B2 > モスマン

モスマン Mothman

黒い翅がこの痩せた人型の姿を包み込んでいる。2つの怪物じみた赤い眼が細長い顔で悪意に満ちた光を放つ。

モスマン 脅威度6 Mothman

経験点2,400
CN/中型サイズの人怪
イニシアチブ +8;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+16
防御
AC 20、接触14、立ちすくみ16(+6外皮、+4【敏】)
hp 76(9d10+27)
頑健 +6、反応 +10、意志 +10
SR 17
攻撃
移動速度 30フィート、飛行60フィート(良好)
近接 (×2)=+13(1d6+1)
特殊攻撃 心乱す凝視
擬似呪文能力 (術者レベル12;精神集中+16)
一般データ
【筋】12、【敏】19、【耐】16、【知】17、【判】19、【魅】18
基本攻撃 +9;CMB +13;CMD 24
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》《軽妙なる戦術》《武器の妙技》《無視界戦闘》
技能 〈隠密〉+16、〈呪文学〉+12、〈真意看破〉+13、〈知覚〉+16、〈知識:いずれか2つ〉+12、〈飛行〉+20
言語 共通語、地下共通語(話せない)、森語;テレパシー100フィート
生態
出現環境 気候問わず/地上
編成 単体
宝物 標準
特殊能力
運命の使者(擬呪)/Agent of Fate モスマンは1日1回、擬似呪文能力として5レベル以下の任意の呪文の効果を再現することができるが、そうすることで運命の流れをしかるべき方向からかき乱してしまう。運命の至る場所はGMが決定する。この能力の典型的な使用法に含まれるのは、メジャー・イメージ を唱えると誰かを驚くべき場所へ誘い込んだり、レイズ・デッドを唱えると重要な運命を持つ者を生き返らせたり、ラスティング・グラスプを使うことで建造物を弱め必然的な何らかの災害をもたらすことである。
心乱す凝視(超常)/Mind-Warping Gaze 恐怖、30フィート、意志・DC18・無効。この攻撃に対するセーヴに失敗したクリーチャーは1d6ラウンドの間怯え状態になる。現在すでに[恐怖]効果を受けているクリーチャーがこのセーヴに失敗した場合、そのかわりに1d4ポイントの【判断力】ダメージを受ける。これは[精神作用、恐怖]効果である。このセーヴDCは【魅力】に基づいている。

 この奇妙なクリーチャーに関しては、彼らが現れた後には災厄が続くということ以外はほとんど知られていない。モスマンは自らを運命の使者とみなしており、超常の力を運命の手を導くために用いる。よくあることだが、市民がモスマンに遭遇すると、それを思い出すことはできないが、このクリーチャーの覆い隠された計画にはまっている。
 モスマンは身の丈7フィート、体重100ポンド。