サテュロス

サテュロス Satyr

この端正な笑顔の男は山羊の毛むくじゃらの足を持ち、こめかみから羊の曲がった角が生えている。

サテュロス 脅威度4 Satyr

経験点1,200
CN/中型サイズのフェイ
イニシアチブ +2;感覚 夜目〈知覚〉+18
防御
AC 18、接触13、立ちすくみ15(+1回避、+5外皮、+2【敏】)
hp 44(8d6+16)
頑健 +4、反応 +8、意志 +8
DR 5/冷たい鉄
攻撃
移動速度 40フィート
近接 ダガー=+6(1d4+2/19~20)、=+1(1d6+1)
遠隔 ショートボウ=+6(1d6/×3)
特殊攻撃 パン・パイプ
擬似呪文能力 (術者レベル8)
一般データ
【筋】14、【敏】15、【耐】15、【知】12、【判】14、【魅】19
基本攻撃 +4;CMB +6;CMD 18
特技 《回避》《技能熟練:知覚》《強行突破》《武器の妙技》
技能 〈威圧〉+9、〈隠密〉+17、〈芸能:管楽器〉+19、〈交渉〉+15、〈生存〉+7、〈知覚〉+18、〈知識:自然〉+10、〈はったり〉+15、〈変装〉+9;種族修正 +4〈隠密〉、+4〈芸能〉、+4〈知覚〉
言語 共通語、森語
生態
出現環境 温暖/森林
編成 単体、2体、一団(3~6)、乱痴気騒ぎ(7~11)
宝物 標準(ダガー、ショートボウとアロー20本、高品質のパンパイプ、その他の宝物)
特殊能力
パン・パイプ(超常)/Pipes サテュロスはパン・パイプで印象深い旋律を奏でることで、その魔力を集中し強化することができる。演奏すると、60フィートの拡散内の全てのクリーチャーはDC18の意志セーヴに成功しなければならず、失敗するとチャーム・パースンフィアースリープ、あるいはサジェスチョンの効果を受けてしまう(サテュロスが効果を選ぶ)。パン・パイプのいずれかの効果に対してセーヴを成功したなら、そのクリーチャーは24時間の間、同一のパン・パイプから再び作用を受けることはない。しかしサテュロスの他の擬似呪文能力の効果は通常通り受ける。サテュロスが自らのパン・パイプを使用しても擬似呪文能力の1日の使用回数を消費することはない。また、パン・パイプが手元に無くても通常の擬似呪文能力を使うことはできる。パン・パイプは高品質の品であり、サテュロスは1週間の作業で代替品を作ることができる。セーヴDCは【魅力】修正値を基に算出されている。

 一部の地域ではファウヌスとも呼ばれるサテュロスは、原生林のもっとも深い場所に住む放蕩者で快楽主義のクリーチャーである。彼らはワインと音楽、情熱的なロマンスを愛する。また巧言と令色を以って知られ、無用心な若い娘や羊飼いの少年に求婚する。そして、彼らの通った跡には、無計画に妊娠した者たちが残され気まずい弁明を余儀なくされる。
 彼らの肉体のほとんどは魅力的なたくましい男のそれだが、サテュロスの蕩しの才は多くをその音楽の才に負っている。その別名の元でもあるパン・パイプの力によって、他者を魅惑するさまざまな旋律の呪文を奏で、気まぐれな欲望に身を捧げさせるのだ。
 いつもふざけているだけではなく、サテュロスは故郷の森では多くの場合クリーチャーたちの守護者として振舞う。そしてサテュロスを恋情から激情に振り向けてしまった者は誰であれ、ファウヌスを取り巻く危険な獣たちに威圧されている自分に気がつく羽目になるだろう。確かにサテュロスは他者の権利よりも自分の快楽に重きを置く傾向があるが、自分が誘う相手に悪意があるわけではない。このような出会いから生まれた子供は常に純粋のサテュロスとして生まれ、大体は生まれてすぐに自分の陽気な親族によって連れ去られる。