チョーカー

チョーカー Choker

この猫背の惨めな生き物は、触手に似たしなやかな腕を持っており、その先端には5本の幅広いトゲのような爪がある。

チョーカー 脅威度2 Choker

経験点600
CE/小型サイズの異形
イニシアチブ +6;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+1
防御
AC 17、接触13、立ちすくみ15(+4外皮、+1サイズ、+2【敏】)
hp 16(3d8+3)
頑健 +2、反応 +3、意志 +4
攻撃
移動速度 20フィート、登攀10フィート
近接 触手(×2)=+6(1d4+3、加えて“つかみ”)
接敵面 5フィート;間合い 10フィート
特殊攻撃 首絞め、締めつけ(1d4+3)、つかみ(大型)
一般データ
【筋】16、【敏】14、【耐】13、【知】4、【判】13、【魅】7
基本攻撃 +2;CMB +4(+8 組みつき);CMD 16
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:隠密》
技能 〈隠密〉+13、〈登攀〉+16
言語 地下共通語
その他の特殊能力 素早さ
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、1孵りの兄弟姉妹(3~8)
宝物 標準
特殊能力
首絞め(変則)/Strangle チョーカーは犠牲者の首をつかむことに間違いのない才能を持っている。チョーカーに組みつかれたクリーチャーはしゃべることも音声要素のある呪文を使うこともできない。
素早さ(超常)/Quickness チョーカーは超自然的なまでに素早い。各ラウンド、追加で1回の移動アクションを行うことができる。
つかみ(変則)/grab チョーカーは、大型サイズまでの敵に対して、つかみ攻撃を行うことができる。

 しばしば地下の廃墟の周縁部や、名もなき洞窟の居留地の深い影の中に住む地底生の捕食者であるチョーカーは、闇の中に潜み、獲物が通過するや長いゴムのような腕を伸ばして捕まえようとする。彼らは一度に複数の敵を襲うことはめったになく、より弱い犠牲者が仲間から離れて1人になるまでこっそりと追い回す。
 チョーカーは、彼らのしなやかな足のために、心をかき乱されるような、ほとんどこっけいな足取りで歩く。体重はたった35ポンド、身の丈はハーフリング以下だが、チョーカーは壁や天井を速やかに移動することができしばしば隅、トンネルの交差点、壁、階段の物陰に陣取る。チョーカーはほとんどいかなるサイズのクリーチャーも捕らえようとするが、自分と同じかより小さい単独の獲物を好む。
 チョーカーは自分たち自身の文化をほとんど有していないように見え、短い繁殖期にのみ集結し、放浪欲と飢えの為に再び散って単独生活に戻る。彼らは動物より少しだけましという程度の知性を持ち、真に理解はできていないとしても、文化的な装飾品に魅了される。そのため、チョーカーの不潔な住処(多くの場合近づきがたい隅や割れ目の中にある)には通常指輪、襟飾り、外套の止め具、小銭など貪り食った犠牲者から集めたさまざまな物が転がっている。
 このような装飾品への欲望のため、時にチョーカーは地下の故郷を捨て、日の光のさす世界の多くの文明を間近に学びに行く。このようなチョーカーは人間の都市の暗く狭い街路でもっとも安らぎ、下水道、忘れ去られている小部屋、樽、などの狭苦しく見過ごされている場所に無理やり身体を押し込んでいる。チョーカーは日中は身を隠していることを好み、食物と残酷な喜びを狩り集めるため、闇が周囲を覆うと隠れ家から出てくる。好みの戦術は、長い手を使って安全な屋根の上から路上の獲物を狙う、煙突を通り抜けて入り込み眠っている家族を襲う、窓を叩いて好奇心の強い食べ物をつかみ取れる距離まで誘い出す、などである。