PFS > 作成済みキャラクター > ファイター

ファイター(1レベル)


心中に気高さを持ち、親愛の情を感じた者には驚くほど忠義立てるヴァレロスは、にも関わらずそうした感性を荒んだ愚鈍な態度の下に隠し、頻繁に「大酒と柔らかな共同体の夜」よりよいものは何もないと語る。

ヴァレロス VALEROS

男性、人間、1レベル・ファイター
NG/中型サイズの人型生物(人間)
イニシアチブ +2; 感覚 〈知覚〉+0
防御
AC 17、接触12、立ちすくみ15(+5鎧、+2【敏】)
hp 16(1d10+6)
頑健 +4、反応 +2、意志 +1
攻撃
移動速度 20フィート
近接 ロングソード=+3(1d8+3/19~20)、ショート・ソード=+2(1d6+1/19~20)、またはロングソード=+5(1d8+3/19~20)、またはショート・ソード=+4(1d6+3/19~20)
遠隔 ショートボウ=+3(1d6/×3)
一般データ
【筋】16、【敏】15、【耐】14、【知】12、【判】10、【魅】11
基本攻撃 +1; CMB +4; CMD 16
特技 《追加hp》、《二刀流》、《武器熟練:ロングソード》
技能 〈騎乗〉+2、〈水泳〉+3、〈知識:ダンジョン探検〉+5、〈登攀〉+3; 鎧による判定ペナルティ -4
特徴 〔不屈の信仰〕、〔汚れた戦士〕
言語 ヴァリシア語、共通語
戦闘用装備 酸、錬金術師の火; その他の装備 スケイル・メイル、ロングソード、ショート・ソード、ショートボウとアロー20本、背負い袋、携帯用寝具、かなてこ、ひっかけ鉤、麻のロープ(50フィート)、ジョッキ、松明(3)、保存食(2)、水袋、6gp
特殊能力
〔汚れた戦士〕 ヴァロレスが挟撃中に攻撃を命中させたなら、追加で1ポイントのダメージを与える。このダメージは基本ダメージに追加されるため、クリティカル・ヒットにおいて倍加される。
〔不屈の信仰〕 ヴァロレスの自身の神に対する信仰心は厚く、意志セーヴに+1の特徴ボーナスを得。この値は彼のデータに適用済みである。
《追加hp》 ヴァロレスはとりわけ頑丈であり、そのため追加の3ヒット・ポイントを持っている。この値はすでに彼の合計に適用済みである。
《二刀流》 ヴァロレスは両手にそれぞれ武器を構えており、全力攻撃を行う場合は同一ラウンドに両方の武器で攻撃することができる。彼のデータの攻撃の最初の行に全ての攻撃と関連するボーナスが掲載されている。
武器熟練 ヴァレロスはロングソードを使用した戦闘における広範な訓練を行い、ロングソードを使用したすべての攻撃ロールに+1ボーナスを得る。このボーナスは彼のデータに計算済みである。
飛散武器 ヴァロレスの所持する酸と錬金術師の火は射程単位10フィートの遠隔接触攻撃として投擲でき、1d6ポイントのダメージを与え、ビンが命中した場所から5フィート以内のクリーチャーに1ポイントのダメージを与えることができる。このダメージはそれぞれ[酸]または[火]であり、錬金術師の火は次のラウンドに命中した対象にさらに1d6ポイントの[火]ダメージを与える。
鎧による判定ペナルティ ヴレロスの鎧の重量は身体的な作業の試みの妨げとなる。【敏捷力】または【筋力】に基づく技能判定に-1ペナルティが課される。このペナルティはデータブロックの技能に算出済みである。

