PG > マミーズ・マスク

マミーズ・マスクプレイヤーズ・ガイド Mummy's Mask Player's Guide

 マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスはワチの町の宝くじから始まり、集まった冒険家が財宝を探す探検をするためにワチの多くの墓のどれが良いのかを決定する。紅玉公ケメト3世はワチの政府とファラズマの教会にワチの共同墓地を調査のために開けるよう命令した。宝くじはランダムで公平であり、冒険は探検するために割り当てられた墓を待ち受けるPCから開始する。PCはオシーリオンの古代の帝国の千年前の神秘を発見する覚悟のある冒険者のパーティでなければならない!このプレイヤーズ・ガイドはマミーズ・マスク・アドベンチャー・パスでチップスと提案をキャラクターに提供する。

集結

 7年前、ファラオであるケメト3世こと紅玉公はオシーリオンの古代の墓と埋葬地を異国の探検家に正式に開いた。一般的に宝を探し、長い距離を進んできた冒険家が発見を売りにどこからきてどこへ帰るのかケメト3世は理解した。その代り、経済的に価値のある古代の遺物の流入を吸収するのに十分堅調な最も近い文化的な共同体を可能な限り早く、所持しようとせず売るか交換する。紅玉公の方針では、オシーリオンの砂漠の国への探検家だけではなく、無数の学者、民間の収集家、パスファインダー協会のような特に興味を持つグループと内海を渡った全てから財政的な利益を引き付けた。中小の産業が訪問してくる探検家をサポートするために現れ、大きな基盤が海外の投資家とトレーダーに貢献するために生まれた。主要な聖地を開くことは、全体として、地方地域のために、そしてオシーリオンに好況を告げた。
 アドベンチャー・パスはPCの船が難破したり、特別な式典に出席するところから開始しないため、君と君のグループは君のPCがどのように集まり冒険を開始するかについて決定する必要がある。おそらく彼らはオシーリオンで打ち負かすことを決めた子供のころの仲間だっただろう。おそらくPCはオシーリオンに到着するとソシスで逢い、一緒に冒険を分かち合うことに決めた。PCには外国の探検家よりも大きなオシーリオンの宝に対する権利があることをワチの地元民から感じる可能性がある。PCが冒険する一団となることに決めた理由がどうであれ、全てのPCはワチで集まり、熱心に宝くじの割り当てを待っている。
 ワチの競争は激しく、多くの商人やその他の人々の流入を利用するために見るものとして、共同墓地での運と技術を試すために他の冒険している一団の多数は死霊都市へと旅をした。他の冒険しているパーティの各々のは競争している間に注目させるのを助けるために、味わい深い名前がある。君のパーティは自身で話さなければならず、冒険しているパーティに適当な名前をつけなければならない。冒険者パーティの名前は喚起されなければならず、パーティの準備の強さで遊ぶ。時折パーティには明確なリーダーがおり、冒険中のパーティは彼または彼女の名前をグループの名前に採用する。Pathfinder RPG GameMastery Guideの99ページにあるTable 4~8は冒険するパーティの名前を作ることを助けるための生成機となるだろう。もしくは幾つかの提案が上記の補足説明で提供される(注:下記参照)。良い冒険のパーティの名前として従事させるための名前の1つを選択する。

冒険者一団の名前

君たちのPCがグループで注目するために役立たせるための使うことができる冒険者のパーティのいくつかの提案を記している。
  • 勇敢なる侵略者 The Brave Raiders
  • 最後の休息の環 The Circle of the Final Rest
  • 鰐の顎 The Crocodile's Teeth
  • 塵の短剣 The Dust Diggers
  • 五つ剣 The Five Blades Company
  • 黄金の悪魔団 The Golden Devils
  • ジャスパーの胡狼 Jesper's Jackals
  • 小夜の囁き The Night Whispers
  • 短剣の輪 The Ring of Daggers
  • 鉄の蜘蛛団 The Steel Spiders

