エイローデン

エイローデン(Aroden)


称号 最後の始祖人Last of the First Humans、最後のアズラント人The Last Azlanti
属性 秩序にして中立
権能 人の文化、革新、歴史
信者 彼は死んでしまったので、現在エイローデンの信者はほとんどいない
領域 栄光、知識、秩序、守護
好む武器 ロングソード

 エイローデン(AIR-oh-denと発音する)[1]は、AR1年に大内海the Inner Seaの底からスターストーンを引き揚げ、アブサロムAbsalom市を創設し、生ける神となった不死のアズラント人である[2]。

来歴

 “最後の始祖人”(訳注:エイローデンのこと)は、アズラント人の王国にいた古代人の不死なる末裔であり、この王国はスターストーンthe Starstoneが宇宙から落ちてきたAR前5,293年にアルカディア海the Arcadian Oceanの水底に沈んだ。スターストーンは衝撃とともに大内海the Inner Seaを作り出し、何千年もの間続く暗黒の中に世界を陥れた[3]。
 どのようにしてか、エイローデンは生き残った。このように最後の「純血の」高アズラント人となったため、彼は“最後の始祖人”と見なされている。この大変動を生き残った他のアズラント人は他の人種と血を交わらせ、何千年もの時の経過により老齢のために死んでいった[4]。
 彼は、スターストーンthe Starstoneを引き揚げ、アブサロム市の中心にあるコルトス島the Isle of Kortos(現存する場所)としたことでよく知られている。その後天界へ昇り、タルドール人Taldorの王国の守護神格となった[2]。
 2、3千年もの期間にわたって、タルドール(コルトス島の真東に位置している)はアヴィスタン大陸the continent of Avistanの南部を越えて北西に広がっていった。その辺境の地は現在シェリアックスCheliaxとして知られる地域である。アヴィスタン大陸はまだ未開の地であり、彼らは現在シェリアックスCheliaxとして知られる地域を自らのものだと主張した。やがてタルドールが退廃的になり衰えると、エイローデンのクレリックは彼らの神殿(および天界からの委任状)をシェリアックスに移した。
 エイローデンは人間の文明、革新、歴史の神であった永い間待ち望まれてきた“栄光の時代Age of Glory”を開始せんがため、彼はAR4606年にゴラリオンに顕現することになる、という重大な予言が示された。しかしそうなることはなく、その代わりに予告された時間にゴラリオンは3週間続いた嵐によって破壊された(永久にそれを思い出させる、アベンデゴの眼the Eye of Abendegoを残して)。天候が収まってから、エイローデンのクレリックはその神と彼らとのつながりが失われたことに気付き、エイローデンは死んでしまったのだと皆が推察した[5]。

エイローデンの教団

 エイローデンの信者のほとんどは、彼のもっとも有力な従者であったアイオーメディクレリックとなった。アイオーメディはスターストーンの試練をくぐりぬけ神性を獲得した、数少ないゴラリオンの定命の者たちの1人である[6]。“最後のアズラント人”(訳注:エイローデンのこと)に忠実であり続けるわずかな者達は聖なる力を持てないままであり、ときどきクレリックの能力を模倣するために魔法のアイテムに頼っている。神官達は神殿組織の崩壊をうまくさばき、神殿の多くは他の宗教に引き継がれた(中でも目立って多かったのはアイオーメディ教である)[2]。

プリーストの祭服

 教団の中心がタルドールにあったときには、エイローデンのプリーストは手の込んだ古風の何枚も重ね着するタイプの祭服を身にまとうのが一般的であった。背の高い帽子かヘルメットも一般的であり、それらは古代アズラント人の流行から着想を得たのだといわれている[2]。

エイローデンの12の姿The Twelve Guises of Aroden

 エイローデンが姿を変えて世界を歩くとき、彼は以下の12の姿のうちの1つの形態をとった。物乞い、盗賊、漁師、狩人、羊飼い、農民、戦士、商人、仕立て屋、職人、芸術家、学者。ウエストクラウンへ向かう旅人は、パレゴ・スペラ地区the Parego Spera districtにある長い水路であるエイローデン運河the Canarodenの北側の壁に沿って置かれている石に刻まれているこれらの姿を見ることができるだろう[7]。

