B5 > ザイゴマインド

ザイゴマインド Zygomind

この巨大な真菌は檻のように見える。そして奇妙な光が内部から発散している。

ザイゴマインド 脅威度18 Zygomind CR 18

経験点153,600
N/超巨大サイズの植物
イニシアチブ +7; 感覚 擬似視覚100フィート、夜目〈知覚〉+7
オーラ 恍惚のオーラ(300フィート、DC36、10ラウンド)、悪臭(100フィート、DC29、2d4ラウンド)
防御
AC 24、接触9、立ちすくみ17(+15外皮、-8サイズ、+7【敏】)
hp 266(28d8+140);高速治癒20
頑健 +21、反応 +16、意志 +16
防御能力 全周囲視覚DR 20/魔法および斬撃; 完全耐性 植物の種別特性SR 29
攻撃
移動速度 5フィート、登攀 5フィート
近接 触手(×4)=+23(2d8+10、加えて“つかみ”および“催眠胞子”)
接敵面 30フィート; 間合い 30フィート(触手は50フィート)
特殊攻撃 途切れなき現実、催眠胞子、クリエイト・アンデッド、締めつけ(2d8+10)、捕獲(DC29加えて“催眠胞子”、1d10ラウンド、硬度5、hp10)
擬似呪文能力 (術者レベル18;精神集中+30)
一般データ
【筋】31、【敏】25、【耐】20、【知】―、【判】24、【魅】35
基本攻撃 +21; CMB +39(+43組みつき); CMD 56(足払いされない)
技能 〈登攀〉+18
その他の特殊能力 胞子爆散
生態
出現環境 温暖/地形問わず
編成 単体
宝物 なしまたは乏しい
特殊能力
アンデッド創造(超常)/Create Undead ザイゴマインドの接敵面で伏せ状態となった無防備状態の身体は、毎日1ポイントの【耐久力】吸収を受ける。この方法で死んだ死体は精神を持たない実体のあるアンデッドとして起き上がる(典型的にはスケルトンかゾンビ)。ザイゴマインドによって作成されるアンデッドはこの植物から離れて徘徊し、彼らの内にある潜行性の心象風景を運ぶ。彼らの叩きつけ、爪、噛みつき攻撃は催眠胞子の能力を得、距離に関係なく、心象風景の餌食となったクリーチャーにザイゴマインドの方へと歩くことを強制させる。彼らがザイゴマインドの10マイルの範囲内にいる限り、アンデッドはこの繋がりを保持する。ザイゴマインドから10マイルを超えたアンデッドは自由意志を持つアンデッドとなり、心象風景との繋がりと催眠胞子の能力を失う。
恍惚のオーラ(超常)/Fascinating Aura ザイゴマインドの300フィート以内のクリーチャーは各ターンDC36の意志セーヴに成功するか植物の心休まる精神的な命令によって恍惚状態とならなければならない。ほとんどの場合、既知のザイゴマインドが明らかな脅威であるので(つまり恍惚の効果を壊すので)、この能力は主に検知されていないザイゴマインドのためのものであるが、ザイゴマインドの脅威を知っているクリーチャーであったとしても、セーヴィング・スローに失敗すると依然としてザイゴマインドの途切れなき現実の能力に晒される。セーヴDCは【魅力】に基づいている。
途切れなき現実(超常)/Seamless Reality ザイゴマインドの接敵面に入るか、ザイゴマインドの恍惚のオーラに対するセーヴに失敗するか、ザイゴマインドの催眠胞子の対象となったクリーチャーはDC29の意志セーヴに成功するかザイゴマインドの心象風景に引き込まれなければならない。ザイゴマインドの心象風景は不明瞭かつ有害であり、時間は内部のクリーチャーに対し早く動く。それ以外ではあらゆる点で影響を受け心象風景に入ったクリーチャーにとって彼の次元界と同様に機能する。他の心象風景に意識が引き込まれたクリーチャーの身体とは異なり、ザイゴマインドの心象風景に精神が引き込まれたクリーチャーの身体は移動することができる;クリーチャーは常にラウンド毎に5フィートの割合でザイゴマインドに近づく。ひと度ザイゴマインドの接敵面に入るならば、犠牲者は伏せ状態となり、その精神が偽りの現実を逍遙する間ザイゴマインドがゆっくりとその肉体の滋養を吸収するのを許す。ザイゴマインドの恍惚のオーラに掴まれたクリーチャーは恍惚状態である毎ラウンド、心象風景に入ることを避けるためのセーヴィング・スローに成功しなければならない。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
催眠胞子(変則)/Soporific Spores ザイゴマインドと物理的接触を行うクリーチャーはDC29の意志セーヴに成功するか1d4日間眠りに入らなければならない。そのような眠っているクリーチャーはザイゴマインドの心象風景にいることを理解するための判定とセーヴに-5のペナルティを受ける。セーヴに成功したクリーチャーは24時間ザイゴマインドの催眠胞子に24時間完全耐性を持つ。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
胞子爆散(超常)/Spore Explosion ザイゴマインドは破壊される時に破裂し、概して宇宙へと戻る方法を見つけて時に数千年間太陽風に沿って漂ってから新たな知的生命体の砦へと引き寄せられる、エーテルの胞子の雲を発する。

