UM > 呪文発動クラス・オプション > ソーサラー > アーキタイプ

荒ぶる血脈(アーキタイプ) Wildblooded

 荒ぶる血脈は一般的な血脈の変異バージョンであり、血脈の秘法と少なくとも1つの血脈の力が通常のそれと異なっている。荒ぶる血脈のソーサラーを作成する場合、既存の血脈からその荒ぶる血脈の関連血脈を選択する。クラス技能、ボーナス呪文、ボーナス特技は関連血脈のものを使用し、血脈の秘法は荒ぶる血脈のものを使用する。血脈の力は関連血脈のものを使用し、荒ぶる血脈で指定されたものを置き換える。

暗黒 Umbral

 君の本質は自身の闇とともにある。

 関連血脈:影。

 血脈の秘法:君は薄暗い光か闇の中で呪文を発動するとき、有効術者レベルが1増加する。

 血脈の力:君の影の魔法は攻撃より防御を好む。

 影の外套(擬呪)/Cloak of Shadows:1レベルの時点で、君は標準アクションにより、1体の目標に影の外套を与えることができる。この外套は目標が薄暗い光か暗闇の範囲で行う〈隠密〉判定に、2ソーサラー・レベルにつき1ラウンドの間、ソーサラー・レベルの1/2のボーナスを与える(最低は1ラウンドにおける+1のボーナス)。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数まで使用できる。この血脈の力は影の打撃と置き換える。

海生まれ Seaborn

 君の力は潮のように上昇する。

 関連血脈:水界。

 血脈の秘法:君が浮くことができるくらい多くの水の中にいるとき、君の有効術者レベルは1増加する。

 血脈の力:君は、間合いを詰めるより水で攻撃するのを好む。

 水の爆発(擬呪)/Water Blast:君は標準アクションにより、1回の遠隔接触攻撃として、30フィート以内の1体の敵に、水の矢を放つことができる。この敵は打ちのめされて伏せ状態になり、望むなら君から遠ざかる方向に5フィート押し出される。反応セーヴ(DC10+ソーサラー・レベルの1/2+【魅力】修正値)に成功するとこの効果を無視できる。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数まで使用できる。この血脈の力は湿りを奪う接触と置き換える。

核に触れし者 Pit-Touched

 君の悪魔的な退廃は地獄の最も深い部分を源にしている。

 関連血脈:地獄の者。

 血脈の秘法:君が呪文を発動するとき、君は1ラウンドの間、〈威圧〉判定に呪文レベルに等しいボーナスを得る。

 血脈の力:悪の壊滅的な重みは君に持久力を与えた。

 地獄の耐久力(変則)/Tough as Hell:9レベルの時点で、君は【耐久力】に+2の体得ボーナスを得る。このボーナスは13レベルの時点で+4に、17レベルの時点で+6に増加する。この血脈の力は地獄の炎と置き換える。

岩盤 Bedrock

 君の地の魔法は攻撃より防御を好む。

 関連血脈:地底。

 血脈の秘法:君が(招来)の副系統をもつ呪文を発動するとき、召喚されたクリーチャーはソーサラー・レベルの1/2(最低1)に等しいDR/アダマンティンを得る。そのクリーチャーがもともと持っているDRとは累積しない。

 血脈の力:岩は永遠に存在し続ける。

 鉄の外皮(擬呪)/Iron Hide:9レベルの時点で、君は即行アクションにより、1日にソーサラー・レベルに等しいラウンド数まで、DR10/アダマンティンを得る。このラウンドは連続している必要はない。この血脈の力は水晶の破片を置き換える。

空想家 Visionary

 君の夢の魔法は目覚めた後の世界に強く影響する。

 関連血脈:夢紡ぎ。

 血脈の秘法:君は依然として1日に1度しか呪文スロットを回復させることができないが、1時間睡眠するだけで呪文スロットを回復できる(十分な休息を取らなければ、疲労による危険は通常通り発生する)。

 血脈の力:君の夢は未来へのヒントを与える。

 未来像(擬呪)/Visions:9レベルの時点で、君は眠っているときに予言的な夢から情報を得ることができる。君は1日に1回、眠っているときに占術呪文を発動したかのように来週起こる出来事についての情報を得ることができる。君は9レベルの時点で1つの質問の答え、17レベルの時点で2つの質問の答え、20レベルの時点で3つの質問の答えを得ることができる。この血脈の力は夢形成と置き換える。

