B4 > チェンジリング

チェンジリング Changeling

このすらっとした女性の肌は異様に青白く、髪は黒く、各々の瞳は異なる色である。

チェンジリング 脅威度1/2 Changeling

経験点200
女性のチェンジリング・ウィッチ1
LN/中型サイズの人型生物(人間、変身生物(チェンジリング)
イニシアチブ -1; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+2
防御
AC 10、接触9、立ちすくみ10(+1外皮、-1【敏】)
hp 8(1d6+2)
頑健 +1、反応 -1、意志 +4
攻撃
移動速度 30フィート
近接 爪(×2)=+0(1d4+1)
特殊攻撃 呪術(大釜)
準備済みのウィッチ呪文 (術者レベル1;精神集中+3)
1レベル:スリープ(DC14)、ヒプノティズム(DC14)
0レベル(回数無制限):タッチ・オヴ・ファティーグ(DC13)、デイズ(DC13)、ライト
守護者 変成
一般データ
【筋】10、【敏】8、【耐】12、【知】15、【判】14、【魅】15
基本攻撃 +0; CMB +0; CMD 9
特技 《戦闘発動》《ポーション作成》(アイテム作成)
技能 〈呪文学〉+6、〈製作:錬金術〉+10、〈知識:神秘学〉+6、〈治療〉+6
言語 エルフ語、オーク語、共通語、竜語
その他の特殊能力 ウィッチの使い魔(スパイダー)、大きなチェンジリング
生態
出現環境 気候問わず
編成 単体
宝物 装備品(クオータースタッフ、呪文構成要素ポーチ、その他の宝物)

 不可解な起源の生まれをし、知らない養父母によって育てられたチェンジリングはハグと騙された恋人との子供である。多くは自分の恐ろしい起源を知らないが、起源が宿主に呼び掛け始めるとき、チェンジリングそれぞれの人生の時間がやって来、その混乱した少女を彼女では判断できない何らかの終末へと急き立てる。何らかの種類のハグが男性との子供を妊娠するとき、その子供はチェンジリングとなる。父親は子供を見る前に、通常パートナーによって殺され食べられる。
 チェンジリングは例外なく女性で、たいていは背が高く細長い。チェンジリングの髪は概して長く暗く、異常に青白い肌であるが、彼女はそれ以外のあらゆる実質的な点において父親の種族の一員のように見える。頻出する――しかし共通事項であるわけではない――チェンジリングの特徴は目立つ左右の目の色の違いであり、どちらの目も彼女の父親の種族の一般的なものとは異なる色をしている。思春期と成人期に達すと、人間の父親から生まれた平均的なチェンジリングは身長およそ5-1/2フィート、体重約110ポンドになる。

チェンジリングのキャラクター Changeling Characters

 チェンジリングは彼らのクラス・レベルによって定義される――彼らは種族ヒット・ダイスを持たない。すべてのチェンジリングは以下の種族特性を持つ。
 -2【耐久力】、+2【判断力】、+2【魅力】:チェンジリングは華奢ではあるが、頭の回転が早く魅力的だ。
 ハグの種族特性:チェンジリングは自身の母のハグ種別に応じて、以下の種族特性から一つを受け継ぐ。
 大きなチェンジリング(アニス・ハグ)/Hulking Changeling:このチェンジリングは、近接攻撃によるダメージに+1の種族ボーナスを得る。
 緑の寡婦(グリーン・ハグ)/Green Widow:このチェンジリングは、自身に性的な興味を持ったクリーチャーに対する〈はったり〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
 海の肺(シー・ハグ)/Sea Lungs:このチェンジリングは溺れる危険が生じるまでに【耐久力】の3倍に等しいラウンドだけ息を止めておくことができる。
 :チェンジリングの指に生えた爪は固くて鋭い。彼女たちは2回の爪攻撃を得る(それぞれ1d4ポイントのダメージを与える)。
 外皮:チェンジリングは+1の外皮ボーナスを得る。
 暗視:チェンジリングは最大60フィートまでの暗闇を見通せる。
 言語:チェンジリングはプレイ開始時に共通語および彼らを支配する社会の代表的な言語の会話能力を持っている。高い【知力】を持つチェンジングは次に挙げる言語を選択することができる:アクロ語、エルフ語、オーク語、巨人語、ゴブリン語、ドワーフ語、ノール語、および竜語。