リトリーヴァー

リトリーヴァー Retriever

 雄象並みの大きさの蜘蛛が荒々しき挑戦の意をもって4本の後ろ足で身を起こし、魔法のエネルギーでその目をゆらめかせている。

リトリーヴァー 脅威度11 Retriever

経験点12,800
CE/超大型サイズの人造(他次元界)
イニシアチブ +7;感覚 暗視60フィート、〈知覚〉+15、夜目
防御
AC 25、接触11、立ちすくみ22(+14外皮、-2サイズ、+3【敏】)
hp 137(15d10+55);高速治癒5
頑健 +7、反応 +10、意志 +5
防御能力 人造の種別特性
攻撃
移動速度 50フィート
近接 噛みつき=+19(1d8+6、加えて“つかみ”)、(×4)=+19(2d6+6/19~20)
接敵面 15フィート;間合い 15フィート
特殊攻撃 目の光線(+16遠隔接触)
擬似呪文能力 (術者レベル20)
一般データ
【筋】22、【敏】16、【耐】―、【知】3、【判】11、【魅】1
基本攻撃 +15;CMB +23(組みつき+27);CMD 36(対足払い40)
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《強打》《クリティカル強化:爪》《神速の反応》《追加hp》《突き飛ばし強化》《薙ぎ払い》
技能 〈知覚〉+15
言語 奈落語(話せない)
その他の特殊能力 執拗
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス)
編成 単体
宝物 なし
特殊能力
目の光線(超常)/Eye Rays リトリーヴァーの目は距離100フィートの魔法的な光線を4種類放つことができる。リトリーヴァーは1フリー・アクションとして、各ラウンドに1本の光線を発射できる。各種類の光線はそれぞれ4ラウンドに1回ずつしか使用できない。リトリーヴァーは物理的攻撃を行なうのと同じラウンドに1回、目の光線を発射することができる。目の光線は機会攻撃を誘発しない。光線のセーヴDCはどれも19である。このセーヴDCは【耐久力】修正値に基づいて算出されており、+2の種族ボーナスを含んでいる。目の光線の効果は以下の通り:
  • :目標に対して12d6ポイントの[火]ダメージを与える(反応・半減)。
  • 冷気:目標に対して12d6ポイントの[冷気]ダメージを与える(反応・半減)。
  • 電気:目標に対して12d6ポイントの[電気]ダメージを与える(反応・半減)。
  • 石化:目標は頑健セーヴを行わなねばならず、失敗すると永続的に石となる。
執拗(超常)/Relentless リトリーヴァーは常時スパイダー・クライムウォーター・ウォークの効果の影響下にある。この効果は解呪できない。

 必ずしもすべての人造が石、木、金属、死肉などの命を持たぬ物質から作られているわけではない。大いなる彼方の最も暗き一角では、とある強力なデーモン・ロードたちが、奈落界アビスにある手の加わっていない原形質の肉塊をこねくり回し、生命も感情も支配に抗う意志も持ち合わせない、ぞっとする怪異を形づくる技を修めている。怪異なるリトリーヴァー(「奪還する者」の意)はそうした人造としては最もよく知られた、捜し出すよう命じられた相手に対して強力なエネルギーをぶちまけることのできる蜘蛛に似た巨大な被造物である。
 デーモン・ロードたちはリトリーヴァーを使役して、大胆にも忠誠心をかなぐり捨てた者たちや奴隷の暮らしから逃げ出した者たちを捜し出す。大抵、デーモンの根城にリトリーヴァーがいるということは、それだけで低位のデーモンたちの忠誠を確たるものとするに足る。この人造は、特定の品を追跡し、それを主人の下へ取り戻すことにも長けている。リトリーヴァーの知性は命じられた仕事に集中できる程度にはあるが、反抗し自由を切望するという思考に至るにはまったく足りていない。
 リトリーヴァーの身体は象ほどの大きさがあり、脚を広げた全長は30フィート(約9m)近くある。体重は6,500ポンド(約3t)。

リトリーヴァーの召喚

 リトリーヴァーは種別が来訪者ではないにも拘らず、グレーター・プレイナー・アライグレーター・プレイナー・バインディングのどちらかを用いて召喚しうる。だが、召喚しようとする呪文の使い手は、特殊で稀少な香と、高価な燐光性のインクを使って床と壁に描いた複雑な図式とを使用して、呪文が完成してもリトリーヴァーが呪文の使い手を攻撃することのないよう注意しなければならない。こうした構成要素には25,000gpの費用がかかり、どちらかの呪文の発動に関連する通常のコスト(これにはグレーター・プレイナー・バインディングに必要な【魅力】判定も含まれる)と置き換わる。