参考文献

[1] Erik Mona et al. (2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al. (2008). Campaign Setting, p. 170. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] Erik Mona et al. (2008). Campaign Setting, p. 201. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[4] Erik Mona. (August 27, 2007). Aroden, Paizo Messageboards.
[5] Erik Mona & Jason Bulmahn. (2008). Gazetteer, p. 59. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-077-3
[6] Erik Mona. (August 8, 2007). Aroden, Paizo Messageboards.
[7] Steven Schend. (2009). Westcrown. The Bastards of Erebus, p. 57. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-190-9
Aroden
Titles Last of the First Humans, The Last Azlanti
Alignment Lawful neutral
Portfolio Human culture, Innovation, History
Worshipers Aroden has few worshipers now, as he is dead
Domains Glory, Knowledge, Law, Protection
Favored Weapon longsword

Aroden (pronounced AIR-oh-den)[1] was the immortal Azlanti human who raised the Starstone from the bottom of the Inner Sea in 1 AR, founding the city of Absalom, and becoming a living god.[2]

◎History
The Last of the First Humans was an immortal descendant of the ancient human kingdom of Azlant, which sank below the waters of the Arcadian Ocean in -5293 AR, when the Starstone fell from space. It created the Inner Sea with its impact, and cast the world into a thousand years of darkness.[3]

Somehow, Aroden survived. Thus, he is considered the "Last of the First Humans" because he was (by several thousand years) the last "pure-blooded" High Azlanti to die. Other Azlanti survivors of the cataclysm interbred with other humans and, of course, died of old age.[4]

He is best known for raising the Starstone to its current resting place on the Isle of Kortos, at the heart of the city of Absalom. He thereafter ascended into the heavens, becoming the patron deity of the Kingdom of Taldor.[2]

Over a period of a few thousand years, Taldor (which is located due east of the Isle of Kortos) spread northwest across the southern reaches of the continent of Avistan, where its frontier land claimed territory now known as Cheliax. When Taldor eventually became decadent and effete, the clerics of Aroden took their religion (and their mandate from heaven) west to Cheliax.

Aroden was a god of human culture, innovation, and history. An important prophecy suggested that he was to manifest on Golarion in 4606 AR, marking the beginning of a long-awaited Age of Glory. Instead, at the appointed hour, Golarion was wracked with three weeks of storms (leaving the Eye of Abendego as a lasting reminder). When the weather broke, the clerics of Aroden found themselves disconnected from their god, and all presume Aroden is dead.[5]

◎Church of Aroden
Most of Aroden's followers have become clerics of Iomedae, his greatest servant, who is one of the few mortals of Golarion to travel through the Starstone and gain divinity herself.[6] Those few who do stay true to the Last Azlanti have been left without divine power, sometimes resorting to mimicking true clerical ability with magic items. They preside over crumbling temples, many of which have been taken over by other religions, most prominently that of Iomedae.[2]

○Priest's Attire
Priests of Aroden wear elaborate, archaic, multi-layered vestments popular in Taldor when the center of the church was still located there. Tall hats or helmets are common as well, and are said to have been inspired by the fashions of ancient Azlant.[2]

○The Twelve Guises of Aroden
When Aroden walked the world disguised, he took on one of twelve guises: beggar, thief, fisherman, hunter, shepherd, farmer, soldier, merchant, tailor, craftsman, artist, and scholar. Travelers to Westcrown can find these guises carved into stone along the northern wall of the Canaroden, a long running canal in the Parego Spera district.[7]

◎References
[1] Erik Mona et al. (2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al. (2008). Campaign Setting, p. 170. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] Erik Mona et al. (2008). Campaign Setting, p. 201. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[4] Erik Mona. (August 27, 2007). Aroden, Paizo Messageboards.
[5] Erik Mona & Jason Bulmahn. (2008). Gazetteer, p. 59. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-077-3
[6] Erik Mona. (August 8, 2007). Aroden, Paizo Messageboards.
[7] Steven Schend. (2009). Westcrown. The Bastards of Erebus, p. 57. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-190-9
添付ファイル