺し》《突き飛ばし強化》《武器熟練:突き刺し》
技能 〈威圧〉+16、〈知覚〉+10、〈はったり〉+10、〈飛行〉+1
言語 共通語、スフィンクス語;スピーク・ウィズ・アニマルズ
生態
出現環境 暑熱/砂漠または丘陵
編成 単体
宝物 標準
特殊能力
強襲突撃(変則)/Swooping Charge 突撃するクリオスフィンクスは突き刺し攻撃で4d4+12ポイントのダメージを与える。高くから突撃の一部として最低20フィート降下し飛行するクリオスフィンクスは代わりに6d4+18ポイントを与える。

 恐らくあらゆるスフィンクスの中で最も劣った獅子であるラムの頭をしたクリオスフィンクスはアンドロスフィンクスやギュノスフィンクスの知性を欠いてはいるが、それでも機知に乏しいヒエラコスフィンクスにはまだ優っている。ヒエラコスフィンクスやアンドロスフィンクスと同様、クリオスフィンクスは常に男性である。戦闘を始めると、クリオスフィンクスは角を下げて敵にぶつかり、交戦した敵を爪で裂く。それは凄まじい高さから敵に突撃することを好む。
 クリオスフィンクスは殆ど何よりも富を切望し、自身の土地を安全に通過しようとする者から常習的に通行料をたかる。払えない集団は一員の1人あるいは乗騎2頭をクリオスフィンクスの食用に差し出さなければならない――1人身の旅人は戦わなければ死ぬしかない。ギュノスフィンクスとは異なり、謎掛けでは不十分だ――金属の輝きあるいは宝石の煌きだけがクリオスフィンクスを満足させる。クリオスフィンクスに硬貨1枚でも捨てさせることを納得させるのは、クリオスフィンクスがギュノスフィンクスに抱く愛欲以外では殆どできない。クリオスフィンクスはギュノスフィンクスとの交合を何よりも切望し、女性のいる場所と、そしてそれ以上に好印象を与えられるようなよく練られたなぞなぞのためであれば十分に支払う。クリオスフィンクスに関して、ギュノスフィンクスがスフィンクスの羊と嘲笑おうとすることは殆どないが、クリオスフィンクスが富や機知で印象付けようという珍しい出来事においてクリオスフィンクス自身が短い逢引のために下手に出ることは時折ある。
 一部のクリオスフィンクスは自身を砂漠の予言者と名乗り、アンドロスフィンクスとギュノスフィンクスの歴史に名高い知恵を交換の材料にして騙されやすい旅人を鴨にする。より乱暴な兄弟と同様、クリオスフィンクスは通行人から安全な経路の対価として、広めたい情報がない限り富を求める。彼らの持つそうした信頼できる情報は通常スピーク・ウィズ・アニマルズの生まれつきの能力を使用しての砂漠のクリーチャーたちとの駄弁から来ている。健全な情報が欠けているクリオスフィンクスは、通常でっちあげの嘘を吐く。
 クリオスフィンクスはヒエラコスフィンクスを酷く憎み、彼らを獣かスフィンクス種の汚点程度にしか見做さない。彼らは無視された場合、そのファルコン頭の従兄弟を罵倒しながら構えをとって最大まで威力を高めた攻撃で突撃して追い散らす。彼らはアンドロスフィンクスを畏敬の念を持って見つめ、ギュノスフィンクスを軽蔑と肉欲を持って見つめる。

