B3 > テラコッタ・ソルジャー

テラコッタ・ソルジャー Terra-Cotta Soldier

この見事に形作られ、細かに造形された実物大の粘土製の人形は、荒々しい決意を秘めた姿と両手に握った剣を持っている。

テラコッタ・ソルジャー 脅威度6 Terra-cotta Soldier

経験点2,400
N/中型サイズの人造
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート、夜目;〈知覚〉+8
防御
AC 19、接触13、立ちすくみ16(+6外皮、+3【敏】)
hp 64(8d10+20)
頑健 +2、反応 +5、意志 +2
DR 5/殴打; 完全耐性 [火]、人造の種別特性SR 17
攻撃
移動速度 30フィート
近接 ロングソード=+10/+5(1d8+3/19~20)、ショート・ソード=+10(1d6+1/19~20)または叩きつけ(×2)=+11(1d6+3)
特殊攻撃 横列戦法、鋭き武器
一般データ
【筋】16、【敏】16、【耐】―、【知】1、【判】11、【魅】1
基本攻撃 +8; CMB +11; CMD 24
特技 《イニシアチブ強化》《二刀流》《武器熟練:ショート・ソード》《武器熟練:ロングソード》
技能 〈知覚〉+8
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、部隊(3~12)、または軍隊(13+)
宝物 乏しい(ロングソード、ショート・ソード、その他の宝物)
特殊能力
鋭き武器(超常)/Keen Weapons 戦闘で少なくとも1ラウンドが経過した後、テラコッタ・ソルジャーの武器は自動的にキーン武器(術者レベル6)の利益を得る。この効果は戦闘の終了まで持続する。
横列戦法(変則)/Rank Fighting テラコッタ・ソルジャーが他のテラコッタ・ソルジャーと隣接している限り、ACに+2の回避ボーナスと、セーヴィング・スロー、攻撃ロール、ダメージ・ロールに+2のボーナスを得る。

 テラコッタ・ソルジャー(兵馬俑、陶器製の兵士)は粘土を整形して焼いてセラミックにしたもので、通常は鎧を着た人間の兵士に似ている。しかしホブゴブリン、テング、デーモンやオニといったものまで、他の種族のテラコッタ・ソルジャーもまたよく見られる。テラコッタ・ソルジャーはしばしば強大な執政者の墳墓の護衛として作られ、その死後も君主を守るために置かれ音もなく立ち続けている。これらの兵士は何百年もの間寝ることもなく耐え続け、墓荒らしから墓地とその財宝を守るためにだけ行動する。テラコッタ・ソルジャーは通常色のついた漆で塗られているが、この装飾は長い年月を経て使用されることでボロボロになっていることが多い。テラコッタ・ソルジャーの全長は6フィート(約1.8m)で、重量は600ポンド(約272kg)。
 通常の人造とは異なり、テラコッタ・ソルジャーはその内部に知性の閃きがある。会話をしたり自由意志で他の約束したりする能力はこの人造にはほとんどないが、ほとんどの人造が行えるよりもずっと複雑な戦略をこなすことはできる。テラコッタ・ソルジャーが異なる特技や異なる武器を持つことは、珍しいことではない。比較的よく見られる例を以下にまとめた。
 テラコッタ・アーチャー(脅威度+0)/Terra-Cotta Archer: テラコッタ・アーチャーは単にコンポジット・ロングボウを装備したテラコッタ・ソルジャーである。テラコッタ・アーチャーは特技として《イニシアチブ強化》《近距離射撃》《精密射撃》《武器熟練:ロングボウ》を持つ。
 テラコッタ・ホースマン(脅威度+1)/Terra-Cotta Horseman: 陶器製の馬に騎乗した兵士を模して作られたテラコッタ・ソルジャーも存在する。だが騎手と乗騎は1体のクリーチャーである。テラコッタ・ホースマンは種族ヒット・ダイス10と、蹂躙小振りの武器の特殊能力を持つ大型のテラコッタ・ソルジャーである。テラコッタ・ホースマンは通常ソードの代わりにランスを身につけており、特技として《イニシアチブ強化》《強打》《蹴散らし強化》《突き飛ばし強化》《武器熟練:ランス》を持つ。

作成法

 テラコッタ・ソルジャーの身体は600ポンドの粘土から作られており、500gpの価値がある貴重な魔法の上薬を塗られて焼き上げる。

テラコッタ・ソルジャー Terra-cotta Soldier

術者レベル 9; 市価 19,500gp
作成要項
必要条件 《人造クリーチャー作成》アニメイト・オブジェクツギアス/クエストキーン・エッジキャッツ・グレイス、作成者は術者レベル9以上でなければならない; 技能 〈製作:陶芸〉または〈製作:彫刻〉DC14; コスト 10,000gp