キャラクターチップス

 君はマミーズ・マスク・アドベンチャー・パスを開始しているが、どのようなキャラクターで遊ぶべきだろうか?オシーリオンに適応し、熱砂の砂漠の状況で成功する最高の人物を作る方法は何だろうか?以下のヒント、提案、キャラクター・オプションは君が探検すること――そして克服すること――にとアドベンチャー・パスで君と君のパーティを待ち受ける挑戦に完全に適しているキャラクターを作ることに役立つようになっている。以下の提案は徹底する必要はない、そしてこのキャンペーンで輝くことができる数多ものキャラクター・コンセプトがある。マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスのキャラクターに関する多くの議論のためにpaizo.comのmessageboardsを見て、君の経験をこのキャンペーンを遊んでいる他の人と共有してください。

アーキタイプとキャラクター・オプション

 大部分のマミーズ・マスク・アドベンチャー・パスは忘れれらた墓を調べ、罠と守り手から生存し、砂漠を冒険することを含んでいる。全てのクラスはアドベンチャー・パスにふさわしいが、一部のクラスはテーマに沿った適切なオプションがある。
 Pathfinder RPG Advanced Player's Guideにある以下のアーキタイプはこのアドベンチャー・パスにとって良い選択である:学究(バード)、破壊者(バーバリアン)、夜盗(ローグ)、砂漠ドルイド(ドルイド)、エレメンタルの血族(バーバリアン)、蛇のシャーマン(ドルイド)、罠師(ローグ)、不死者懲罰官(パラディン)。
 Pathfinder RPG Ultimate Combatには考古学者とデルウィーシュの踊り手のバードのアーキタイプがある。両方ともこのキャンペーンに良いものである。
 このアドベンチャー・パスのための最も良いプレイヤーのためのリソースの1つは Pathfinder Player Companion: People of the Sandsであり、これは、オシーリオンでの冒険のために強いテーマのある上級クラスを含んでいる――living monolithを。それは、砂漠を探索するため良くに導く、Thuvian alchemistの上級クラスとelementalistのオラクルのアーキタイプ、役立ついくつもの特徴を含んでいる。
 Pathfinder Campaign Setting: Inner Sea Magicはcrypt breaker(アルケミスト)とDawnflower dervish(バード)のアーキタイプを含み、これらはこのアドベンチャー・パスの強烈な選択肢である。
 Pathfinder Player Companion: Dungeoneer's Handbookはtrap breaker(アルケミスト)とterra-cotta monk(モンク)のアーキタイプを提供し、このキャンペーンでもうまく機能する。
 Pathfinder RPG Ultimate Magicの動物の地形の領域の新しいルールを使用してキャラクターをプレイしたいならば、その本は砂漠の領域を含み、Pathfinder Player Companion: Faiths & Philosophiesはオシーリオンの砂漠と川に沿って生きているドルイドに合ったcrocodileとvultureの両方の領域を含む。
 キャラクターがマミーズ・マスク・アドベンチャー・パスの中にPathfinder Societyとの強い関係を持ちたいならば、lore warden(ファイター)やseeker(オラクルまたはソーサラー)のようなアーキタイプを選択することができ、ともにPathfinder Campaign Setting: Pathfinder Society Field Guideに収録されている。

血脈と神秘

 多くの血脈が良い選択である一方で、マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスのソーサラーは彼らのキャラクターをオシーリオンのテーマにはめ込めるように運命の子か不死の者の血脈を選択することができる。Pathfinder RPG Advanced Race Guideの人間のみ使用できる皇族の血脈はオシーリオンのファラオの1人の決闘を主張するキャラクターに好都合である。キャラクターがgeniekindと関係があり、北部ガルーンドの砂漠を望むならば、Ultimate Magicのジン、イフリート、マーリド、シャイタンの血脈を選択することができるだろう。
 マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスのテーマに最も強い繋がりのあるオラクルの神秘は祖霊、骨、伝承の神秘である。

