B3 > ルクワタ

ルクワタ Lukwata

長く棘の生えたヒレが、そのウナギの頭を持つ肉食獣のイルカのような体の下を走っている。

ルクワタ 脅威度11 Lukwata

経験点12,800
N/超大型サイズの魔獣(水棲)
イニシアチブ +4; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+9
防御
AC 25、接触12、立ちすくみ21(+13外皮、-2サイズ、+4【敏】)
hp 147(14d10+70)
頑健 +14、反応 +13、意志 +8
DR 10/非魔法的な武器; SR 27
弱点 魔力の外殻
攻撃
移動速度 水泳40フィート
近接 噛みつき=+22(4d10+15/19~20、加えて“つかみ”)
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート
特殊攻撃 解呪の噛みつき、転覆(DC25)、魔力消化
一般データ
【筋】30、【敏】19、【耐】20、【知】2、【判】15、【魅】11
基本攻撃 +14; CMB +26(組みつき+30); CMD 40
特技 《強打》《クリティカル強化:噛みつき》《クリティカル熟練》《出血化クリティカル》《突き飛ばし強化》(戦闘)《鋼の意志》《ふっとばし攻撃》
技能 〈隠密〉+0、〈水泳〉+30、〈知覚〉+9
生態
出現環境 暑熱/河川、湖、および沼地
編成 単体、2体、または群れ(3~8)
宝物 標準
特殊能力
解呪の噛みつき(超常)/Dispelling Bite ルクワタが噛みつきでクリティカル・ヒットしたなら、その相手はグレーター・ディスペル・マジック呪文の目標となったかのようにその効果を受ける。この効果の術者レベルはルクワタのヒット・ダイスに等しい(ほとんどのルクワタにおいては術者レベル14)。
ダメージ減少(変則)/Damage Reduction ルクワタのダメージ減少は魔法的でない武器でのみ貫通することができる(マジック・ウェポンや同種の効果を及ぼす呪文により作られた一時的な魔法の武器も魔法の武器として扱う)。
魔力消化(超常)/Digest Magic ルクワタに飲み込まれた魔法のアイテムは1時間後にDC22の頑健セーヴを行わなければならず、失敗すると魔法的ではなくなってしまう。アーティファクトはこの効果に完全耐性を持つ。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
魔力の外殻(超常)/Eldritch Encrustation ルクワタの消化管の中にある透明な腫瘍には魔力の大きな沈殿物が含まれている。これらの腫瘍はそれぞれのルクワタを覆う魔法の反応に影響を及ぼし、呪文抵抗や解呪の噛みつき、魔力消化能力を与えている。ルクワタに発動されたディスペル・マジックはこれらの能力を1分の間無効化する――この効果の術者レベルはルクワタのヒット・ダイスとして扱われる(ほとんどのルクワタにおいては術者レベル11)。

 ルクワタは暗い熱帯の水を通り抜け、深いジャングルの川や池に入ってきた無謀なもの全てに襲いかかる。例えそれが頂点に立つ肉食獣と一般にいわれる獣であっても。学者達はこの獣は闇を好むと言うが、光がその容赦ない狩りの遂行を思いとどまらせることはない。その長く平らな身体はイルカや大きな魚を思い起こさせるものの、ルクワタの頭部は特徴的なウナギの形をしている。ルクワタの魔法の効果を砕く珍しい能力は、その喉や胃に並んでいる一風変わった透明な腫瘍によるものだ――このお陰で、ルクワタは肉や血を摂取したかのように、魔法のアイテムから栄養分を得ることができる。同じ腫瘍が、ルクワタにあらゆる魔法攻撃の類に対する、異常なほど強力な抵抗力を与えている。
 ルクワタはクロコダイルを補食者としての最大の仇敵として忌み嫌っている。視界に入ることがあれば、食事をしたばかりであっても攻撃を仕掛ける。ほとんどのクロコダイル種は大した脅威になる程には大きくない;しかしルクワタとダイア・クロコダイルが経路を交えて遭遇することもある。彼らの戦闘は埠頭や小型艦隊、ダムすらその怒りによって打ち砕かれるほどの、大きな破壊を及ぼすことで知られている。
 ルクワタは全長20フィート(約6m)、重量4,000ポンド(約1.8t)。