B4 > エールキング

エールキング Erlking

鳥に似た翼は、羽根の代わりに枯れ葉に覆われている。この堂々とした、エルフに似た人型の存在の背中から生えている。

エールキング 脅威度18 Erlking

経験点153,600
CN/中型サイズのフェイ
イニシアチブ +7; 感覚 夜目〈知覚〉+28
防御
AC 34、接触15、立ちすくみ29(+7鎧、+4【敏】、+1回避、+12外皮;悪または秩序に対して+2反発)
hp 270(20d6+200);高速治癒10
頑健 +15、反応 +20、意志 +17
防御能力 ブラープロテクション・フロム・グッドプロテクション・フロム・ローDR 10/冷たい鉄; 完全耐性 毒; 抵抗 [酸]30、[電気]30、[冷気]30
攻撃
移動速度 70フィート、飛行90フィート(良好)
近接 +3冷たい鉄製キーン・ロングソード=+20/+20/+15(1d8+12/17~20、加えて“出血”)
遠隔 +3アイアンウッド製ロングボウ=+20/+20/+15(1d8+3/×3、加えて“出血”)
特殊攻撃 アイアンウッド体得出血攻撃(1d6)、得意な敵(人型生物全て+10)
擬似呪文能力 (術者レベル20;精神集中+25)
一般データ
【筋】20、【敏】25、【耐】28、【知】19、【判】20、【魅】21
基本攻撃 +10; CMB +15; CMD 33
特技 《強打》《クリティカル熟練》《渾身の一打》《呪文潰し》《上級武器開眼:ロングソード》《上級武器熟練:ロングソード》《追加hp》《発動妨害》《武器開眼:ロングソード》《武器熟練:ロングソード》
技能 〈威圧〉+25、〈隠密〉+29、〈軽業〉+19(跳躍は+35)、〈騎乗〉+16、〈芸能:いずれか1つ〉+13、〈交渉〉+13、〈呪文学〉+14、〈真意看破〉+18、〈水泳〉+17、〈生存〉+15、〈知覚〉+28、〈知識:貴族〉+9、〈知識:自然〉+27、〈知識:地理〉+17、〈治療〉+10、〈登攀〉+12、〈動物使い〉+15、〈はったり〉+18、〈飛行〉+18; 種族修正 +16跳躍での〈軽業〉
言語 エルフ語、共通語、森語;スピーク・ウィズ・アニマルズスピーク・ウィズ・プランツ
その他の特殊能力 フェイの戦士
生態
出現環境 温暖/森林
編成 単体、戦隊(1、加えてケンタウロス2~12、サテュロス2~12、およびトリエント1~2)、または軍隊(1、加えてケンタウロス4~24、サテュロス4~24、およびトリエント2~5)
宝物 ×2(アイアンウッド製チェイン・シャツ、アイアンウッド製ロングボウ、アイアンウッド製ロングソード、その他の宝物)
特殊能力
 アイアンウッド体得(超常)/Ironwood Mastery エールキングが身につけているアイアンウッド製の防具は、+3の強化ボーナスを得る。エールキングが手にしているアイアンウッド製の武器は、+3冷たい鉄製キーン武器となる。

 フェイの戦士(変則)/Warrior Fey ファイター・レベルを必要とするすべての能力と効果について、エールキングは20レベルのファイターであるかのように扱われる。

 エールキングは何より荒々しいありのままの自然を守り、他のフェイがあるべき土地を取り戻せるように導く。森のクリーチャーの多くが言うには、エールキングは森の王であり、自然の中に住む人々の議論を調停するという。ほとんどの森で、エールキングはハマドライアドと兄弟あるいは仲間であり、自然の攻撃性、危険性、報復といった側面を体現している。

 エールキングは戦闘中であろうとなかろうと目にもとまらぬ早さで移動し、略奪者に対して攻撃を連携するためにその能力を用いる。自分が利するように地形を操り、形勢が不利になると増援を呼ぶ。助力が不要な場合、エールキングはフェイの世界へと帰って行く。