使い魔と動物の相棒

 以下の使い魔はオシーリオンでウィザードに仕えるのを一般的に発見できる:バット、キャット、ドワーフ・カイマン、フォックス、ジャイアント・フリー、ゴート、グリーンスティング・スコーピオン、ホーク、ハウス・センチピード、リザード、マングース、モンキー、アウル、ラビット、レイヴン、スカーレット・スパイダー、ヴァイパー。
 以下の動物の相棒はオシーリオンの中で見つけることができる:バブーン、バード、キャメル、キャット(ビッグとスモール)、クロコダイル、ダイア・バット、ダイア・ラット、ドッグ、ジャイアント・トータス、ジャイアント・ヴァルチャー、ジラフ、ヒポポタマス、ホース、ハイエナ、リザード(モニター)、オーストリッチ、ポニー、ピグミー・ヒポポタマス、ロック、スネーク(ヴァイパー)。

得意な敵と得意な地形

 マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスの大部分の行動は、都市の環境、砕けた廃墟、広大な砂漠で行われる。得意な地形の良い選択は、砂漠、都市、寒冷地、地下を含む。得意な敵の強烈な選択は、人造、人型生物(人間)、魔獣、来訪者(エレメンタル)、アンデッドである。

出身

 マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスでは、君のキャラクターがどこから来たかについては重要ではない。組は何千もの外国からの冒険者がその土地に流入するのを見てきた。多くはカタペシュ、スーヴィア、大ムワンギの国境を越えてきた一方で、他の者はウースタラヴ、河川諸王国、リノーム諸王の地からさえも遠くから来た。このアドベンチャー・パスのキャラクターがオシーリオンの生まれで、彼らの国の栄光をよみがえらせるための運動に参加していることも非常に好ましい。

言語

 多くのオシーリオンが共通語と話すが、彼らも自国のオシーリオン語を話す。アクセントが異なるが、しばしばどちらか一方を話す人々がほとんど困難に遭遇しない現代のオシーリオン語を十分類似している古代オシーリオン語を多くの教養あるオシーリオン人も話す。数百年のケレッシュ人の支配のあと、ケレッシュ語の使用において成長したが、今日一部では話されている。しかしほとんどの墓と廃墟はこの言語で書かれているメッセージはない。

種族

 大部分のオシーリオンの市民が人間である一方で他の種族も国と呼ぶ。人間のうち、ほとんどがガルーンド人で、2番目に人口が多い民族がケレッシュ人である。オシーリオンの国境を外国の探索者に開いてから、タルドール人、シェリアックス人、他のアヴィスタンの民族が国内に流入した。オシーリオンも土着のPahmet dwarvesのかなりの人口を含んでいる。時折サンド・ドワーフと呼ばれるこれらのドワーフは国の南側国境線上にあるブレイゼン連峰の小さなコミュニティに住んでいる。
 オシーリオンの都市はかなりの人口のハーフリングを含み、古代のファラオに長く仕えた。今日までそうしている者もいる。エルフ、ハーフエルフ、ハーフオークはオシーリオンの少数民族であるが、冒険と探索の精神は多くを国へと彼らを連れてくる。ジンニーとエレメンタルは深い砂漠で見つかり、これらのgeniekindの種族はオシーリオンを通じて見つけることができる。ガルーンド人、ケレッシュ人、Pahmetに関する詳細な情報はPeople of the Sandsにある。geniekindに関する基本的な情報はPathfinder Player Companion: Blood of the Elementsから利用できる。