 ヴァレロスは静かな農場で生まれ、冒険と探査を夢見て成長した。彼が年をとるにつれこの情熱は増加する一方であったが、農場の人生への責任も増していった。最終的に、地元の農民の娘との政略結婚が彼を捕らえるちょうど一ヶ月前にヴァレロスは冒険者としての人生への扉が永久に閉まってしまうことに実感した。牛と玉蜀黍より大きな人生への無上の必要性に襲われ、ヴァレロスは静かに荷造りをし、夜中に去った。
 その年以来、探査の喜び(と多分可愛い女の子)だけを探していた大きな目を見開いた青年からヴァレロスは出世した。詩人の話が示唆するよりもその道での生活は非常に厳しく、大人となったヴァレロスにはそれを証明する傷跡がある。自身が剣を器用に扱えると分かってから、ヴァレロスは貪欲な群衆とすぐに親しくなり、戦争のより汚い、砂のような事実を学んだ。複数の異なる雇い主のために肉体労働をしたあと、冒険者として自身で稼業を始める時であるとヴァレロスはようやく理解した。
 命令の従事にかけての最良の人物では明らかにないが、ヴァレロスはとても優秀な二刀のファイターであり、粘り強さと戦闘に身を投じる絶対的な大胆不敵さ――不思慮なのだと言う者もいるが――を通してどんなグループにいても自らの食い扶持を容易に稼げる。 乱暴者で常習的な違反者という彼の評判にも関わらず、ヴァレロスは旅行の間にかなりの教育を学び取っており、読書(彼の「立派な」両親が決して学ばなかったものだ)さえできる。彼は人生、財産、そして協力関係について悪銭身に付かずという考え方を持っている。
 素晴らしい武器や衣食住の愛好家であるが、彼にとって無くてはならない唯一のものはベルトにある大型のコップである(誰がいつ君に飲み物を出すかも分からないのだから)。心中に気高さを持ち、親愛の情を感じた者には驚くほど忠義立てるヴァレロスは、にも関わらずそうした感性を荒んだ愚鈍な態度の下に隠し、頻繁に「大酒と柔らかな共同体の夜」よりよいものは何もないと語る。

“この傷があるからこそ君を許す;この零れた飲み物があるからこそ私の君の心臓は私のものだ。”



ファイター(4レベル)


心中に気高さを持ち、親愛の情を感じた者には驚くほど忠義立てるヴァレロスは、にも関わらずそうした感性を荒んだ愚鈍な態度の下に隠し、頻繁に「大酒と柔らかな共同体の夜」よりよいものは何もないと語る。

ヴァレロス VALEROS

男性、人間、4レベル・ファイター
NG/中型サイズの人型生物(人間)
イニシアチブ +3; 感覚 〈知覚〉+0
防御
AC 20、接触13、立ちすくみ17(+7鎧、+3【敏】)
hp 44(4d10+16)
頑健 +7、反応 +5、意志 +3; [恐怖]に対して+1
防御的能力 武勇+1*
攻撃
移動速度 30フィート
近接 +1ロングソード=+7(1d8+6/19~20)、高品質のショート・ソード=+6(1d6+3/19~20)、または+1ロングソード=+9(1d8+6/19~20)、または高品質のショート・ソード=+8(1d6+3/19~20)
遠隔 ショートボウ=+7(1d6/×3)
一般データ
【筋】16、【敏】16、【耐】14、【知】12、【判】10、【魅】11
基本攻撃 +4; CMB +7; CMD 20
特技 《追加hp》*、《二重斬り》*、《二刀流》、《武器開眼:ロングソード》*、《武器熟練:ロングソード》*、《迎え討ち》
技能 〈騎乗〉+8、〈水泳〉+8、〈知識:ダンジョン探検〉+8、〈登攀〉+8; 鎧による判定ペナルティ -2
特徴 〔不屈の信仰〕*、〔汚れた戦士〕
言語 ヴァリシア語、共通語
その他の特殊能力 鎧修練1*
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ(2)、ポーション・オヴ・エンラージ・パースン、ポーション・オヴ・プロテクション・フロム・イーヴル、酸、錬金術師の火(2)、耐毒剤、聖水; その他の装備 +1ブレストプレート、+1ロングソード、ヘヴィ・メイス、高品質のショート・ソード、ショートボウとアロー20本、クローク・オヴ・レジスタンス+1、背負い袋、携帯用寝具、かなてこ、消えずの松明、ひっかけ鉤、麻のロープ(50フィート)、ジョッキ、保存食(2)、水袋、38gp
* この能力の効果はヴァレロスのデータに算出済みである。
特殊能力
《迎え討ち》 ヴァロレスは1ラウンドに最大4回の機会攻撃を行うことができ、立ちすくみ状態の時も機会攻撃を行える。
〔汚れた戦士〕 ヴァロレスが挟撃中に攻撃を命中させたなら、追加で1ポイントのダメージを与える。このダメージは基本ダメージに追加されるため、クリティカル・ヒットにおいて倍加される。
《二刀流》 ヴァロレスは両手にそれぞれ武器を構えており、全力攻撃を行う場合は同一ラウンドに両方の武器で攻撃することができる。彼のデータの攻撃の最初の行に全ての攻撃と関連するボーナスが掲載されている。
鎧による判定ペナルティ ヴレロスの鎧の重量は身体的な作業の試みの妨げとなる。【敏捷力】または【筋力】に基づく技能判定に-1ペナルティが課される。このペナルティはデータブロックの技能に算出済みである。

