ハイエナ

ハイエナ Hyena

このハイエナは、黄褐色で黒と茶のしまがあるモジャモジャの毛皮で覆われている。

ハイエナ 脅威度1 Hyena

経験点400
N/中型サイズの動物
イニシアチブ +2;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+7(訳注:更新;+8)
防御
AC 14、接触12、立ちすくみ12(+2外皮、+2【敏】)
hp 13(2d8+4)
頑健 +5、反応 +5、意志 +1
攻撃
移動速度 50フィート
近接 噛みつき=+3(1d6+3、加えて“足払い”)
一般データ
【筋】14、【敏】15、【耐】15、【知】2、【判】13、【魅】6
基本攻撃 +1;CMB +3;CMD 15(対足払い19)
特技 《技能熟練:知覚》
技能 〈隠密〉+6(背高の草地では+10)、〈知覚〉+8;種族修正 +4背高の草地での〈隠密〉
生態
出現環境 暑熱/平地
編成 単体、2体、小さな群れ(3~12)
宝物 なし

 ハイエナはずるがしこさと神経を逆なでする笑い声のような鳴き声で悪名高い獣で、群れを成して狩を行う。彼らはかなり死肉を食うが、生きている獲物も添え物という程度ではなく食べる。
 ハイエナは単独で狩をする傾向にあるが、群れで狩をする際には、大体は敵の前方に1、2体を送り込み、群れの残りは獲物を取り囲んで後方から攻撃を仕掛ける。
 野蛮な人型生物の多く、特にノールが、ハイエナを番犬として使っている。このようなハイエナはレザー・バーディングを装備し、生まれたときから訓練を受けていることが多い。このようなクリーチャーの多くはアドヴァンスト・ハイエナである。

ハイエナの動物の相棒

 開始時のデータサイズ 小型サイズ;移動速度 50フィート;AC 外皮+2;攻撃 噛みつき(1d4、加えて“足払い”);能力値 【筋】10、【敏】17、【耐】13、【知】2、【判】13、【魅】6;その他の特殊能力 夜目鋭敏嗅覚
 4レベルでの成長サイズ 中型サイズ;攻撃 噛みつき(1d6、加えて“足払い”);能力値 【筋】+4、【敏】-2、【耐】+2。


ハイエナ:ダイア・ハイエナ Hyena, Dire

この大きなハイエナは頑丈そうな頭部とねっとりとした赤い目を持ち、口は鋭く強大な歯で満たされている。

ダイア・ハイエナ(ヒアエノドン)脅威度3 Dire Hyena (Hyaenodon)

経験点800
N/大型サイズの動物
イニシアチブ +2;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+8
防御
AC 15、接触11、立ちすくみ13(+4外皮、-1サイズ、+2【敏】)
hp 26(4d8+8)
頑健 +6、反応 +6、意志 +2
攻撃
移動速度 50フィート
近接 噛みつき=+6(2d6+6、加えて“足払い”)
接敵面 10フィート;間合い 10フィート
一般データ
【筋】18、【敏】15、【耐】15、【知】2、【判】13、【魅】6
基本攻撃 +3;CMB +8;CMD 20(対足払い24)
特技 《技能熟練:隠密》《技能熟練:知覚》
技能 〈隠密〉+7(背高の草地や重度の下生えでは+11)、〈知覚〉+8;種族修正 +4背高の草地での〈隠密〉
生態
出現環境 暑熱/平地
編成 単体、2体、小さな群れ(3~8)
宝物 乏しい

 ダイア・ハイエナは(多くの者にとってはヒエノドンとして知られている)は、その小さな従兄弟よりもさらに猛烈である。ヒエノドンは死肉を手ごろな食物として嫌がらないが、生きている獲物を狩る方をずっと好んでいる。ダイア・ハイエナの群れは睡眠、交尾、食事の時以外は、移動し狩をすることをやめない。ヒエノドンは肩高6フィート、体長はしばしば12フィートを超える。体重は900ポンド。
 ノールはヒエノドンを訓練して住処の護衛をさせたり、またはさらに多くの場合、強力な乗騎にすることで知られている。