サフアグン

サフアグン Sahuagin

この鱗に覆われた人型生物は魚に似た長い尾を持ち、手足の先には水かきと爪がある。魚のような頭部には牙がいっぱい生えた口がある。

サフアグン 脅威度2 Sahuagin

経験点600
LE/中型サイズの人怪(水棲)
イニシアチブ +1;感覚 暗視60フィート、非視覚的感知30フィート;〈知覚〉+6
防御
AC 16、接触11、立ちすくみ15(+5外皮、+1【敏】)
hp 15(2d10+4)
頑健 +4、反応 +4、意志 +4
弱点 光による盲目化
攻撃
移動速度 30フィート、水泳60フィート
近接 トライデント=+4(1d8+3)、噛みつき=-1(1d4+1)または(×2)=+4(1d4+2)、噛みつき=+4(1d4+2)
遠隔 ヘヴィ・クロスボウ=+3(1d10/19~20)
特殊攻撃 血の狂乱
一般データ
【筋】14、【敏】13、【耐】14、【知】14、【判】13、【魅】9
基本攻撃 +2;CMD +4;CMB 15
特技 《頑健無比》
技能 〈隠密〉+6、〈騎乗〉+6、〈水泳〉+15、〈生存〉+6、〈知覚〉+6、〈動物使い〉+1
言語 共通語、水界語; シャークとの会話
生態
出現環境 温暖または暑熱/海洋
編成 単体、2体、小戦隊(5~8)、巡視体(11~20、加えて3レベルの副官1およびシャーク1~2)、一団(20~80、加えてその100%の人数の非戦闘員、成人20名につき3レベルの副官1および4レベルの族長1、およびシャーク1~2)、部族(70~160、加えてその100%の人数の非戦闘員、成人20名につき3レベルの副官1、成人40名につき4レベルの族長1、4レベルの護衛官9、3~6レベルの女待祭1~4、7レベルの女司祭1、6~8レベルの男爵1、およびシャーク5~8)
宝物 NPCの装備品(トライデント、ヘヴィ・クロスボウとボルト10本、その他の宝物)
特殊能力
血の狂乱(変則)/Blood Frenzy 1日に1回、戦闘でダメージを受けたサフアグンは、次のラウンドから狂乱状態に陥り、+2【耐久力】と+2【筋力】を得るが、ACに-2のペナルティを被る。狂乱状態は戦闘終了か1分間の、どちらか短い方まで継続する。
シャークとの会話(超常)/Speak with Sharks サフアグンは150フィートまで離れたところにいるシャークとテレパシーで意思疎通できる。この意思疎通は[来い][守れ][この目標を攻撃]など単純なものに限られる。

 貪欲にして冷酷なサフアグンは、不運なことに最も繁栄している海洋種族である。このクリーチャーによって建設された大都市が深海の淵に影を落とし、岸に程近い数多くの要塞からは、空気を呼吸するくせに海岸の近くに住んでいる敵に対する襲撃が繰り返される。好戦的で傲慢な彼らは他の種族と同盟を結ぶことはまずなく、アボレスマーフォークなど他の水棲種族のほとんどや、彼らの同類でさえも競争相手であるとみなしている。同属を除いて唯一彼らが尊敬し敬愛するクリーチャーはシャークである。情け容赦ない捕食者である点に、サフアグンは自分たちとの多くの共通点を見出すからだ。サフアグンは身長7フィート、体重は約250ポンドである。
 サフアグンは有利な突然変異を起こす傾向がある。突然変異体が生まれた場合、ほとんど常に共同体の貴族階級や支配者に上り詰める。最も一般的な突然変異体は、4本の腕を持っている(2回の追加の爪攻撃を得たり、余分な武器を使ったりすることができる)。噂によれば稀に見られるマレンティという、同属と同じく流血への欲望と冷酷な天性を持つものの、外見は鮫人間ではなくアクアティック・エルフであるかのようなサフアグンがいるという。マレンティは多くの場合サフアグンの支配者によって斥候や暗殺者として扱われるが、遠く離れた海域には全員がマレンティの部族も存在するという噂もある。