ゴルゴン

ゴルゴン Gorgon

 この雄牛のようなクリーチャーは金属板が重なり合ってできているかのように見える。口からは緑色のかすかな渦巻く煙を吹き出している。

ゴルゴン 脅威度8 Gorgon

経験点4,800
N/大型サイズの魔獣
イニシアチブ +4;感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+17
防御
AC 20、接触9、立ちすくみ20(+11外皮、-1サイズ)
hp 100(8d10+56)
頑健 +13、反応 +6、意志 +7
攻撃
移動速度 30フィート
近接 突き刺し=+14(2d8+7)、(×2)=+9(1d6+3)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 蹂躙(2d8+10、DC21)、ブレス攻撃(60フィートの円錐形、石化、頑健・DC21・無効)
一般データ
【筋】24、【敏】10、【耐】24、【知】2、【判】16、【魅】9
基本攻撃 +8;CMB +16;CMD 26
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:知覚》《強打》《鋼の意志》
技能 〈知覚〉+17
生態
出現環境 温暖/平地、岩山、および地下
編成 単体、2体、小さな群れ(3~4)、群れ(5~12)
宝物 なし
特殊能力
ブレス攻撃/Breath Weapon ゴルゴンは1d4+1ラウンドごとに1回ブレス攻撃を使用でき、60フィートの円錐形の緑のガスを作り出すことができる。このガスの範囲内にいる者はDC21の頑健セーヴを行なってこの効果に対する抵抗を試みることができるが、セーヴに失敗した者は直ちに石化状態になる。この石化は一時的なものである。毎ラウンド、石化状態のクリーチャーは新たにDC21の頑健セーヴを行なって石化状態からの回復を試みることができる。ただし、これは石化状態の時にもう一度ゴルゴンのブレス攻撃の効果範囲内に収められていない場合に限られる。既に石化状態の時にもう一度ゴルゴンのブレス攻撃に曝されたクリーチャーは永続的に石化状態になり、以後はもう追加の頑健セーヴを行なって自然に回復するよう試みることはできない。このセーヴDCは【耐久力】修正値に基づいて算出されている。

 ゴルゴンは魔法的な、品性下劣なクリーチャーである。一見したところ人造のようにも見えるが、人工的な外見の装甲板の下には、肉と骨でできた体がある。攻撃的な雄牛のようなゴルゴンは、遭遇したなじみのないクリーチャーには挑戦し、しばしばそれと判別できなくなるまで相手の死骸を蹂躙するなり石と化した残骸を粉砕するなりする。雌も雄と同じくらい危険で、性別は見た目では判らない。典型的なゴルゴンは体高6フィート(約1.8m)、体長8フィート(約2.4m)、体重は4,000ポンド(約1.8t)である。
 ゴルゴンは鉱物、特に自分が石化させた犠牲者でできた石を消化して栄養としており、ゴルゴンが作り出した石像はどれも徹底的にかじられていることだろう。ゴルゴンは金属や宝石は消化できないため、ふん(これは苦い臭いのする灰色の粉のようである)にはしばしば小さな水晶の原石や鉱石の塊が混じっている。ゴルゴンの攻撃性が他のすべてのクリーチャーに向いているということは、ゴルゴンの牧草地には捕食生物などの肉食の動物はまったくいないということである。群れは雄のボスに率いられている。単体でいるゴルゴンは普通、率いる雄に群れから追放された若年の雄である。
 ゴルゴンの肉は固いが(いったん甲皮を剥いでしまえば)牛肉のようで、その味を覚えた者にとっては、じつに腹応えのあるものである。ストーン・ジャイアントの部族の多くは、ゴルゴンの肉を食べると自分の外皮が厚くなると信じている。粉にしたゴルゴンの角は、スタチューストーンスキンブルズ・ストレンクスフレッシュ・トゥ・ストーン、および類似の魔法を使用する魔法のアイテムのための代替物質要素として250gp相当の価値がある。