スフィンクス:ヒエラコスフィンクス Sphinx, Hieracosphinx

冷たい目をしたファルコンの頭部と大きな翼がその他は獅子の胴体をしたクリーチャーを装飾している。

ヒエラコスフィンクス 脅威度5 Hieracosphinx

経験点1,600
CE/大型サイズの魔獣
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+16
防御
AC 17、接触11、立ちすくみ15(+6外皮、-1サイズ、+2【敏】)
hp 60(8d10+16)
頑健 +8、反応 +8、意志 +4
攻撃
移動速度 30フィート、飛行60フィート(貧弱)
近接 噛みつき=+11(1d10+4)、(×2)=+11(1d6+4)
接敵面 10フィート; 間合い 5フィート
特殊攻撃 金切り声、飛びかかり
一般データ
【筋】19、【敏】14、【耐】15、【知】6、【判】15、【魅】10
基本攻撃 +8; CMB +13; CMD 25(対足払い29)
特技 《かすめ飛び攻撃》《技能熟練:知覚》《強打》《薙ぎ払い》
技能 〈知覚〉+16、〈飛行〉+3;種族修正 +4〈知覚〉
言語 スフィンクス語
生態
出現環境 暑熱/丘陵
編成 単体、2体、または編隊(3~8)
宝物 乏しい
特殊能力
金切り声(超常)/Shriek ヒエラコスフィンクスの甲高い金切り声は半径60フィートの拡散内にいるスフィンクスでない者を2d4ラウンドの間聴覚喪失状態にする(DC16の頑健セーヴで無効化)。この効果に対するセーヴに成功したクリーチャーはそのヒエラコスフィンクスの金切り声に対する完全耐性を24時間の間得る。この能力の使用は標準アクションである。セーヴDCは【耐久力】に基づく。

 一般的なスフィンクスの中で最も劣った知性を持つヒエラコスフィンクスは臆病で残酷な精神を持った奴である。その全てが男性だ。彼らは自分より賢く大きなアンドロスフィンクスとクリオスフィンクスを見下している。ギュノスフィンクスに対して彼らは肉欲と憎悪の入り混じった複雑な感情を抱いており、その美と力に嫉妬しながら彼女のつがいになりたいと切望する。ヒエラコスフィンクスは他のスフィンクスが不利な状況にある時にそうした者を攻撃する。ヒエラコスフィンクスは他の男性のスフィンクス種を斬り裂き細切れにするか追い払うが、一方でギュノスフィンクスに対しては乱暴はしても殺しはしないことを好む。スフィンクスの他の種族も同様にヒエラコスフィンクスを侮蔑しかしておらず、概してこの不浄なる獣を視野に入るや攻撃する。
 ヒエラコスフィンクスは弱い侵入者に対しては容赦なく縄張りを守り、攻撃の前に警告を与えることはあまりない。彼らは冗談や謎掛けに価値を見出さず、交渉に最大限の努力をしても些か無駄であるが、力を示しながらより弱い獲物の場所やギュノスフィンクスの場所を教えることで攻撃の停止を納得させることはできる。馬鹿な飛行者ではあるが、彼らは空からの戦いを好み、戦況が不利になれば逃亡を良しとする。
 他の血統が持つ傲慢さと才知を欠いているため、ヒエラコスフィンクスは乗騎として徴用でき、特に彼らに似た悪の気質を持つ者になされやすい。ヒエラコスフィンクスはそのような奉仕に苛立ちはしても強力な乗り手には屈するが、依然として偶然にでも弱いクリーチャーになれば自身の邪悪な気性をぶつけようとする。成長したヒエラコスフィンクスは容易に馬1頭を1日で残さず食べられ、彼らの燃費は些か高い。これらの短所があってさえ、ヒエラコスフィンクスの卵は自由市場において1,500gpまでの値がつき、それはヤング・ヒエラコスフィンクスも同様である。ヒエラコスフィンクスが成熟するには3年かかり、そうなった後に調教されていないヒエラコスフィンクスが魔法的な強制もなく乗り手を受け入れることはまずあり得ない。調教師はヒエラコスフィンクスを育て調教するのが難しいにも関わらず、その行為に命や四肢を失う危険を負うため金貨数千枚を対価として受け取る。
 ヒエラコスフィンクスは350ポンドまでが軽荷重;351~700ポンドが中荷重;そして701~1,050ポンドが重荷重である。典型的なヒエラコスフィンクスは体長9フィート、体重600ポンド。ヒエラコスフィンクスは戦闘において乗り手を嫌うため、戦闘に関する〈騎乗〉判定のDCは+5上昇する。