宗教

 一般的に、オシーリオンの人々は法と信条に専念し、秩序の神の崇拝を支持する。しかしこれは排他的な選択肢ではない。以下はオシーリオンの人々にとって最も崇拝されている神である。
 アーバダー:オシーリオンは常に規則の強い国であり、偉大な帝国と社会はオシーリオンの法律のもと建国された。ゆえに、アーバダーの崇拝はオシーリオンでは人気があり、原初の宝物庫の主の寺院の多くはオシーリオンを通じて都市や町で見つかる。
 ネサス:万物を見る目はオシーリオンを建国するのに尽力し、そして多くの人々はネサスが国を支援した神であると考える。彼の忠実な支持者はオシーリオン全体でネサスに捧げられる多くの寺院を設立した。
 イローリ:知識と自己完全を主な活動として、イローリはオシーリオンの一部で崇拝されているが、しかし彼の寺院はほとんどない。
 ファラズマ:死の女神として、ファラズマの教会はオシーリオンの人々にとって重要である。素晴らしい墓は彼の名誉によって平替え、国で最も大きな協会のいくつかは墓所の貴婦人のものである。ワチの都市はその再生をファラズマの境界に負わせている。災害が人口を減少させた後、都市はほぼ放棄された。ファラズマの偉大な神官の到着まで保存されているだけであった。偉大な神官は都市のおよそ半分を覆う壁の建設を発注した。そして彼と彼の神官は都市の死者のために共同墓地として地域を奉献した。現在ファラズマの壮大な霊廟はワチの中央に顕著にそびえ立つ。
 サーレンレイ:ケレッシュの帝国にとって信仰された後オシーリオンの人々はケレッシュの神を崇拝することをまず嫌った。しかし時間とともにサーレンレイの崇拝は一般的な物となった。わずかではあるが、暁の華を専門とする少数の寺院はオシーリオンで見つけることができる。
 悪の神:マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスが悪の神を崇拝しているPCのためではないが、彼らの崇拝はオシーリオンの地では確かに起こっている最も一般的にモンスターと人型生物に崇拝されている神はラマーシュトゥ、ノルゴーバー、ロヴァググである。

技能と特技

 このアドベンチャー・パスでは他のものより効果を発揮するような一つの技能もないので、PCは一般的に探索に役立つような技能を選ばなければならない――物理的な探索のものと、探索の知識の両方を。技能は〈登攀〉〈交渉〉〈知識:ダンジョン探検〉〈知識:歴史〉〈知識:地域〉〈知識:貴族〉〈知識:宗教〉〈知覚〉〈生存〉はランクを得ると役に立つ技能である。
 利用できる特技の量にもかかわらず、1つの特技も特にこのアドベンチャー・パスのための強い選択しとしては目立たない。People of the Sandsは特に土地の歴史に名高い歴史を知っているこのアドベンチャー・パスを通じて遊んでいるプレイヤー・キャラクターのために貴重な《Osirionology》と呼ばれる特技を特徴としていると言われている。

特徴

 このプレイヤーズ・ガイド(並びにPeople of the Sands)にあるキャンペーン特徴に加え多くの他の特徴はマミーズ・マスク・アドベンチャー・パスのキャラクターに適している。〔antiquities smuggler〕、〔desert nomad〕、〔Osirionologist〕のような他のテーマのある特徴のためにPathfinder Player Companion: Inner Sea Primerをチェックせよ。

仕事のためのベストな装備

 北部ガルーンドの地で使われる装備は涼しく温暖な気候で使われており、それとはわずかに異なる。
 オシーリオンの人々は砂漠の灼熱に対処するために軽い鎧を好む。これはブレストプレートとフル・プレートが利用できないということを言っておらず、単に珍しいだけである。オシーリオン人は軽装鎧としてレザー・アーマーかパデッド・アーマーを着、より堅牢な防御のためにチェインメイル、スケイル・メイル、ラメラー・アーマーを採用することを好む。アヴィスタンで使用されるものより軽い鎧の使用のために、オシーリオン人は戦いにおいて彼らの防御力を増すためにシールドをしばしば使用する。
 スピアはオシーリオンで人気の武器で、大きなブレードのある武器を使う人はファルシオン、コピシュ、シミターを使用する。その武器がファラオの間で支配の象徴であったため、多くの戦闘員はフレイルを使用する。多くのオシーリオン人はベルトにひどく曲がったダガーを下げているが、そのほとんどは戦闘や防御では用いられない。
 People of the Sandsで見られる砂漠特有の装備に加え、冒険者は Pathfinder RPG Ultimate Equipmentにある以下の基本的な装備の一部を考慮しなければならない。個々のアイテムのいくつかは高価な錬金術のアイテムであるが、以下の表上の多くの装備はキャラクターを開始する時点で入手可能であり、Inner Seaを渡った熟練した探検家はこれらの効果を信じ切っている。

