B4 > ミーナッド

ミーナッド Maenad

この野生動物のような女性は返り血にまみれている。彼女の邪悪な微笑みで鋭い歯が見え、彼女の目は狂気を示唆している。

ミーナッド 脅威度8 Maenad

経験点4,800
CE/中型サイズの人型怪物
イニシアチブ +8;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+15
防御
AC 20、接触15、立ちすくみ15(+1回避、+5外皮、+4【敏】)
hp 94(9d10+45)
頑健 +8、反応 +10、意志 +9;[精神作用]効果に対して+4
完全耐性 カーム・エモーションズ抵抗 [火炎]10;SR 19
攻撃
移動速度 30フィート
近接 噛みつき=+13(1d6+4、加えて“”)、爪(×2)=+13(1d4+4/19~20、加えて“”)
特殊攻撃 伝染する踊り、
擬似呪文能力 (術者レベル12;精神集中+17)
一般データ
【筋】19、【敏】18、【耐】20、【知】13、【判】16、【魅】21
基本攻撃 +9;CMB +13;CMD 28
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《強打》《クリティカル強化:爪》《説得力》
技能 〈威圧〉+19、〈交渉〉+13、〈真意看破〉+9、〈知覚〉+15、〈はったり〉+14、〈変装〉+11
言語 共通語、森語
その他の特殊能力 狂気的な食事
生態
出現環境 温暖/森林または平地
編成 単体、2体、または酒宴(3~12)
宝物 標準
特殊能力
伝染する踊り(超常)/Infectious Dance 彼女から60フィート以内で踊っているミーナッドを見るクリーチャーはDC19の意志セーヴに成功するか1時間まるでコンフュージョンがかかっているかのような影響を受けなければならない。この能力で影響を受ける4体のクリーチャーごとに、ミーナッドは1d10ポイントの一時的ヒット・ポイントを得、彼女の【魅力】は1増加する;これらの利益は影響を受けたクリーチャーが踊りから自由になれば終了する。
狂気的な食事(超常)/Mad Feast 全ラウンド・アクションとして、ミーナッドは超自然的な豪華な食事を目に前に呼び出す。この食事を食べたクリーチャーは12時間、【筋力】と【耐久力】に+2のボーナス、1d8ポイントの一時的ヒット・ポイントと[恐怖]に対するセーヴに+4の士気ボーナスを得る。影響を受けたクリーチャーは意志セーヴに-4のペナルティ(このペナルティには[恐怖]に対するセーヴは適応されない)を被り、放蕩、過剰、暴力に関与することが非常に魅力的であるとわかる。
毒(変則)/Poison 噛みつき・致傷型;セーヴ 頑健・DC19;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d3【耐】;治癒 2回連続のセーヴ成功。

 拘束のない暴力と退廃のクリーチャー、ミーナッドは質の劣るお祭り騒ぎに加わろうと他人を誘い世界を歩き回る。それ以外では彼らは人間で通るが、荒れ狂うか流血の歓楽に関わるときミーナッドの残忍さは表れる。彼女らは大量のワインと食料を消費し、戦いを引き起こし、敵をバラバラに引き裂く。彼女らは人々の心を操り、潜在意識から自分たちの流血の祝宴に携わるよう彼らを誘い、過剰の飢え、愛欲、そして暴力へ導かせる衝動を促進させる。
 ミーナッドは数千年も生きることができる。彼女らは共同体に影響しようとする前に、一般社会に巧みに入り込む。彼女らは生涯をかけてクリーチャーに放蕩、人食い、大食の影響を与えようと旅をする。