B5 > デルゲス

デルゲス Delgeth

このヘラジカの枝角と蹄は焦げ真っ黒になっているように見える。立っている地面は燻り急に燃え上がる。

デルゲス 脅威度6 Delgeth CR 6

経験点2,400
N/中型サイズの魔獣
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+11
防御
AC 18、接触12、立ちすくみ16(+6外皮、+2【敏】)
hp 68(8d10+24)
頑健 +9、反応 +8、意志 +3
完全耐性 [火炎]
攻撃
移動速度 50フィート
近接 突き刺し=+12(1d8+4、加えて1d6[火炎])、蹄(×2)=+10(1d4+2、加えて1d6[火炎])
特殊攻撃 火との戦い、炎の飛行
一般データ
【筋】19、【敏】15、【耐】16、【知】4、【判】13、【魅】14
基本攻撃 +8; CMB +12; CMD 24(対足払い28)
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:知覚》《疾走》《複数回攻撃》
技能 〈隠密〉+9、〈知覚〉+11
言語 森語(話せない)
生態
出現環境 温暖/森林
編成 単体、2体、または一家(3~5)
宝物 なし
特殊能力
火との戦い(超常)/Fight with Fire デルゲスは即行アクションとして、その炎を上げる蹄で地面を蹴り30フィート以内のクリーチャーに火の粉を起こすことができる。そのマスのクリーチャーはDC16の反応セーヴに成功するか着火しなければならない。セーヴDCは【魅力】に基づいている。
炎の飛行(超常)/Flight of Flames デルゲスは疾走あるいは撤退するとき地面と茂みに火をつけるためにその燻る蹄を使うことができ、その後ろに火の轍を作る。デルゲスがその疾走あるいは撤退アクションの間に移動した全てのマスは火で満たされる。火が現れた時とデルゲスの各ターンに、炎は火で満たされているマスの各クリーチャーに2d6ポイントの[火炎]ダメージを与え、そのマスから5フィート以内にいるがそのマスにはいないクリーチャーに2d4ポイントの[火炎]ダメージを与える。炎は3ラウンド後に燃え尽きるが、そのサイズの通常の非魔法的な火を消すであろう手段によって、それ以前のラウンドに消すことができる。炎はデルゲスが移動したマスの可燃性の破片に点火することができるが、通常の森の状態ではめったに燃え広がらない。

 デルゲスは魔法の森林および自然と超自然の境界線がぼやけている場所を原住とする有蹄動物の固有種である。デルゲスの急上昇する中心の体温はこのヘラジカのようなクリーチャーの炎を上げる蹄と燻っている枝角として現れ、その両方をこの獣は身を守るために使う。デルゲスは交尾期にその領地にマーキングをするために炎を使用し、その種の他のものにその場所を示すために複雑な模様の焦げた草を打ち出す。
 デルゲスは予測不可能なクリーチャーであり、自分たちの立場を守り侵略者に対抗するのと同じくらい、侵略者から疾走する可能性がある。いずれの方法でも、獣の炎を上げる蹄が茂みを通って痕跡を切り開くので、デルゲスがその通過した場所に火のような痕跡を残すことは確実である。
 部族の文化や超常現象の学者は荘厳なデルゲスに畏敬の念を抱く。デルゲスには生来の炎とのつながりがあるが、彼らが放浪する森林地帯のある自然界とバランスを保ち生存している。彼らは周辺環境で自らの炎が無制御に走るようになるのを控えるが、代わりに自然の火災が過度の枯れ木の森林を定期的に一掃するのを認める。
 典型的なデルゲスは肩までの身長4フィート(約1.2m)、体重200ポンド(約90kg)。