 ヴァレロスは静かな農場で生まれ、冒険と探査を夢見て成長した。彼が年をとるにつれこの情熱は増加する一方であったが、農場の人生への責任も増していった。最終的に、地元の農民の娘との政略結婚が彼を捕らえるちょうど一ヶ月前にヴァレロスは冒険者としての人生への扉が永久に閉まってしまうことに実感した。牛と玉蜀黍より大きな人生への無上の必要性に襲われ、ヴァレロスは静かに荷造りをし、夜中に去った。
 その年以来、探査の喜び(と多分可愛い女の子)だけを探していた大きな目を見開いた青年からヴァレロスは出世した。詩人の話が示唆するよりもその道での生活は非常に厳しく、大人となったヴァレロスにはそれを証明する傷跡がある。自身が剣を器用に扱えると分かってから、ヴァレロスは貪欲な群衆とすぐに親しくなり、戦争のより汚い、砂のような事実を学んだ。複数の異なる雇い主のために肉体労働をしたあと、冒険者として自身で稼業を始める時であるとヴァレロスはようやく理解した。
 命令の従事にかけての最良の人物では明らかにないが、ヴァレロスはとても優秀な二刀のファイターであり、粘り強さと戦闘に身を投じる絶対的な大胆不敵さ――不思慮なのだと言う者もいるが――を通してどんなグループにいても自らの食い扶持を容易に稼げる。 乱暴者で常習的な違反者という彼の評判にも関わらず、ヴァレロスは旅行の間にかなりの教育を学び取っており、読書(彼の「立派な」両親が決して学ばなかったものだ)さえできる。彼は人生、財産、そして協力関係について悪銭身に付かずという考え方を持っている。
 素晴らしい武器や衣食住の愛好家であるが、彼にとって無くてはならない唯一のものはベルトにある大型のコップである(誰がいつ君に飲み物を出すかも分からないのだから)。この船も自由、エール、ワイン、勇猛の神カイデン・カイリーエンへの傾倒を象徴している――これらすべてはヴァレロスが情熱的に好んでいるものだ。

“この傷があるからこそ君を許す;この零れた飲み物があるからこそ私の君の心臓は私のものだ。”



ファイター(7レベル)


心中に気高さを持ち、親愛の情を感じた者には驚くほど忠義立てるヴァレロスは、にも関わらずそうした感性を荒んだ愚鈍な態度の下に隠し、頻繁に「大酒と柔らかな共同体の夜」よりよいものは何もないと語る。

