B4 > ウィルウッド

ウィルウッド Wyrwood

明らかな木製の人造であるが、この小さな素早いクリーチャーは滑らかに目的を持って移動する。

ウィルウッド 脅威度1/2 Wyrwood

経験点200
ウィルウッド、1レベル・ローグ
N/小型サイズの人造
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+5
防御
AC 16、接触14、立ちすくみ13(+1サイズ、+3【敏】、+2鎧)
hp 18(1d8+10)
頑健 +0、反応 +5(罠に対して+1)、意志 +1
完全耐性 人造の種別特性
攻撃
移動速度 30フィート
近接 ダガー=+3(1d3+2/19~20)
遠隔 ダガー=+4(1d3+2/19~20)
特殊攻撃 急所攻撃+1d6
一般データ
【筋】14、【敏】17、【耐】―、【知】15、【判】12、【魅】6
基本攻撃 +0;CMB +1;CMD 14
特技 《器用な指先》
技能 〈隠密〉+11、〈軽業〉+7、〈鑑定〉+6、〈製作:錬金術〉+6、〈装置無力化〉+9、〈脱出術〉+7、〈知覚〉+5、〈知識:ダンジョン探検〉+6、〈手先の早業〉+9、〈登攀〉+6、〈魔法装置使用〉+2
言語 共通語
その他の特殊能力 罠探し+1
生態
出現環境 気候問わず/廃墟または地下
編成 単体または陰謀団(2~8)
宝物 NPCの装備品(ダガー[2]、レザー・アーマー、盗賊道具、その他の宝物)

 この比較的若い種族は、手早く技能のある人造の使用人に汚れ仕事を行わせる必要のあるウィザードの秘密結社によって作られた。この秘密結社は魔法の機械を作成することに興味があったため、彼らは自らの道具を小さく、はしこく、賢く造った。時間とともに、秘密結社は遥か彼方まで限界を拡張し、自由意志を持つ手下を作り、そしてそうした最初のウィルウッドはなぜ自分たちは主人の些細な陰謀へ関わっているのかについて疑い始めた。ウィザードがウィルウッドに代理としてウィザード同士のための戦いを強制したとき、人造はその代わりに自らの制作者を殺し、彼らの種類をより多く作る方法のメモを盗み、彼らの種族が永続できるようにした。
 ウィルウッドは秘密主義で、いくらか外国人嫌いで、他人に対して冷たく打算的である――聞き手によって、尊敬も敵意も得うる特徴だ。まったく合理的であり、感情的ではないウィルウッドは自らの種族の存続を主な目的としている。感情移入や利他的な現象を理解する珍しいウィルウッドでさえ、そのような概念を自身や自種族の生存を確実にするのを助ける単なる道具と見做す。全てのウィルウッドは彼らの種類をより多く作る方法を知っており、作成のプロセスの詳細を種族が二度と隷属しないことを確実にするために他のクリーチャーに秘密にしている。
 大部分のウィルウッドはウィザードもしくはローグである。崇拝する傾向のある少数は厳しい規律のある秩序の神を尊ぶ傾向があり、精神よりはむしろ書面に従う。

ウィルウッドのキャラクター Wyrwood Characters

 ウィルウッドは彼らのクラス・レベルによって定義される――彼らは種族ヒット・ダイスを持たない。すべてのウィルウッドは以下の種族特性を持つ。
 +2【敏捷力】、+2【知力】、-2【魅力】:ウィルウッドは素早く、打算的である。人造としてウィルウッドは【耐久力】修正値を持たない。
 通常移動速度:ウィルウッドは30フィートの基本移動速度を持つ。
 小型サイズ:ウィルウッドは小型のクリーチャーであり、攻撃ロールに+1のサイズ・ボーナス、戦技ボーナスと戦技防御値に-1のペナルティ、〈飛行〉判定に+2のボーナス、〈隠密〉判定に+4のサイズ・ボーナスを得る。
 暗視60フィート:ウィルウッドは最大60フィートまでの暗闇を見通せる。
 夜目:ウィルウッドは夜目を持つ。
 言語:ウィルウッドは共通語を話す。高い【知力】を持つウィルウッドは次に挙げる言語を選択することができる:竜語、ドワーフ語、エルフ語、ノーム語、ゴブリン語、オーク語。