賢者 Sage

 秘術の学士は常に魔法を使う新しい方法を作り出している。

 関連血脈:秘術。

 血脈の秘法:生まれながらの才で魔法を操るほとんどのソーサラーと異なり、君は知性により神秘の力を理解し修得することで魔法を使う。君は1日のボーナス呪文、発動できる呪文の最大レベル、呪文のセーヴDC、血脈の力の1日の使用回数を含め、ソーサラーのすべてのクラス特徴とクラスに関連する効果を決定するにあたり【魅力】ではなく【知力】を用いる。君はすべての〈知識:神秘学〉〈呪文学〉判定に+2のボーナスを得る。

 血脈の力:君が優先し専攻したのは精神の紡ぐ矢の魔法である。

 秘術の矢(擬呪)/Arcane Bolt:1レベルの時点で、君は標準アクションにより、30フィート以内の任意の目標に、1回の遠隔接触攻撃として魔法の光線を放つことができる。この光線は1d4+2ソーサラー・レベルにつき1ポイントのダメージを与える。このダメージはソーサラー・レベルの半分の呪文レベルの[力場]呪文として扱う。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数まで使用できる。この血脈の力は秘術の絆と置き換える。

原初 Primal

 君は元素界の核に集中する力を引き出す。

 関連血脈:元素。

 血脈の秘法:君が呪文を発動するとき、その補足説明が君の元素の血脈のエネルギー種別に符号するなら、その呪文のダメージはダメージ・ダイスにつき+1される。

 血脈の力:君は召喚するクリーチャーに原初のエネルギーを注入できる。

 招来クリーチャー元素化 / Elementalist Summoning(超常):9レベルの時点で、君がクリーチャーを召喚するとき、そのクリーチャーは血脈のエネルギー種別へのエネルギー抵抗10(既にその抵抗を持っている場合は抵抗が+5増加する)と、肉体攻撃に追加で1d6ポイントの同種のエネルギー・ダメージを得る。この血脈の力は元素の奔流と置き換える。

虚空に触れし者 Void-Touched

 星々の狭間の闇が君を呼んでいる。

 関連血脈:星の魂。

 血脈の秘法:君が力術呪文を発動したとき、君はその呪文のセーヴに失敗した1体の目標を選び、虚空による真空で窒息させ、1ラウンドの間無音状態にする(サイレンス のように、しかし目標にのみ影響する)。 これは超常能力である。

 血脈の力:君の魔法は夜よりも昏い。

 黒い塵(擬呪)/Black Motes:この能力は[冷気]ダメージを与えることを除き微小隕石のように働く(そして置き換える)。

 虚空領域(擬呪)/Voidfield:9レベルの時点で、君は黒い虚空の影響を受ける範囲を作り出すことができる。この能力はソーサラー・レベルにつき1ラウンドの間、範囲内がディーパー・ダークネス の効果も受けることを除き、アイス・ストーム のように働く。君はこの能力を3レベルの時点で1日に1回使用でき、以降の3レベルごとに1日の使用回数は1回増加する。この血脈の力は極光と置き換える。

木立生まれ Groveborn

 ある魔法は植物をより青々しくするが、また別のものは硬木のように茶色を濃くする。

 関連血脈:植物。

 血脈の秘法:君の強制力は植物のクリーチャーにも及ぶ。君が[精神作用]か[言語依存]の呪文を発動するとき、種別が植物であるクリーチャーにも、君の言葉を理解する人型生物と同様に作用する。

 血脈の力:君の自然の力は強靭で活きのよい手下を作り出す。

 招来クリーチャー繁茂化(超常)/Lush Summoning:3レベルの時点で、君が召喚術(招来)の呪文によりクリーチャーを招来するとき、それらに青々とした葉を茂らせることができる。クリーチャーの外皮ボーナスは+2増加し、麻痺、毒、ポリモーフ、睡眠、朦朧に対するセーヴに+4のボーナスを得る。この血脈の力は光合成と置き換える。

残忍 Brutal

 奈落の力は同胞にさえ徹底的だ。

 関連血脈:奈落の者。

 血脈の秘法:君がヒット・ポイントにダメージを与える呪文を発動するとき、その呪文の影響を受けた目標のうち君の選んだ1体に追加で2ポイントのヒット・ポイントへのダメージを与える。この能力は(能力値ダメージを与えるような)ヒット・ポイントにダメージを与えない呪文には何の効果もない。

