アヴィスタン

アヴィスタン(Avistan)


アヴィスタン は、ゴラリオン世界最大の陸塊であるカスマロン大陸の西端にある亜大陸である。東は“世界の端”山脈によってカスマロンの広大なステップから隔てられ、西はアルカディア洋に面する。北は氷に閉ざされた世界の冠に接して、世界の反対側にあるはるかティエン・シアへと通じ、南は内海である。

北方は比較的秘術魔法が使われていない開かれていない地域であり、ヴァイキングの住むリノーム諸王の地や魔女王が支配する永遠の冬の国イリセン、巨獣と狩猟民の地マンモス諸侯領があり、最も文明化されているが秘術魔法の使用にはさほど熱心ではない十字軍国家メンデヴが、デーモンの制圧しているワールドウーンドと対峙している。最北東の“霧と帳”湖 Lake of Mists and Veils の畔には、バーバリアンの征服者によって作られたブレヴォイがあるが、支配者の謎めいた失踪により内戦の際にある。

北西部には遥かな古代、非常に優れた魔術師が作ったサーシロン Thassilon 帝国が繁栄していたヴァリシアがあるが、現在は辺境の荒野となっている。その東はオークが多く住むベルクゼンの領土である。

中央部には亜大陸最大の湖 Lake Encarthan がある。その周辺には邪悪なリッチ王に支配されていたウースタラヴと、それを監視しているラストウォール、シェリアックスから独立したモルスーンとそこからさらに独立したニアマサス、エルフの国キョーニン、禁欲的な資本主義の精神を持つドルーマ、湖から南東に流れ内海に注ぐ大河セレン河の流域には混乱の河川諸王国と、そこから離脱して独自の勢力と認められるようになった偽神の国ラズミランと星の船が墜ちた地ニューメリアが存在する。

南西部にあるのは進歩した文明国シェリアックスである。1世紀前、守護神エイローデンの死に始まる内戦の結果、デヴィルの支配する国となり、イズガーを除く属国の多くに離反されたが、それでも内海地域最強国家として睨みを利かせている。その北には同盟国であるニダルが古代の影の魔力で国を治めている。

その東にはアンドーランがある。自由を尊ぶ市民たちの地であり、悪魔による支配を嫌ってシェリアックスから離反し、人民による民主主義の国を築いた。

南東部にはかつてはアヴィスタン南部全域を支配していたタルドールがある。東のカディーラから圧迫され、西のシェリアックス独立によって多くの領土を失い、文化的退廃と貧富の格差が蔓延している落日の帝国だが、再興を目指して努力を重ねる人々も存在する。その北にあるカスマロンとの境界にあるガルトはかつてはシェリアックスの属国だったが、そこから逃れる代わりに永久革命の連鎖に落ち込んでしまっている。

最南東には、カスマロン最大の国家であるケレッシュ・パーディシャー帝国の州であるカディーラがある。東方貿易の窓口として繁栄するこの国は、虎視眈々とタルドールを狙っている。

西方の海上の孤島ヘルミーアではゴールド・ドラゴンがユートピア実験を行っている。

[1] Erik Mona et al. (2008). Campaign Setting, p. 52. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1