B4 > サイコポンプ > ヴァンス

サイコポンプ:ヴァンス Psychopomp, Vanth

この人型生物のスケルトンには、黒いカラスの翼、長い尾、そして顔がなければならないところにある磨かれたハゲワシのような仮面がある。

ヴァンス 脅威度7 Vanth

経験点3,200
N/中型サイズの来訪者サイコポンプ他次元界
イニシアチブ +3; 感覚 暗視60フィート、魂感知夜目〈知覚〉+16
オーラ [恐怖](30フィート、DC17)
防御
AC 20、接触13、立ちすくみ17(+7外皮、+3【敏】)
hp 76(9d10+27)
頑健 +11、反応 +6、意志 +10
DR 10/アダマンティン; 完全耐性 [即死]効果、毒、病気; 抵抗 [電気]10、[冷気]10; SR 18
攻撃
移動速度 30フィート、飛行50フィート(標準)
近接 +1アダマンティン製サイズ=+14/+9(2d4+7/×4)または
爪(×2)=+13(1d6+4)
擬似呪文能力 (術者レベル10;精神集中+13)
回数無制限:インヴィジビリティ(自身のみ)、デスウォッチグレーター・テレポート(自身と50ポンドの物体のみ)
3回/日:シアリング・ライトビストウ・カース(DC17)、ロケート・クリーチャー
一般データ
【筋】18、【敏】16、【耐】17、【知】13、【判】19、【魅】17
基本攻撃 +9; CMB +13; CMD 26
特技 《頑健無比》《強打》《渾身の一打》《薙ぎ払い》《ホバリング》
技能 〈威圧〉+11、〈隠密〉+15、〈軽業〉+9、〈真意看破〉+16、〈知覚〉+16、〈知識:次元界〉+13、〈知識:宗教〉+13、〈知識:歴史〉+9、〈飛行〉+11
言語 地獄語、天上語、奈落語
その他の特殊能力 死神の大鎌、魂への接触
生態
出現環境 気候問わず/(煉獄界パーガトリー)
編成 単体、2体、または編隊(2~12)
宝物 ×2(アダマンティン製サイズ)
特殊能力
 [恐怖]のオーラ(超常)/Fear Aura ヴァンスの恐怖のオーラに対してセーヴ(DC17)に失敗した10HD以下のクリーチャーはオーラの範囲内にいる限り、怯え状態となる。セーヴに成功したクリーチャーは24時間そのヴァンスのオーラに対して完全耐性を得る。セーヴDCは【魅力】に基づいている。
 死神の大鎌(超常)/Reaper's Scythe あらゆるヴァンスは武器と神格の象徴として特徴的なアダマンティン製のサイズを持ち運ぶ。ヴァンスは自身のサイズを用いるとき、武器は攻撃ロールとダメージ・ロールに+1の強化ボーナスを得る。フリー・アクションとしてヴァンスはその武器を自分の擬似次元界または他の場所から招来することができ、すぐさま手に現させ持つことができる。フリー・アクションとして、自分の擬似次元界へ戻すこともできる。ヴァンスのサイズが破壊されるならば、24時間で新しいものを招来することができる。

 厳しく無口でぼろぼろの黒い翼を纏うヴァンス・サイコポンプは、パーガトリーの禁欲的な保護者かつ死者の道に沿う観測者として勤めている。ヴァンスはハゲワシの頭に似た仮面と大烏のような翼のある黒いスケルトンに見える。
 死神、死の天使、あるいはアンズラネイとしても知られるヴァンスは、定命のものの魂を食うか盗もうとする者から故人を保護し、彼らに割り当てられている運命を避けようとしている逃れた魂を取り戻し、定命の者の自然のサイクルを途絶するものに対する死の歩兵である。彼らは死者と死の資産、例えば忘れられた墓地、無人の霊廟、神聖な林なども守るかもしれない。
 ヴァンスは体重400ポンドで、身長8フィートだが、その前傾姿勢によって多くの大人の人型生物をひと目で見れる。ヴァンスは古代のクリーチャーであり、おそらく現在の死の神より前に出現しており、死を崇拝している兵士の遠い世界に到達した魂であるという噂がある。彼らはめったに話さず、感情を表に出さず、彼らのうつろな声は異様に遠くまで聞こえる。ヴァンスのサイズはその持ち場を表す記章であり、魂を狩る者としての役割を反映している。そのサイズには死の神がパーガトリーの主権を主張したとき既に失われていた言語にある印があしらわれている。
 大部分の来訪者はヴァンスを軽蔑しており、それはこのサイコポンプには法、正当性、あるいは個人所得に対する意識がないためである――任務だけを懸念する。ヴァンスは潜在的な脅威としてパーガトリーを訪れる来訪者を観察し、分け隔てなくエンジェルとデーモンの後をつける。