 血脈の力:闘争はいつも生存の鍵だ。

 アビスの翼(超常)/Wings of the Abyss:9レベルの時点で、君は1日にソーサラー・レベルに等しい分数まで、皮膜の翼を生やし、60フィートの飛行移動速度と良好な機動性で空をとぶことができる。この持続時間は連続している必要はないが、1分単位で使用しなければならない。この血脈の力はアビスの剛力と置き換える。

至高天 Empyreal

 君の天界の力は君の個性ではなく洞察に由来する。

 関連血脈:天上の者。

 血脈の秘法:生まれながらの力で魔法を操るほとんどのソーサラーとは異なり、君は純粋な意志力をもって魔法を修得し発動させる。君は1日のボーナス呪文、発動できる呪文の最大レベル、呪文のセーヴDCを含め、ソーサラーのすべてのクラス特徴とクラスに関連する効果を決定するにあたり【魅力】ではなく【判断力】を用いる。君はすべての〈治療〉〈知識:宗教〉判定に+2のボーナスを得る。

 血脈の力:君の半神性は奇妙な力を与える。

 神聖な貯水池(超常)/Sacred Cistern:9レベルの時点で、君の血脈は君に神聖なエネルギーのプールを作る。君は1日に1回、ソーサラー・レベル-4レベルのクレリックのようにエネルギー放出ができる。この血脈の力は天界の翼と置き換える。

霜の血脈 Rime-Blooded

 君の冬らしい魔法の起源は、君の血潮に氷水のように流れている。

 関連血脈:極北。

 血脈の秘法:君が[冷気]の補足説明がある呪文を発動するとき、君は呪文の目標を1体選択し、1ラウンドの間(呪文のように)減速させることができる。頑健セーヴ(DC10+[冷気]呪文の呪文レベル+【魅力】修正値)に成功するとこの効果を無視できる。

 血脈の力:君は時に、敵に冷気を運ばねばならない。

 凍てつく矢(擬呪)/Freezing Bolt:9レベルの時点で、君は凍てつく霙を含む空気を爆発させることができる。この半径10フィートの爆発はソーサラー・レベルにつき1d6ポイントの[冷気]ダメージを与える(反応・半減)。このセーヴのDCは10+ソーサラー・レベルの1/2+【魅力】修正値である。君はこの能力を9レベルの時点で1日に1回、17レベルの時点で1日に2回、20レベルの時点で1日に3回使用できる。この能力の距離は60フィートである。この血脈の力は雪のとばりと置き換える。

宿命 Karmic

 世界は運命を妨げようとするものを罰する。

 関連血脈:運命の子。

 血脈の秘法:君がクリーチャーの機会攻撃範囲にいて防御的発動をするも精神集中判定に失敗したとき、君を機会攻撃範囲に収めていたクリーチャーの1体は君かその敵に隣接する味方の1人からの機会攻撃を誘発する。君はどのクリーチャーが機会攻撃を誘発し、誰が機会攻撃を行うかを決定する。

 血脈の力:君の血は君への攻撃に怒りを持って応じる。

 運命の応報(超常)/Fate's Retribution:1レベル以降、君が近接攻撃を受けたとき、即行アクションにより、君を攻撃したクリーチャーを呪うことができる。目標は1d4ラウンドの間、すべての攻撃ロールとダメージ・ロールに-2ペナルティを負う。意志セーヴ(DC10+ソーサラー・レベルの1/2+【魅力】修正値)に成功するとこの効果を無視できる。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数まで使用できる。この能力は運命の接触と置き換える。

Aerial

 君の魔法は稲妻や雷よりも、大気と雨の力に焦点を当てている。

 関連血脈:嵐。

 血脈の秘法:雨天時に精神集中判定を行うとき、君の有効術者レベルを2増加させる。

 血脈の力:凄まじい嵐が雷を伴わずに風を貫く雨を呼び起こす。

 風を呼ぶ者(擬呪)/Windcaller:9レベルの時点で、君はレベルにつき1分間、君の命令に従う風を呼び起こすことができる。この効果は、君が任意の対象に作り出し増幅した風の効果に対する完全耐性を持たせることができることを除きコントロール・ウィンズのように働く。この能力の持続時間は連続している必要はないが、1分単位で使用しなければならない。この血脈の力は稲妻を置き換える。

