B4 > スコーピオン

スコーピオン:ジャイアント・エンペラー・スコーピオン Scorpion, Giant Emperor

この巨大な蠍は砂から飛び出し、その巨大な鋏をパチンと鳴らし、尾の針が驚異的に揺れる。

ジャイアント・エンペラー・スコーピオン 脅威度11 Giant Emperor Scorpion

経験点12,800
N/巨大サイズの
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート、振動感知60フィート;〈知覚〉+5
防御
AC 24、接触7、立ちすくみ23(+17外皮、-4サイズ、+1【敏】)
hp 142(15d8+75)
頑健 +14、反応 +6、意志 +6
防御能力 凶暴性完全耐性 [精神作用]効果
攻撃
移動速度 50フィート、穴掘り10フィート
近接 爪(×2)=+18(2d6+11、加えて“つかみ”)、針=+18(2d6+11、加えて“毒”)
接敵面 20フィート; 間合い 20フィート
特殊攻撃 締めつけ(2d6+11)、毒、飛びかかり、待伏せ穴
一般データ
【筋】33、【敏】13、【耐】20、【知】―、【判】12、【魅】2
基本攻撃 +11; CMB +26(+30組みつき); CMD 37(対足払い49)
技能 〈隠密〉-3(砂漠では+1)、〈知覚〉+5、〈登攀〉+15; 種族修正 +8〈隠密〉(砂漠では+12)、+4〈知覚〉、+4〈登攀〉
生態
出現環境 暑熱/砂漠
編成 単体
宝物 なし
特殊能力
 待伏せ穴(変則)/Ambush Pit ジャイアント・エンペラー・スコーピオンは土や他の地面の破片を身に着けることに1分間を費やすことができる。その後、餌食を見つけるために振動感知で待つ。クリーチャーが有効距離に来た時、突撃の一部としてフリー・アクションとして地面から飛び出し、飛びかかりの能力を用いることができる。穴を掘るとき、スコーピオンは良好な遮蔽を持ち〈隠密〉判定に+10のボーナスを得る。
 毒(変則)/Poison 針・致傷型; セーヴ 頑健・DC22; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1d4【筋】および1d4【敏】; 治癒 1回のセーヴ成功。このセーヴDCは【耐久力】に基づいている。

 ジャイアント・エンペラー・スコーピオンは待伏せする捕食者であり、餌食が接近してくるまで土や砂に埋もれている。

スコーピオン:グリーンスティング・スコーピオン Scorpion, Greensting

その鋏が昆虫より大きな害するためにものより小さく見えるが、この蠍の針は危険であるように思える。

グリーンスティング・スコーピオン 脅威度1/4 Greensting Scorpion

経験点100
N/超小型サイズの
イニシアチブ +3; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+4
防御
AC 18、接触15、立ちすくみ15(+3外皮、+2サイズ、+3【敏】)
hp 4(1d8)
頑健 +2、反応 +3、意志 +0
完全耐性 [精神作用]効果
攻撃
移動速度 30フィート
近接 針=+5(1d2-4、加えて“毒”)
接敵面 2・1/2フィート; 間合い 0フィート
特殊攻撃
一般データ
【筋】3、【敏】16、【耐】10、【知】―、【判】10、【魅】2
基本攻撃 +0; CMB +1; CMD 7(対足払い19)
特技 《武器の妙技》(B)
技能 〈隠密〉+15、〈知覚〉+4、〈登攀〉+7; 種族修正 +4〈隠密〉、+4〈知覚〉、+4〈登攀〉
生態
出現環境 暑熱または温暖/森林
編成 単体、2体、または共棲集団(3~6)
宝物 なし
特殊能力
 毒(変則)/Poison 針・致傷型; セーヴ 頑健・DC10; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1ラウンド間の不調状態; 治癒 1回のセーヴ成功。このセーヴDCは【耐久力】に基づいている。

 ほぼどこでも生存することができるが、危険なグリーンスティング・スコーピオンは通常森に生息している。
 グリーンスティング・スコーピオンの使い魔は、使い魔が術者から半径1マイル以内にいる限り、イニシアチブ判定に+4のボーナスを得る。グリーンスティング・スコーピオンの使い魔は、精神を持たない特徴を失い、主人のレベルに適切な【知力】を持つ。