ドッグ

ドッグ(犬) Dog

この小さな犬はもじゃもじゃした毛並みをしており、こげ茶色の目に飢えが浮かんでいる。

ドッグ(犬) 脅威度1/3 Dog

経験点135
N/小型サイズの動物
イニシアチブ +1;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+8
防御
AC 13、接触12、立ちすくみ12(+1外皮、+1サイズ、+1【敏】)
hp 6(1d8+2)
頑健 +4、反応 +3、意志 +1
攻撃
移動速度 40フィート
近接 噛みつき=+2(1d4+1)
一般データ
【筋】13、【敏】13、【耐】15、【知】2、【判】12、【魅】6
基本攻撃 +0;CMB +0;CMD 11(対足払い15)
特技 《技能熟練:知覚》
技能 〈軽業〉+1(跳躍+9)、〈生存〉+1(+5嗅覚による追跡)、〈知覚〉+8;種族修正 +4跳躍での〈軽業〉、+4嗅覚による追跡での〈生存〉
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、2体、小さな群れ(3~12)
宝物 なし

 ここに挙げられている通常のドッグのデータは、体重約20~50ポンドの小型犬のものである。コヨーテ、ジャッカル、野犬のような小型のイヌ科の野生動物にも使用することができる。
 自然界において、ドッグは有害で縄張り意識の強いクリーチャーである。しかし、野犬の群れよりもさらに恐ろしいものは狂犬病の犬である。狂犬病はしばしばバットウルヴァリンラットのような動物にも効果を及ぼすが、通常は懐いている家庭のペットが狂犬病になって性格が変わってしまうことが繰り返されてきたため、ドッグがこの病気の典型的な媒介者として最も悪名高いものになった。
 狂犬病のクリーチャーは噛みつきで犠牲者に狂犬病を感染させることができる。その脅威度は1(クリーチャーの脅威度が1未満の場合は1段階)上昇する。

狂犬病 RABIES

種別 病気、致傷;セーヴ 頑健・DC14
潜伏期間 2d6週間;頻度 1回/日
効果 1 【耐】 ダメージに加えて 1d3 【判】 ダメージ(【判断力】は最低1までしか減少しない); 治癒 2回連続のセーヴ成功


ドッグ:ライディング・ドッグ(乗用犬) Dog, Riding

この頑丈な犬は小さな鞍を身につけている。低い威圧的なうなり声が、その胸から響いてくる。

ライディング・ドッグ(乗用犬) 脅威度1 Riding Dog

経験点400
N/中型サイズの動物
イニシアチブ +2;感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+8
防御
AC 13、接触12、立ちすくみ11(+1外皮、+2【敏】)
hp 13(2d8+4)
頑健 +5、反応 +5、意志 +1
攻撃
移動速度 40フィート
近接 噛みつき=+3(1d6+3、加えて“足払い”)
一般データ
【筋】15、【敏】15、【耐】15、【知】2、【判】12、【魅】6
基本攻撃 +1;CMB +3;CMD 15(対足払い19)
特技 《技能熟練:知覚》
技能 〈軽業〉+6(跳躍+14)、〈生存〉+1(嗅覚による追跡+5)、〈知覚〉+8;種族修正 +4跳躍での〈軽業〉、+4嗅覚による追跡での〈生存〉
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、2体、小さな群れ(3~12)
宝物 なし

 大型犬(ハーフリングやノームのような小型種族にはライディング・ドッグとして知られる)は、ハスキー、マスティフ、ウルフハウンドのような頑健な犬種である。ライディング・ドッグは乗り手を運びながら戦うことができるが、乗り手も攻撃するにはDC10の〈騎乗〉判定に成功しなければならない。