ネオセリッド

ネオセリッド Neothelid

粘液に覆われた長い体が震える山のようなとぐろを巻いている。この巨大な虫の触手に覆われた頭が蛇のように起き上がった。

ネオセリッド 脅威度15 Neothelid

経験点51,200
CE/巨大サイズの異形
イニシアチブ +2;感覚 擬似視覚100フィート、トレイス・テレポート 60フィート;〈知覚〉+25
防御
AC 30、接触4、立ちすくみ30(+26外皮、-4サイズ、-2【敏】)
hp 230(20d8+140)
頑健 +15、反応 +4、意志 +16
DR 10/冷たい鉄;SR 26
攻撃
移動速度 30フィート、飛行60フィート(良好)
近接 (×4)=+21(3d6+10/19~20、加えて“つかみ”)
接敵面 20フィート;間合い 20フィート
特殊攻撃 サイキック・クラッシュ、飲み込み(2d6+10、加えて2d6[酸]、AC23、hp23)、ブレス攻撃(50フィートの円錐形、14d10[酸]、反応・DC27・半減、1d4ラウンドに1回)、マインド・スラスト
擬似呪文能力 (術者レベル20)
一般データ
【筋】30、【敏】7、【耐】24、【知】16、【判】15、【魅】21
基本攻撃 +15;CMB +29(組みつき+33);CMD 37(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《擬似呪文能力高速化:サジェスチョン《強打》《クリティカル強化:舌》《蹴散らし強化》《突き飛ばし強化》《薙ぎ払い》《薙ぎ払い強化》《鋼の意志》
技能 〈威圧〉+28、〈交渉〉+25、〈呪文学〉+26、〈知覚〉+25、〈知識:神秘学〉+26、〈登攀〉+33、〈はったり〉+25、〈飛行〉-4
言語 アクロ語、地界語、地下共通語; テレパシー 100フィート
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、カルト(3~5、加えてさまざまな種族の魅了した奴隷4~12)
宝物 標準
特殊能力
マインド・スラスト(超常)/Mind Thrust ネオセリッドは、1日3回まで、1回の標準アクションとして60フィート以内にいる1体の目標に対して強力な精神エネルギーの爆発を起こすことができ、15d10ポイントのダメージを与える。DC25の意志セーヴに成功すればこの効果を無効化できる。この効果は【知力】能力値を持つクリーチャーにのみダメージを与えることができる。これは[精神作用]効果である。セーヴDCは【魅力】修正値に基づいて算出されている。
サイキック・クラッシュ(超常)/Psychic Crush ネオセリッドは、1日3回まで、1回の標準アクションとして60フィート以内にいる1体の目標の精神を破壊しようと試みることができる。目標はDC25の意志セーヴを行わなければならず、失敗すると倒れ、気絶状態になり-1ヒット・ポイントの瀕死状態になる。目標がセーヴに成功すれば、6d6ポイントのダメージを受け1ラウンドの間不調状態になる。これは[精神作用]効果である。セーヴDCは【魅力】修正値に基づいて算出されている。
トレイス・テレポート(変則)/Trace Teleport ネオセリッドは、自身の60フィート以内でテレポートしようとする全てのクリーチャーの精神にある目的地の座標をテレパシーによって反射的に知り、“何度か来たことがある”に相当するその場所への精通度を得る。この知識は徐々に薄れて行き、1分後には消えてしまう。この力は目的地の座標における環境に関する情報を与えるものではない。

 地下の最も深い地域にのみ住む巨大なるネオセリッドは、かつて深みの帝国を支配していた。しかし他の種族がより早く増殖し、適応するという事が明らかになるにつれ、その数は非常に減少していった。今日ではネオセリッドは伝説上のものであり、このクリーチャーの怒りを目の当たりにし、生き延びてそのことを語ることのできたごく少数の者の恐怖譚の題材である。
 ネオセリッドは奇妙な長虫に似たクリーチャーに仕えられ、下僕たちは主の敵を監視し、戦争を仕掛けている。ネオセリッド自身はより恐るべき存在、既知の現実の境界を越えた次元から来る悠久の恐怖の落とし子である。ネオセリッドは自身をこの悪意に満ちた勢力の選ばれし代行者であるとみなしており、世界に彼らの帰還を迎え入れる準備をさせる為に働いている。