装備 ページ
錬金術師の火 106
耐毒剤 100
地域地図 58
投光式ランタン 60
燭光棒 61
チョーク 62
冷感クリーム 103
折り畳み式厚板 62
かなてこ 63
ダンジョン探検用具 63
消えずの松明 63
耐火ジェル 100
折り畳み式の梯子 65
折り畳み式の棒 65
ひっかけ鉤 65
聖水 107
覆い付きランタン 67
砂漠装束 89
ランプ 67
虫眼鏡 67
69
ロープ 70
絹のロープ 72
洞窟探検用具 72
松明 74

ワチを一瞥

 マミーズ・マスク・アドベンチャー・パスはワチの都市から始まる。多くから半分の町と呼ばれるワチは2つの世界を分けている――生者と死者のそれを。ラマーシュトゥのカルトによって排出された恐ろしい疫病のあと、ワチの人口の半分は滅び、都市は大部分を放棄した。およそ500年後に、都市はファラズマの教会で救済を見つけた。ファラズマの聖職者、Nefru Shepsesは、疫病に冒された人々の体を回復させる間、ワチに来てLady of Gravesに無償で寺院を建設し始めた。何千もの死体は適当な埋葬を与えられ、Nefru Shepsesは都市の半分の周りで壁の建設を命じ、そして、彼らは倒れた一般市民を埋葬する大きな共同墓地に変わった。
 都市を奉献することをそれを守り、ここ数千年の間、ワチの人口は疫病の前にいたことを上回った。今日、都市は副葬品の一番の作成者とオシーリオンの埋葬品の練習に関連した他のサービスである。埋葬品に対するこの関心とファラズマのGrand Mausoleumの存在は毎年何千もの巡礼者と訪問客を引き入れる。
 小さな都市として、ワチは7000以上の人口を持ち、殆どはガルーンド人とケレッシュ人の人間である。2番目に最も多い人種の人口は、ハーフリングで、ドワーフとハーフエルフである。
 Grand Mausoleumは都市を支配し、他の神が見受けられるが、ファラズマの信仰は都市で簡単に最も顕著である。Sanctum of Silver and Goldのアーダバーを専門とし、2匹の古代のオシーリオンの神、Wadjetとアヌビスを専門とする2つの小さな聖地は都市で見つかる。
 Sunburst Marketで彼らのコインを使う冒険と何千もの他のアイテムのめに、訪問客は装備を見つけることができる。見ている人々または集まっている情報に関わりたい冒険者と人々とは、Tooth & HookahとWhispering Stoneの両方共人気の飲酒の機関に目を向けなければならない。
 君のキャラクターがワチであるならば、君が都市について合理的に知っている情報の範囲について、君のGMに語る。ワチの標準サイズのgazetteerのPathfinder Adventure Path #79: The Half-Dead Cityにある。

