B4 > ボゲードン

ボゲードン Buggane

この無毛の猫背の巨人には、石を粉々にするのに十分強く見える鈍い爪のある2つの大きな巨大な拳と、容赦のない牙がある。

ボゲードン 脅威度5 Buggane

経験点1,600
CE/大型サイズの人怪
イニシアチブ +3; 感覚 鋭敏嗅覚振動感知60フィート;〈知覚〉+9
防御
AC 18、接触8、立ちすくみ18(+10外皮、-1サイズ、-1【敏】)
hp 51(6d10+18)
頑健 +7、反応 +4、意志 +6
弱点 光による盲目化
攻撃
移動速度 30フィート、穴掘り30フィート
近接 爪(×2)=+11(1d8+6)、突き刺し=+11(1d8+6)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 打てや潰せや、かきむしり(爪(×2)、1d8+9)
一般データ
【筋】22、【敏】9、【耐】17、【知】6、【判】13、【魅】6
基本攻撃 +6; CMB +13; CMD 22
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《技能熟練:隠密》
技能 〈隠密〉+7(地下では+15)、〈知覚〉+9、〈登攀〉+10; 種族修正 +8地下での〈隠密〉
言語 巨人語
その他の特殊能力 地の歪み、盲目
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、狩猟隊(3~5)、または氏族(6~30)
宝物 標準
特殊能力
 盲目(変則)/Blind ボゲードンは盲目である。彼らは凝視攻撃、視覚効果、幻術、その他視線に頼る攻撃に対する完全耐性を持つ。
 地の歪み(超常)/Earth Distortion 1分間に1回即行アクションとして、ボゲードンは石と金属の物理的適応力を無視するために、自身に完全なパワーを与え、空気と同じくらい簡単に石や金属の障壁を通過することを可能にする。ボゲードンは次のターン開始時まで地潜りを保有し、そして石または金属の武器または(地)の副種別を持つか石か金属の人造からの肉体攻撃によるダメージを受けなくなる。加えてボゲードンの近接攻撃は金属製か石製の鎧と盾からの如何なるACボーナス(強化ボーナスを含む)も無視する。土の歪曲を使用している間、ボゲードンは石か金属の人造もしくは(地)の副種別を持つクリーチャーからの肉体攻撃でダメージを与えられない。
 打てや潰せや(変則)/Smash and Bash フリー・アクションとして、ボゲードンはかきむしり攻撃でダメージを与えた相手に機会攻撃を誘発することなく足払いする試みが出来る。足払いの試みが失敗するならば、ボゲードンはお返しに足払いされることがない。足払いの試みが成功するならば、目標はDC19の頑健セーヴに成功するか1ラウンドの間、朦朧状態にならなければならない。セーヴのDCは【筋力】に基づいている。

 ボゲードンは地下深くに住む、盲目の無毛の巨人の種族である。オーガとわずかに関連があり、ボゲードンは衆生の肉に対して地表に住むいとこと欲求を共有しており、粘り強く絶対の沈黙の中で獲物を跡をつける冷静で有能な殺人者である。ボゲードンは彼らの明確なテリトリーに不法侵入する人を追跡し殺す。そして犠牲者を自分の巣に運び入れ、そこで犠牲者は全体の一族によって儀礼も何もなく消費される。
 頭の鈍く、野蛮なボゲードンは最も原始的な武器と道具の使用さえ軽蔑する。彼らは牙と爪に頼り、そのすべては等しく楽に、肉、骨、固体の岩を細かく切ることができる。彼らの役に立たない黒子のような眼は痛いほど明るい光に反応する。典型的なボゲードンは身長8から9フィートで、体重900ポンドである。