ヴァレロス VALEROS

男性、人間、7レベル・ファイター
NG/中型サイズの人型生物(人間)
イニシアチブ +7; 感覚 〈知覚〉+0
防御
AC 24、接触15、立ちすくみ20(+7鎧、+1反発、+3【敏】、+1回避、+1外皮、+1盾)
hp 74(7d10+28)
頑健 +8、反応 +6、意志 +4; [恐怖]に対して+2
防御的能力 武勇+2*
攻撃
移動速度 30フィート
近接 +2ロングソード=+13/+8(1d8+9/19~20)、+1ショート・ソード=+10(1d6+5/19~20)、または+2ロングソード=+15/+10(1d8+9/19~20)、または+1ショート・ソード=+12/+7(1d6+5/19~20)
遠隔 高品質のショートボウ=+11/+6(1d6/×3)
特殊攻撃 武器修練(大剣+1)*
一般データ
【筋】18、【敏】16、【耐】14、【知】12、【判】10、【魅】11
基本攻撃 +7; CMB +11; CMD 26
特技 《イニシアチブ強化》*、《回避》*、《追加hp》*、《二重斬り》*、《二刀の守り》、《二刀流》、《武器開眼:ロングソード》*、《武器熟練:ロングソード》*、《迎え討ち》
技能 〈騎乗〉+12、〈水泳〉+13、〈知識:ダンジョン探検〉+11、〈登攀〉+13; 鎧による判定ペナルティ -1
特徴 〔不屈の信仰〕*、〔汚れた戦士〕
言語 ヴァリシア語、共通語
その他の特殊能力 鎧修練2*
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ、ポーション・オヴ・キュア・シリアス・ウーンズ、ポーション・オヴ・エンラージ・パースン、ポーション・オヴ・フライ、酸、錬金術師の火(2)、耐毒剤、聖水; その他の装備 +1ブレストプレート、+2ロングソード、+1ショート・ソード、ヘヴィ・メイス、高品質のショートボウとアロー20本、アミュレット・オヴ・ナチュラル・アーマー+1、クローク・オヴ・レジスタンス+1、ベルト・オヴ・ジャイアント・ストレンクス+2、リング・オヴ・プロテクション+1、背負い袋、携帯用寝具、かなてこ、消えずの松明、ひっかけ鉤、麻のロープ(50フィート)、ジョッキ、保存食(2)、水袋、88gp
* この能力の効果はヴァレロスのデータに算出済みである。
特殊能力
《迎え討ち》 ヴァロレスは1ラウンドに最大4回の機会攻撃を行うことができ、立ちすくみ状態の時も機会攻撃を行える。
〔汚れた戦士〕 ヴァロレスが挟撃中に攻撃を命中させたなら、追加で1ポイントのダメージを与える。このダメージは基本ダメージに追加されるため、クリティカル・ヒットにおいて倍加される。
《二刀の守り》 2本武器を構えている時、ヴァレロスはアーマー・クラスに+1の盾ボーナスを得る(データには適用済み)。君が防御的戦闘や防御専念を行っている時、このボーナスは+2に増加する。
《二刀流》 ヴァロレスは両手にそれぞれ武器を構えており、全力攻撃を行う場合は同一ラウンドに両方の武器で攻撃することができる。彼のデータの攻撃の最初の行に全ての攻撃と関連するボーナスが掲載されている。

 ヴァレロスは静かな農場で生まれ、冒険と探査を夢見て成長した。彼が年をとるにつれこの情熱は増加する一方であったが、農場の人生への責任も増していった。最終的に、地元の農民の娘との政略結婚が彼を捕らえるちょうど一ヶ月前にヴァレロスは冒険者としての人生への扉が永久に閉まってしまうことに実感した。牛と玉蜀黍より大きな人生への無上の必要性に襲われ、ヴァレロスは静かに荷造りをし、夜中に去った。
 その年以来、探査の喜び(と多分可愛い女の子)だけを探していた大きな目を見開いた青年からヴァレロスは出世した。詩人の話が示唆するよりもその道での生活は非常に厳しく、大人となったヴァレロスにはそれを証明する傷跡がある。自身が剣を器用に扱えると分かってから、ヴァレロスは貪欲な群衆とすぐに親しくなり、戦争のより汚い、砂のような事実を学んだ。複数の異なる雇い主のために肉体労働をしたあと、冒険者として自身で稼業を始める時であるとヴァレロスはようやく理解した。
 命令の従事にかけての最良の人物では明らかにないが、ヴァレロスはとても優秀な二刀のファイターであり、粘り強さと戦闘に身を投じる絶対的な大胆不敵さ――不思慮なのだと言う者もいるが――を通してどんなグループにいても自らの食い扶持を容易に稼げる。 乱暴者で常習的な違反者という彼の評判にも関わらず、ヴァレロスは旅行の間にかなりの教育を学び取っており、読書(彼の「立派な」両親が決して学ばなかったものだ)さえできる。彼は人生、財産、そして協力関係について悪銭身に付かずという考え方を持っている。
 素晴らしい武器や衣食住の愛好家であるが、彼にとって無くてはならない唯一のものはベルトにある大型のコップである(誰がいつ君に飲み物を出すかも分からないのだから)。この船も自由、エール、ワイン、勇猛の神カイデン・カイリーエンへの傾倒を象徴している――これらすべてはヴァレロスが情熱的に好んでいるものだ。

“この傷があるからこそ君を許す;この零れた飲み物があるからこそ私の君の心臓は私のものだ。”