B3 > グレイヴナイト

グレイヴナイト Graveknight

闇に潜む影の帳がその鎧の形を強調しているが、2つの鋭い眼が閉じられた兜の頬当てから凝視している。

グレイヴナイト 脅威度11 Graveknight

経験点12,800
人間のグレイヴナイト、10レベル・ファイター
LE/中型サイズのアンデッド人型生物変性種
イニシアチブ +5; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+19
オーラ 生贄のオーラ(30フィート、DC19)
防御
AC 25、接触11、立ちすくみ24(+4外皮、+1【敏】、+10鎧)
hp 139(10d10+80)
頑健 +13、反応 +6、意志 +6;[恐怖]効果に対して+3
防御能力 エネルギー放出に対する抵抗+4、武勇+3、黄泉がえり; DR 10/魔法; 完全耐性 [酸]、[電気]、[冷気]、アンデッドの種別特性SR 22
攻撃
移動速度 30フィート
近接 +1グレートソード=+25/+20(2d6+19、加えて2d6[酸])
遠隔 コンポジット・ロングボウ=+14/+9(1d8+11/×3)
特殊攻撃 圧倒の波(6d6[酸]、DC19)、アンデッド支配(DC19)、破壊の放出、武器修練(大剣+2、弓+1)
一般データ
【筋】27、【敏】12、【耐】10、【知】15、【判】12、【魅】18
基本攻撃 +10; CMB +20; CMD 29
生態
出現環境 気候問わず/地上
編成 単体または部隊(グレイヴナイト、加えてスケルタル・チャンピオン12~24)
宝物 NPCの装備品(+1フル・プレート+1グレートソード、コンポジット・ロングボウ[【筋】+8]とアロー20本、ベルト・オヴ・ジャイアント・ストレンクス+2、その他の宝物)

 アンデッドの不滅の暴君であり永遠の王者であるグレイヴナイトの多くは極悪な将軍や失墜した英雄――死という枷に屈しないほどの無情さを持った悪人――の死体が起き上がったものである。彼らは生前と同じ武器と衣装を纏うが、その不浄な蘇生によってそれらは歪むか、あるいは強化されている。彼らがかつて保持していた軍勢もまたその死後彼の元へと集い、かつての邪悪な野望を抱き続けている。グレイヴナイトの本質は戦への熱意を捕えている血塗れの鎧に根源的に結びついている。その鎧はその強情な本質の聖像となっており、水気の失せた肉と傷ついた骨を覆う殻となっている、怪物的な第二の肌へと変成してしまっている。

