Fury of the Fiend

Pathfinder Society Scenario #2-10: Fury of the Fiend



パスファインダー協会は再びシェリアックス西部の Rachikan の危険な遺跡にエージェントの一行を送り込んだ。しかしながら、今回はパスファインダーたちは失われた都市のより深い回想に入り込むためにヘルナイトの野営地に潜入しなければならない。疑い深い兵士たちを切り抜けて、地下に潜む古代の恐怖を生き延びることができるのだろうか? Fury of the Fiend は Fingerprints of the Fiendのテーマ的な続編だが、この2つのシナリオは好きな順にプレイしてかまわない。

著者 Larry Wilhelm

この製品は7~11レベルのキャラクター(レベル帯:7~8、10~11)のためにデザインされたパスファインダー協会加盟プレイである。このシナリオはパスファインダー協会加盟プレイを遊ぶためにデザインされているが、いかなるワールドで使用するのにも簡単に改変できる。このシナリオはOpen Game License(OGL)が適用され、パスファインダー・ロールプレイング・ゲームの使用が適している。


添付ファイル