トログロダイト

トログロダイト Troglodyte

この人型生物の鱗に覆われた皮膚は鈍い灰色である。その輪郭は洞窟トカゲに似ており、長い尾があり、頭部と背中にトサカを持つ。

トログロダイト 脅威度1 Troglodyte

経験点400
CE/中型サイズの人型生物(爬虫類)
イニシアチブ -1;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+0
オーラ 悪臭(30フィート、DC13、10ラウンド)
防御
AC 15、接触9、立ちすくみ15(+6外皮、-1【敏】)
hp 13(2d8+4)
頑健 +7、反応 -1、意志 +0
攻撃
移動速度 30フィート
近接 クラブ=+2(1d6+1)、=-3(1d4)、噛みつき=-3(1d4)または(×2)=+2(1d4+1)、噛みつき=+2(1d4+1)
遠隔 ジャヴェリン=+0(1d6)
一般データ
【筋】12、【敏】9、【耐】14、【知】8、【判】11、【魅】11
基本攻撃 +1;CMB +2;CMD 11
特技 《頑健無比》
技能 〈隠密〉+5(岩場では+9);種族修正 +4〈隠密〉(岩場では+8)
言語 竜語
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、1孵りの兄弟姉妹(3~6)、戦隊(7~12、加えて3レベルのクレリックまたはドルイド1、モニター・リザード1~2)、一団(20~80、加えてその20%の人数の非戦闘員、3~6レベルの族長1、クレリック1~3、または3~6レベルのドルイド、およびモニター・リザード3~13)
宝物 NPCの装備品(クラブ、ジャヴェリン3本、その他の宝物)

 トログロダイトは野性的で野蛮な洞窟居住者である。彼らは地下世界の終わりのない洞窟の上層の住人の中で最も数が多く、地上に住む者の集落も地下に住む者の集落も襲撃することに等しく慣れ親しんでいる。しかしこの種族の多産さと広がりにも拘らず、総体としては小さな脅威でしかない。時折、偉大な指導者がトログロダイトの大軍勢を集めて指揮下に置き、大規模かつ危険な軍団を作り出せることがあるが、彼らの好きにさせておけば、トログロダイトの諸部族は管理下にあるお互いと無数の確執、共食い的な略奪、そして酷烈な内乱を続ける事に満足する。
 トログロダイトは最も古い知的種族の1つであり、遺跡がいくつかの離れた洞窟から見つかることから、彼らの帝国はかつては世界で最も大きなものであったという事実が証明される。曙の時代、トログロダイト文明は、洞窟に隠れ火を崇める他の人型生物種族よりも何世代も進んでいた。トログロダイトは石のジグラットと捻じ曲がった運河からなる広大な都市を築き、他の種族を奴隷とし、古代の非人間的な神とデーモンを崇拝した。しかし他の種族が進化しますます文明化していくにつれ、トログロダイトのかつての圧制者の手から逃れていった。今日では、役割は変わってしまった。トログロダイトが洞窟に隠れ、野蛮な生活を送っている。
 トログロダイトの部族では宗教の力が強く、シャーマンと祭司はどこでも氏族で最も尊敬される構成員である。トログロダイトの酋長は常にクレリックやドルイドという訳ではないが、信仰の力を持たない者は通常は地域の占い師やシャーマンの意のままに答える人形に過ぎない。トログロダイトは一般的には無数のデーモン・ロードのうち1体、特に爬虫類や原始的な姿をした者か、トログロダイトが好む複雑な洞窟に最も類似している奈落の領域を有する者を崇める。トログロダイトのドルイドは同類と共に暮らしている場合は、通常は中立にして悪である(そして獣たちに不気味な命令を下すため、どこででも恐れられ敬われている)。
 典型的なトログロダイトは身の丈およそ5フィート、体重150ポンド。