多血質 Sanguine

 不死の力は硬い骨と同様に冷たい血にも通う。

 関連血脈:不死の者。

 血脈の秘法:君が死霊術系統の呪文を発動するとき、有効術者レベルが1増加する。

 血脈の力:君の魔法は空腹な死者を模倣する。

 血こそ命(超常)/The Blood Is the Life:1レベルの時点で、君は最近死んだ者の血から滋養を得ることができる。君は標準アクションにより、1分以内に死んだクリーチャーの血を飲むことができる。クリーチャーは肉体を持ち、君と同じかそれ以下のサイズで、血を持っていなければならない。この能力は君のヒット・ポイントを1d6ポイント回復し、十分な食事をしたかのように滋養で満たす。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数まで使用できる。この血脈の力は墓場よりの接触と置き換える。

毒を持つ者 Envenomed

 君の血脈の源である知恵の蛇は、統率と結束よりも隠れ身と暗殺により事を為す。

 関連血脈:蛇。

 血脈の秘法:君は〈軽業〉〈登攀〉〈隠密〉判定に+2のボーナスを得る。

 血脈の力:君の魔法は毒の臭いに汚されている。

 毒注入(超常)/Envenom:3レベルの時点で、君は即行アクションにより、近接武器を舐めるか噛むことで、一服のブラック・アダーの毒を吹き込むことができる。この毒のDCは10+ソーサラー・レベルの1/2+【魅力】修正値である。君は3レベルの時点でこの能力を1日に1回、続く3レベルごとに追加で1回使用することができる。この毒は取り除いたり蓄えておくことはできず、1時間が経過するか、攻撃が1回成功することで、武器は利益を失う。この血脈の力は蛇の友と置き換える。

無秩序 Anarchic

 君の魔法の力は純粋で無秩序だ。

 関連血脈:変幻。

 血脈の秘法:君が呪文を発動するための精神集中判定に失敗したとき、0レベル呪文の効果が引き起こされる。君の修得した0レベル呪文からランダムに決定すること(例えば、6つの0レベル呪文を修得しているなら1d6で決定する)。この0レベル呪文は50%の確率で60フィート以内の君の指定する目標にかかるが、それ以外の場合は君を目標とする。

 血脈の力:君が敵対的な呪文を破壊するか否定するとき、原初の魔法の力が放たれる。

 魔力の帰還(超常)/Wild Feedback:3レベルの時点で、君が呪文に対して解呪か呪文相殺に成功したとき、(100フィート以内にいるなら)その術者は1d6+その呪文の呪文レベルのダメージを受ける。この血脈の力はプロティアンの抵抗と置き換える。

森の精 Sylvan

 君の自然との結びつきは、気まぐれな性質よりもクリーチャーと共にいるために働く。

 関連血脈:フェイ。

 血脈の秘法:血脈の力参照。

 血脈の力:君の魔法は獣と会話する者やフェイの変身能力者との近縁関係を示している。

 動物の相棒(変則):君は動物の相棒を得る。この能力についての君の有効ドルイド・レベルはソーサラー・レベル-3(最低1)に等しい。この血脈の力は笑いの接触と置き換えるとともに、血脈の秘法として扱う。

 フェイの羽(超常)/Fey Wings:15レベルの時点で、君は60フィートの飛行移動速度と標準の機動性を与える昆虫のような羽を背に生やし、(リデュース・パースンを使用したかのように)サイズを1段階小さくすることができる。この形態はレベルにつき1分間持続させることができる。この持続時間は連続している必要はないが、1分単位で使用しなければならない。この血脈の力はフェイの魔術と置き換える。

リノーム Linnorm

 君の竜の遺産は、より一般的でやや文明的な竜よりも、むしろ力ある原初のリノームに由来する。

 関連血脈:竜。

 血脈の秘法:君がリノームの血脈のエネルギー種別に対応するエネルギーの補足説明がある呪文を発動するとき、君は1d4ラウンドの間、呪文レベルに等しい外皮ボーナスを得る。

 血脈の力:真の竜はその敵をエネルギーの光線で破壊する。

 元素のつば / Elemental Spit(超常):1レベル以降、君は標準アクションにより、1回の遠隔接触攻撃として、30フィート以内の任意の敵に、リノームの血脈のエネルギー種別に対応する元素の光線を放つことができる。この光線は1d6+2ソーサラー・レベルにつき1ポイントのダメージを与える。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数まで使用できる。この血脈の力はかぎ爪と置き換える。

