B4 > バロメッツ

バロメッツ Barometz

これらの大きな緑色の牡羊のようなクリーチャーの毛皮は実際には蔓のもつれであり、角は鋭い木の枝である。

バロメッツ 脅威度15 Barometz

経験点51,200
N/巨大サイズの植物
イニシアチブ +5; 感覚 夜目〈知覚〉+27
防御
AC 31、接触11、立ちすくみ26(+20外皮、-4サイズ、+5【敏】)
hp 253(22d8+154)
頑健 +20、反応 +12、意志 +11
完全耐性 [電気]、植物の種別特性
攻撃
移動速度 40フィート
近接 突き刺し=+23(5d10+15/19~20)
接敵面 20フィート; 間合い 20フィート
特殊攻撃 強力突撃(突き刺し、10d10+15)、蹂躙(5d10+15、DC31)
一般データ
【筋】30、【敏】21、【耐】24、【知】2、【判】15、【魅】9
基本攻撃 +16; CMB +30(+34突き飛ばし、あるいは蹴散らし); CMD 45(対突き飛ばし、あるいは蹴散らし47、対足払い49)
特技 《強打》《クリティカル強化:突き刺し》《クリティカル熟練》《蹴散らし強化》《出血化クリティカル》《上級蹴散らし》《上級突き飛ばし》《突き飛ばし強化》《鋼の意志》《武器熟練:突き刺し》《ふっとばし攻撃》
技能 〈知覚〉+27
生態
出現環境 気候問わず/森林
編成 単体またはドルイドの主に付き従っている
宝物 なし

 これらの大きい植物の巨人は自然によって作成されるのではなく、守護者かつ野蛮な判決の施行者として、彼らを利用するドルイドによって栽培される。頑丈な牡羊に似ている形に切られ、バロメッツは緑豊かな量に結び付けられる自然のスピリットによってある程度の知能が与えられている。
 バロメッツは概して強力なドルイドに仕えてそのドルイドの聖なる原生林の保護を手伝っているところが見られる。

バロメッツの成長 Growing a Barometz

 バロメッツを成長する過程は、人造を作成することと類似しているが、《人造クリーチャー作成》の特技を必要としない。この過程は5人の耕作人を必要とする。必要な〈知識〉判定を行い、必要な呪文を発動することができる誰でも過程を試みることができるが、一般にこれらは強力なドルイドである。
 身体を成長させることには1年間かかる。一般にバロメッツの主人となるクリーチャーである、1人の製作者は、角のために収穫する樫の木を栽培する。収穫後、製作者は角を形作り、 アイアンウッドの呪文で強化する。4人の耕作人は4本の木を植え、枝から格子を織る。この格子は石と蔦の皮を支え、バロメッツを作る植物が成長することができる空間を提供する。各々の耕作人は体を作るときDC25の〈知識:自然〉判定を試みる。判定が1回以上失敗すると、植物は萎れ枯れ、耕作人は新たに始めなければならない。
 技能判定が成功しているならば、耕作人は栽培から1日以内に特殊な儀式を行う。この儀式は執行に24時間かかり、バロメッツの主人となっているクリーチャーによって先導されなければならない。儀式の最後にバロメッツを作成する試みが成功する可能性が50%ある――この最終的な判定が成功するならば、適切なスピリットは招請に答えるほど十分間近にはいない。植物の根は腐り、製作者は新規に最新の材料から始めなければならない。GMの判断で、特に必要なスピリットが一般的である魔法の場では、成功のための確率が75%もしくは100%まで増加するかもしれない。そのような珍しく魔法的な場所を発見することは、それ自体が冒険の焦点となっているべきである。

バロメッツ Barometz

術者レベル 15; 市価 80,500
儀式 Ritual