 物質界上の文明は多くの災害――ハリケーン、地震、流行病など――を恐れるが、繁茂するザイゴマインドほどに狡猾で確実に居住地に破滅を齎すものは皆無である。これらの巨大な真菌はエーテルの胞子として宇宙を浮遊し、知性のあるクリーチャーが繁栄する場所で頑丈な菌糸を広げていく。動物や知性の低いクリーチャーが消え始める程度であるため、若いザイゴマインドの存在は最初は無害であり検知することが難しい。最終的に、より知的なクリーチャーが獲物をその地まで追跡し、己を見失い、数日あるいは数週間さえ後に、遥かに上位の知的生物をサイゴマインドの力の下へともたらす本能に支配された感染したアンデッドとなって文明圏へと彷徨い戻る。ほんの数か月の間のみで、成長したザイゴマインドは小さな都市を壊滅させ、その成長を加速させ500フィートの怪物になる。
 サイゴマインドが木々の上から見えるようになる頃になると、その地域の知的生命体にとっては手遅れだろう;ザイゴマインドの狡猾で念術的な罠はそのようなクリーチャーのほとんどが備える抵抗を屈服させる。頻繁に、ザイゴマインドを調査する者は自分が破壊しようとしている対象そのものの力に屈した事を認識しないまま変容した現実へと継ぎ目なく滑り落ちる。ザイゴマインドの心象風景は精神を精緻に奴隷化する毎に説得力を増すばかりである――この真菌は都市全体を、これらの居住地の現実世界の住人が夢遊病的にザイゴマインドへと進むのと同時に再建することができる。軍隊全体はこの災厄を地域から取り除くことを意図して成熟したザイゴマインドへと行進し、突撃半ばで強襲をやめ、静かに歩き、列ごとに、ザイゴマインドの物理的および念術的な掌握に呑まれるのみである。この植物の罠の残酷な皮肉は、これらの兵士たちが恐らく自分たちの勝利を信じて、この狡猾な真菌を打倒し、愛する家庭の元へ帰還し、最終的に長く生き生きとした生活の末に死ぬという思い出を作り出しながら余生を生きる間に、現実の世界のザイゴマインドの菌糸体は彼らの無防備状態の身体から栄養分を吸い取り、アンデッドの手下へと変えているというところにある。
 ザイゴマインドの手下の広範囲に亘る習性のため、この菌糸はこの知名度の低いクリーチャーを知っている者にとって追跡することが比較的簡単だ。ゾンビや他の悪意に満ちたアンデッドの物語はザイゴマインドの影響を指すことがある、特にそのアンデッドの犠牲者が感染後に特定の方向へと彷徨う場合には。特に熱心な冒険者はこれらの心を奪われたクリーチャーの1体を真菌へと遡る旅全ての間追跡することができるが、その犠牲者が定める規則正しい速度は、最高に忍耐強い個人を除いた全員にとって耐えられない程に遅いと証明する事がある。近くの町での急激な夢遊病の多発や、そこの労働者たち全員が一言もなく共に森へと消えていった杣人の宿営地について囁く噂話のような、より微妙な手掛かりもザイゴマインドの影響を仄めかすかもしれない。
 ザイゴマインドへの手がかりを追う手段を持つ者は、必ずこの真菌に自身を供する途上のゆっくりと揺れ動く心象風景に縛られた犠牲者の群れに遭遇する。これらの犠牲者の無気力状態を捨てさせようとすることは効果がなく、彼らを強制的に拘束することはせいぜい一時的な解決策である。時折、特定の勇敢あるいは無鉄砲な冒険者は、内部に閉じ込められている人々の精神の解放を望んで自発的にザイゴマインドの心象風景を受け入れる。しかしこれは危険に満ちた行いである、なぜならば、冒険者の身体は同じ割合でザイゴマインドへと近づき、冒険者の意識は人々の都市に対して彼らの世界が偽の構築物だという証明を試みるという大々的な挑戦に直面するからだ。強力な念術の術者はマインドスケープ・ドアのような呪文を使用して犠牲者が逃げるのを手伝う幸運を持った事があるが、ザイゴマインドの心象風景からそのように強制的に出ることはザイゴマインド自身の注意を引き、この植物は本能的にそうした念術の侵略者へと激しく襲い掛かる。
 ザイゴマインドがどのくらいの時間ある地域に根付いたかに依るが、心象風景に閉じ込められることを避けることができるクリーチャーはザイゴマインドの肉体の檻の中から、それらを齎した死体が萎れてアンデッドとして蘇った際に捨てられた武器、鎧、魔法のアイテムの紛れもない財宝を見つけることができるかもしれない。当然のことながら、利口な冒険者は真菌の中でのそのように発見したものが、単にザイゴマインドの心象風景によって強要されるもう一つの幻想に過ぎないかもしれないことに常に気が付いているに違いない。クリーチャーがひと度ザイゴマインドと接触したなら、強力な念術魔法あるいは心象風景の論理と危険に精通した者の助けなしに、居住する世界が本当の世界であるかに再び確信が持てることは決して無い――しかしそれでも尚、ザイゴマインドは犠牲者を本当に自由であると安心させるそうした個人と能力の幻想を滑らかに作り出す。
 完全に成長したとき、ザイゴマインドは身長500フィート(約152m)に達し、その菌糸体は四方八方に10マイルほど伸び、数百トンものバイオマスを構成する。主となる檻は通常直径25~40フィート(約7.6~12.2m)で体重およそ40,000ポンド(約18.1t)である。