B2 > レウクロッタ

レウクロッタ Leucrotta

この風変わりな獣はアナグマの頭部、シカの蹄を持ち、幅広の口には歯の代わりに鋭く突き出た骨がある。

レウクロッタ 脅威度5 Leucrotta

経験点1,600
CE/大型サイズの魔獣
イニシアチブ +5;感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚、夜目;〈知覚〉+2
防御
AC 18、接触10、立ちすくみ17(+8外皮、-1サイズ、+1【敏】)
hp 57(6d10+24)
頑健 +9、反応 +6、意志 +4
完全耐性 病気
攻撃
移動速度 60フィート、登攀30フィート
近接 噛みつき=+10(2d6+7/19~20)、(×2)=+5(1d6+2)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 強大なる噛みつき、誘引
一般データ
【筋】21、【敏】12、【耐】18、【知】11、【判】14、【魅】17
基本攻撃 +6;CMB +12;CMD 23(対足払い27)
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:隠密》《技能熟練:はったり》
技能 〈隠密〉+9、〈登攀〉+13、〈はったり〉+12
言語 共通語
その他の特殊能力 音真似(声)
生態
出現環境 温暖または熱帯/森林または丘陵
編成 単体、2体、または小さな群れ(3~12)
宝物 標準
特殊能力
誘引(超常)/Lure レウクロッタの対象がレウクロッタに気が付かない地点において(たとえば、レウクロッタが隠れていたり、ダークネスにより視認困難を得ている場合)、このレウクロッタは視線の通った60フィート以内の対象を呼び出すことができる。レウクロッタが呼び出しをかける場合、対象はDC16の意志セーヴが必要となり、失敗した場合はレウクロッタの声のする場所へ近づくようサジェスチョンの効果の影響を受ける。この効果はレウクロッタのヒット・ダイスと等しい値の術者レベルを持つマス・サジェスチョンの呪文の効果と全く同じである。セーヴに成功したクリーチャーは、同一のレウクロッタにより誘引の影響を24時間の間再度受けることはない。誘引は[言語依存]効果であり、誘引の際に対象の名前を使用した場合、対象はセーヴィング・スローに-4のペナルティを受ける。この効果は[音波]、[精神作用]、(魅惑)の効果である。このセーヴDCは【魅力】に基づいている。
強大なる噛みつき(変則)/Powerful Bite レウクロッタの噛みつき攻撃は常に【筋力】修正値を1.5倍したものをダメージ・ロールに適用し、クリティカル可能域は19~20のロールに適用する。レウクロッタが物体に噛みつく場合、この噛みつきは本来の硬度より5少ない硬度を持つ物体として扱う。

 ハイエナとデーモンの王の末裔と言われているこのクリーチャーは、高い知能と冷酷さを持ち、驚異的な音声模倣を用いて愚かで不用心なクリーチャーを群れのいる場所までおびき寄せ、食料として食いつく前に、時間をかけて苦痛を与えて弄ぶ。
 レウクロッタは、乾いてこびりついた汚物に覆われていることが多い黄褐色の体毛が生えており、肩までの高さが5フィート、800ポンドを超える体重を持つ力強い獣である。歯の代わりに特大の顎に並でいる鋭くとがった骨は驚異的な耐久度を持ち、がっしりとした顎の筋肉と組み合わされることにより、骨を(そして鋼鉄でさえ)噛み切ることができる。レウクロッタは獲物の装備などを丸ごと食いつくす。その後、消化できないものを吐き出し、獲物をおびき寄せるのに有用なアイテムがないか吐き出した残骸を丹念に調べる。
 ときおり、レウクロッタはノールの群れ、あるいは野蛮な近縁種であるクロコッタの群れを率いる(下記参照)。彼らは運搬用の動物として使われることを拒むが、戦闘において好意的なノールの連れが乗騎となりレウクロッタを騎乗させることもある。ノールの群にいるレウクロッタは通常グループのリーダーであり、既にいるノールの頭目を蔑み、扇動してこのノールを攻撃させることを試みる。ノールの頭目を始末することに成功したレウクロッタは、概してより簡単に集団のリーダーの役割を果たすことになる。

クロコッタ Crocotta

 この堕落したレウクロッタの派生種は動物並みの知性を持っているが、レウクロッタとの類縁関係をかぎ分けて本能的にレウクロッタに従う。クロコッタはボーナス特技として《クリティカル強化:噛みつき》を持つアドヴァンストダイア・ハイエナとして扱う。
 クロコッタは短い後ろ足を除けば体をかがめたレウクロッタと良く似ており、よりハイエナらしい外見をしている。レウクロッタはクロコッタを見下しており、恥だと思っているが、この大きなハイエナ風の獣をレウクロッタの群の近辺で見かけることは珍しくない。旅回りの遊園地ではクロコッタは人気の見世物で、そこでは恥知らずのペテン師がクロコッタを呪われた人型生物や動物であると謳っている。