歪曲せし者 Warped

 君の血に流れる異質の汚れは、他者に不具と変異を引き起こす。

 関連血脈:異形。

 血脈の秘法:君が(ポリモーフ)の副系統をもつ呪文を発動したとき、目標のうち君の選んだ1体は歪曲ポリモーフ利益表からランダムな利益を得る(以下参照)。このボーナスは目標のポリモーフ効果と同時に終了する。

 血脈の力:君の奇妙な血は人々の最悪の何かを引き出す。

 歪曲接触(擬呪)/Warp Touch:1レベル以降、君は短時間クリーチャーの肉体の形状を変えて混乱させることができる。この能力は30フィート以内の1体のクリーチャーを1ラウンドの間目が眩んだ状態にする(頑健・無効;DC10+ソーサラー・レベルの1/2+【魅力】修正値)。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数だけ使用できる。この血脈の力は酸の光線を置き換える。

表1-4:歪曲ポリモーフ利益
d12 効果
1 二重関節:〈脱出術〉判定に+2。
2 水掻きのある指:〈水泳〉判定に+2。
3 鉄の握力:〈登攀〉判定と武器落としに対するCMDに+2。
4 複眼:〈知覚〉判定に+2。
5 擬態:〈隠密〉判定に+2。
6 丈夫な皮膚:外皮ボーナスに+1。
7 頑強:頑健セーヴィング・スローに+1。
8 活発:反応セーヴィング・スローに+1。
9 明晰:意志セーヴィング・スローに+1。
10 機敏:移動速度+5フィート。
11 乱暴:近接攻撃ロールに+1。
12 鷹の目:遠隔攻撃ロールに+1。

混血の者(アーキタイプ) Crossblooded

 混血の者の血脈は2つの異なる遺産の力を結合させる。多くの場合、この血脈のソーサラーは祖先の異なる2人のソーサラーの子であるが、時に別の力によって生じることもある。大いなる運命の頂に立つ竜の血脈のソーサラー、デヴィルの家庭で育った奈落の者、フェイから誕生した秘術の血脈のソーサラーなどは、すべて混血の者として扱うことが可能である。

 混血の者は2つの異なる血脈を選択する。混血のものは技能、特技、その他血脈に由来する力を与えられるが、その代償に選択肢と精神の明晰さが減少する(短所を参照)。

 クラス技能:混血の者は両方の血脈からクラス技能を得る。両方のクラス技能が同じであるときには、特に追加の利益はない。

 ボーナス呪文:混血の者はボーナス呪文を両方の血脈からその都度どちらか選んでよい。混血の者はそのレベルで得られるボーナス呪文より低いレベルのボーナス呪文を選択して学んでもよい。この方法で低いレベルのボーナス呪文を選んだ場合、その呪文の呪文レベルは混血の者が本来学ぶはずだったときの呪文レベルになる。

 例:3レベルの異形/奈落の者の混血の者はエンラージ・パースンコーズ・フィアーのどちらかをボーナス呪文として選択して学ぶ。3レベル・ボーナス呪文としてコーズ・フィアーを選んだなら、5レベルで得られる新しいボーナス呪文としてブルズ・ストレンクスシー・インヴィジビリティを選び(3レベルのボーナス呪文として選択したかのように)1レベル呪文のリストに加えることができる。

 ボーナス特技:混血の者は2つの血脈のボーナス特技のリストを結合し、そこからボーナス特技を選ぶことができる。

 血脈の秘法:混血の者は両方の血脈から秘術の秘法を得る。

 血脈の力:1レベル、3レベル、9レベル、15レベル、20レベルの時点で、混血の者は2つの新しい血脈の力のうちどちらかを得る。混血の者はそのレベルで得られる血脈の力の代わりに、より低いレベルで得られる血脈の力を選んで置き換えてもよい。

 短所/Drawbacks:混血の者はそのレベルで修得できる各レベルの呪文数が表:ソーサラーの呪文修得数で示されているよりも1少ない(0レベル呪文を含む)。その上、混血の者が継承した二つの力は自然に分裂しようとして衝動の衝突を生み、その精神が現在の状況と必要に集中しようとすることを常に乱している。このことから混血の者の精神は外的脅威に立ち向かい難い。混血の者は意志セーヴに常に-2のペナルティを負う。