ウルヴァリン

ウルヴァリン(クズリ) Wolverine

 このずんぐりした筋肉質な哺乳類は穴熊ほどの大きさで、うなり声を上げるくちびるは黄色い牙がびっしり生えた口をあらわにしている。

ウルヴァリン(クズリ) 脅威度2 Wolverine

経験点600
N/中型サイズの動物
イニシアチブ +2;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+10
防御
AC 14、接触12、立ちすくみ12(+2外皮、+2【敏】)
hp 22(3d8+9)
頑健 +5、反応 +5、意志 +2
攻撃
移動速度 30フィート、穴掘り10フィート、登攀10フィート
近接 (×2)=+4(1d6+2)、噛みつき=+4(1d4+2)
特殊攻撃 激怒
一般データ
【筋】15、【敏】15、【耐】15、【知】2、【判】12、【魅】10
基本攻撃 +2;CMB +4;CMD 16(対足払い20)
特技 《技能熟練:知覚》《追加hp》
技能 〈知覚〉+10、〈登攀〉+10
生態
出現環境 寒冷/森林
編成 単体
宝物 なし
特殊能力
激怒(変則)/Rage 戦闘でダメージを受けたウルヴァリンは自分の次のターンにおもむろに激怒し、自分か相手が死ぬまで狂ったように激しく引っかき、噛みつく。ウルヴァリンは【筋力】+4、【耐久力】に+4、ACに-2を受ける。ウルヴァリンはこの激怒を自発的に終えることはできない。

 ウルヴァリン(クズリ)はなわばり意識が強く、特に食料をめぐる場合はそれが顕著で、ブラック・ベアなどの自分よりも大きな捕食生物相手に自分の獲物を守り抜こうとすることで知られている。ウルヴァリンは恐るべき相手で、傷つくと逆上し始める。ウルヴァリンは怒ると非常に強い不快な麝香臭を発する傾向がある。

 力強いあごと強力な脚と分厚い毛皮で身を固めたウルヴァリンは、そのサイズにしては目をみはるほど強い。ウルヴァリンは戦闘では無鉄砲で、敵に飛びついて猛烈に引っかき、噛みつく。


ウルヴァリン:ダイア・ウルヴァリン Wolverine, Dire

 この恐るべきクズリは熊と同じくらい大きく、そのあごと爪は特大かつ残忍で、両目は暗く怒りに満ちている。

ダイア・ウルヴァリン 脅威度4 Dire Wolverine

経験点1,200
N/大型サイズの動物
イニシアチブ +7;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+12
防御
AC 16、接触12、立ちすくみ13(+4外皮、-1サイズ、+3【敏】)
hp 42(5d8+20)
頑健 +7、反応 +7、意志 +2
攻撃
移動速度 30フィート、登攀10フィート
近接 (×2)=+6(1d8+4)、噛みつき=+6(1d6+4)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 激怒
一般データ
【筋】19、【敏】17、【耐】17、【知】2、【判】12、【魅】10
基本攻撃 +3;CMB +8;CMD 21(対足払い25)
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:知覚》《追加hp》
技能 〈知覚〉+12、〈登攀〉+12
生態
出現環境 寒冷/森林
編成 単体、2体
宝物 なし
特殊能力
激怒(変則)/Rage 戦闘でダメージを受けたダイア・ウルヴァリンは自分の次のターンにおもむろに激怒し、自分か相手が死ぬまで狂ったように激しく引っかき、噛みつく。ダイア・ウルヴァリンは【筋力】+4、【耐久力】に+4、ACに-2を受ける。ダイア・ウルヴァリンはこの激怒を自発的に終えることはできない。

 ダイア・ウルヴァリン(巨大クズリ)はより小柄な近縁種のウルヴァリン以上になわばり意識が強く、住むと決めた場所を死ぬまで守り抜く。しばしば人型生物が開拓した地域を自分のなわばりに選び、向こう見ずにも植民地を引っかきまわすことになったりもする。ダイア・ウルヴァリンは体長約12フィート(3.6m)まで育ち、体重は2,000ポンド(約900kg)に達することもある。