グレイヴナイトの作成

 “グレイヴナイト”は生きていてヒット・ダイスが5以上あるならどんなクリーチャー(以下これを基本クリーチャーと呼ぶ)にも付加できる後天性テンプレートである。グレイヴナイトのほとんどはかつては人型生物だった。グレイヴナイトは基本クリーチャーの一般データを、ここに書いていない限り使用する。
 脅威度:基本クリーチャーに+2。
 属性:いずれかの悪。
 種別:グレイヴナイトの種別はアンデッド(変性種)に変更される。クラスによるヒット・ダイス、BAB、セーヴは再計算しないこと。
 感覚:グレイヴナイトは暗視60フィートを得る。
 オーラ:グレイヴナイトは以下のオーラを放つ。
 生贄のオーラ(超常)/Sacrilegious Aura:グレイヴナイトは常に強力な悪と負のエネルギーのオーラを半径30フィートに放っている。このオーラはディセクレイト呪文と同様に機能し、グレイヴナイトの鎧をある種の祭壇にして2倍の効果を与えている。グレイヴナイトは常にこの効果の利益(このオーラはグレイヴナイトの創造物であるため、ボーナス・ヒット・ポイントも含む)を得る。加えて、この有害なエネルギーの瘴気は正のエネルギーの放出を妨害する。範囲内で正のエネルギー――クレリックのエネルギー放出、パラディンの癒しの手、あるいは(治癒)の副系統を持つ呪文など――を呼び起こそうと試みたクリーチャーは、10+グレイヴナイトのヒット・ダイスの1/2+グレイヴナイトの【魅力】修正値に等しいDCの精神集中判定に成功しなければならない。そのキャラクターが失敗した場合、その効果は消費されるが機能しない。
 アーマー・クラス:外皮ボーナスが+4増加する。
 ヒット・ダイス:種族ヒット・ダイスを全てd8に変更する。クラス・ヒット・ダイスは影響を受けない。アンデッドであるため、グレイヴナイトはボーナス・ヒット・ポイントを決定するに際し【魅力】修正値を使用する。
 防御的能力:グレイヴナイトはエネルギー放出に対する抵抗+4;DR10/魔法;および[冷気]、[電気]、そして破滅の復元の特殊性質による追加のエネルギー1種類に対する完全耐性を得る。グレイヴナイトは修正したCR+11に等しい呪文抵抗も得る。
 グレイヴナイトはまた以下の能力も得る。
 黄泉がえり(超常)/Rejuvenation:グレイヴナイトが破壊されてから1日後、その鎧はこのアンデッドの恐るべき肉体を再構築し始める。この工程には1d10日がかかる――その時間が過ぎる前にその肉体が破壊された場合、鎧は単にその工程を1からやり直す。再構築の時間が経過すると、グレイヴナイトは完全に治癒され覚醒する。
 攻撃:グレイヴナイトは基本クリーチャーが持っていない場合1回の叩きつけ攻撃を得る。その叩きつけのダメージはグレイヴナイトのサイズに依る(Bestiary P.302参照)。
 特殊攻撃:グレイヴナイトは以下の特殊攻撃を得る。セーヴDCは特記ない限り10+グレイヴナイトのHDの1/2+グレイヴナイトの【魅力】修正値に等しい。
 破壊の放出(超常)/Channel Destruction:グレイヴナイトが手に握っている武器はエネルギーに包まれ、グレイヴナイトの持つ4ヒット・ダイス毎に追加で1d6ポイントのダメージを与える。この追加ダメージは破滅の復元の特殊性質によって決められたエネルギーの種類のものだ。
 圧倒の波(超常)/Devastating Blast:1日に3回、グレイヴナイトは標準アクションで30フィートの円錐形のエネルギーを放てる。この波はグレイヴナイトの持つ3ヒット・ダイス毎に2d6ポイントのダメージを与える(反応で半減)。このダメージは、グレイヴナイトの破滅の復元の特殊性質によって決定されたエネルギーの種類のものだ。
 アンデッド支配(超常)/Undead Mastery:標準アクションで、グレイヴナイトは50フィート以内のアンデッドたちに対して、意志に屈するよう試みることができる。目標となったアンデッドたちは意志セーヴに成功しない限りグレイヴナイトの支配下に落ちる。この支配は知力を持たないアンデッドに対しては永続的である;【知力】能力値を持つアンデッドはグレイヴナイトの支配から解放されるために1日に1回追加のセーヴが許される。セーヴに成功したクリーチャーはそのグレイヴナイトのアンデッド支配の影響を24時間のあいだ受けない。
 グレイヴナイトは自身が持つヒット・ダイスにつき5ヒット・ダイスのアンデッド・クリーチャーたちを支配できる。この数を超過した場合、アニメイト・デッドと同様にこの能力を使用していた者のうち古い方から制御を失ってゆく。
 その他の特殊能力:グレイヴナイトは以下を得る。
 幻影の乗騎(超常)/Phantom Mount:1日に1回、グレイヴナイトはファントム・スティードと同様の骸骨のホースを招来できる。この乗騎は典型的なファントム・スティードよりも現実に近く、追加で1人の乗り手を運搬できる。この乗騎の力は術者レベルではなく、グレイヴナイトの合計ヒット・ダイスに基づく。グレイヴナイトの乗騎の外見は区別でき、何度招来しようと同じ姿をしている。乗騎が破壊された場合、1時間後には再び完全なヒット・ポイントを持って招来できる。
 破滅の復元(超常)/Ruinous Revivification:作成時点で、グレイヴナイトは以下のエネルギーの種類から1つを選択する:[酸]、[冷気]、[電気]、あるいは[火]。そのエネルギーの種類はグレイヴナイトの人生あるいは死と関連があるべきであり、特に適切なものがない場合火を初期設定とすること。このエネルギーの種類はいくつかのグレイヴナイトの特殊能力に影響を与える。
 能力値: 【筋】+6、【知】+2、【判】+4、【魅】+4。アンデッド・クリーチャーであるため、グレイヴナイトは【耐久力】能力値を持たない。
 技能:グレイヴナイトは〈威圧〉〈知覚〉、そして〈騎乗〉判定に+8の種族ボーナスを得る。
 特技:グレイヴナイトは《イニシアチブ強化》《騎乗戦闘》《駆け抜け攻撃》、そして《追加hp》をボーナス特技として得る。

グレイヴナイトの鎧

 リッチの本質が経箱の内側に入るのと同様に、今わの際にグレイヴナイトの生命力は死体ではなくその鎧に残留する。グレイヴナイトの鎧の各部品がその肉体と共に滅びない限り、グレイヴナイトは破壊された後に黄泉がえれる。典型的なフル・プレート・グレイヴナイト・アーマー一式は硬度10と45ヒット・ポイントを持つが、強化されていたり特殊な材質で作られた鎧は破壊するのが更に難しい。グレイヴナイトの鎧をただ壊すだけではグレイヴナイトを破壊した事にはならない;分解する、正のエネルギー次元界へ持っていく、あるいは火山の火口へと投げ込むなどして滅ぼさなければならない。