B4 > シュレッドスキン

シュレッドスキン Shredskin

この浮遊しているクリーチャーはオークの自立している、中身のない皮膚のように見える。上半身は無傷であるが、下半身はぼろぼろである。

シュレッドスキン 脅威度2 Shredskin

経験点600
NE/小型サイズのアンデッド・クリーチャー
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・アンデッド〈知覚〉+7
防御
AC 14、接触13、立ちすくみ12(+1外皮、+1サイズ、+2【敏】)
hp 22(4d8+4)
頑健 +2、反応 +3、意志 +4
防御能力 不定形完全耐性 アンデッドの種別特性
攻撃
移動速度 飛行40フィート(標準)
近接 噛みつき=+6(1d4)、爪(×2)=+6(1d4、加えて“つかみ”)
特殊攻撃 覆い隠す、締めつけ(1d4)、身体制御、つかみ(中型)
擬似呪文能力 (術者レベル3;精神集中+4)
一般データ
【筋】10、【敏】15、【耐】―、【知】6、【判】10、【魅】13
基本攻撃 +3; CMB +4(+8組みつき); CMD 14(足払いされない)
特技 《軽妙なる戦術》《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+13、〈知覚〉+7、〈飛行〉+4
言語 共通語(話せない)
その他の特殊能力 収縮
生態
出現環境 気候問わず/地上
編成 単体または小さな群れ(2~5)
宝物 乏しい
特殊能力
 身体制御(超常)/Control Body シュレッドスキンは死体(もしくはコマンド・アンデッドを用いて自身が制御している実体のあるアンデッド)を自身で包むことができる。このように主体となる体を包むとき、シュレッドスキンは【筋力】14もしくは主体となる体の【筋力】のどちらか高いほうを得るが、その時つかみと覆い隠すの能力を使用することはできない。シュレッドスキンの攻撃の目標は半分のダメージをシュレッドスキンに、半分のダメージを主体となる体に与える;範囲攻撃はシュレッドスキンと主体となる体に通常のダメージを与える。主体となる体が破壊されるならば、シュレッドスキンは次のターンにフリー・アクションとして解放する。この目的において中型サイズの死体は15ヒット・ポイントを持ち、小型の死体は10ヒット・ポイントを持つ。シュレッドスキンは中型か小型サイズの一般的な人型の形状のクリーチャー(2本の腕、1つの頭部、人型生物の胴体)にのみこの能力を使用することができる。
 覆い隠す(変則)/Enshroud クリーチャーを押さえ込むことに成功したシュレッドスキンはシャツのように目標をくるむことができる。目標は押さえ込まれた状態を得るが、シュレッドスキンは組みつき状態押さえ込まれた状態のどちらでもなく、目標を制御しているかのように自身と目標を移動させることができる。シュレッドスキンは各ラウンドのそのターンに目標に締めつけのダメージを与える(戦技判定は必要ない)。この能力を使用している間シュレッドスキンへの攻撃は身体制御の能力に定められているように、目標とシュレッドスキンに与える。シュレッドスキンはフリー・アクションとして目標を解放することができる。

 シュレッドスキンは、人型生物が戦利品として保存されるために生きたまま生皮をはがされるか、それ以外の足から酸で分解されるといった上半身の大部分が無傷のままに恐ろしい手段で殺されると作られる、哀れなアンデッドのクリーチャーである。クリーチャーの魂の断片は皮膚を自立行動させ、作成した人に対する復讐を求め、そしてその間中自身が生きていた時に出来る事が出来るよう、快適な体を見つけようとする。シュレッドスキンは自力で攻撃して生きている人型生物から生命を搾り取る事でそれを肉体として使おうと試みるかもしれないし、また他のアンデッド、例えばスケルトン、ゾンビ、グールを病的な衣類のように覆うことで制御するかもしれない。いずれの場合も、良いものを見つけ、古いものが破壊されると、仮の体を捨てる。シュレッドスキンは通常生前知っていたクリーチャーを判別できる。
 下半身がないため、シュレッドスキンは身長3~4フィート、体重10~15ポンドである。