管区

 以下にあることはワチを占める様々な地区のざっとした説明である。
 アスプ/Asp:この主に住宅地区はRiver Sphinxから最も遠い都市の地域である。最後の数百年の都市の増加の多くはこの地区であった。
 バーゲッタウン/Bargetown:この地区はワチの都市で最も貧困層である。ここは多くのはしけに浮かび、川で上下に動く半永久的な地区を形成している。ここで生活する人々の多くは、釣りをする川からお件を設け、多くは密輸を通じて彼らの路銀を稼ぐ。バーゲッタウンは汚く危険であり、十分危険であるようにみえるならば、冒険者はそれで売り物の珍しいか違法なアイテムを見つけることができる。
 ミッドワイフ/Midwife:ワチの中央地区は都市の寺院と市場、職人、官公庁を収容している。ここの最大の建物はGrand Mausoleumであり、残りの地区の上に漂っている。
 モーニング・サン/Morning Sun:この地区は、ワチで最も古く永久的に居住している部分と、その最も古い一族の本拠地である――都市を道びちいた多くの一族の。この地区は金持ちの場所からなり、強力である。
 アウター・ファーム/Outer Farms:ワチの外では、大半の都市の食品、例えばにんにく、タマネギ、キャベツ、キュウリ、亜麻、メロン、雑穀、ザクロ、ナツメヤシ、ゴート、チキンを生産する農場の多くがある。
 ヴェイン/The Veins:これは、ワチの港地区と小売商と労働者の場所である。運河と裏通りは地区と交差している。
 ネクロポリス/Necropolis:ファラズマのシンボルと死の他の神で飾られる高い石垣に囲まれたワチの共同墓地は都市の大きな部分の上部に広がっている。色あせたスナップショットのように見える。ネクロポリスの石の建造物は、店、家や不動産のように見えるが、現在は全て墓として用いられる。通りはホコリまみれであり、砂は建物の壁に積もっている。場所が神聖になっているが、怪物とアンデッドの憎悪が荒れた通りに広がっていると人々は囁いている。

詳細を知りたい場合は?

 幾つかの本は君のマミーズ・マスク・アドベンチャー・パスに隠し味をつけることに役立つ。必要ないならば、キャンペーンを通して遊ぶ経験を大いに強化することのできる他のソースは以下に記載されている。

ゲーム・マスター用

 オシーリオン、その住人、危険性に関する詳細は Pathfinder Campaign Setting: Osirion, Legacy of Pharaohsを参照せよ。
 アドベンチャー・パス中に見つかる魔法補アイテムのためのハンドアウトを提供したいゲームマスターのために、Pathfinder Cards: Mummy's Mask Item Cardsを使うことができる。
 本の一部を隠す必要なくアドベンチャー・パス中の対面したNPCをプレイヤーに見せたい場合、GMはPathfinder Cards: Mummy's Mask Face Cardsを使うことができる。
砂漠での遭遇を視覚化するためにPathfinder Flip-Map: Desert Ruinsを使用できる。

プレイヤー用

 北部ガルーンドの砂漠地帯からキャラクターを遊ぶことへの詳細はPathfinder Player Companion: People of the Sandsを参照せよ。
 オシーリオンの墓のアンデッドの守護者と向き合うことが効果的とプレイヤーが見るなら、Pathfinder Player Companion: Undead Slayer's Handbookを参照する。
 探索がこのアドベンチャー・パスの一部の強いものとして、 Pathfinder Player Companion: Dungeoneer's Handbookは全ての種類のダンジョン探検のキャラクターのための新しいルールを提供するために何かと便利である。

キャンペーン特徴

 これらのキャンペーン特徴はキャラクターをマミーズ・マスク・アドベンチャー・パスに結び付け、そしてそれはオシーリオンの国でワチの都市から開始する。このキャンペーンのために作られるキャラクターは古代のこの国と若干繋がりがなければならない――地元の人として、または古代オシーリオンの歴史と神秘を調査したがっている最近やってきた外国人であるかどうかに関わらず。これらの特徴はキャラクターがワチにいる理由を与え、このキャンペーンを通じて冒険することに完全に適したキャラクターを作ることをプレイヤーに手助けするために作られている。
 〔ファラオの血〕/Blood of Pharaohs:遥か昔、君の祖先の一人はオシーリオンの地を支配していた。君の代では多くの世代が過ぎ受け継いだ血統を誇りに思うのも難しいが、その血は今も君の身体の中を巡っている。ひょっとしたら君は、ワチの死霊都市の墓にある血筋に誇りを持っているかもしれない。君は意志セーヴに+1の特徴ボーナスを得る。また、君は〈知識:貴族〉判定に+1の特徴ボーナスを得、この技能は常に君のクラス技能として扱われる。加えて、君はボーナス言語として古代オシーリオン語を選択してもよい。
 〔古代神への帰依者〕/Devotee of the Old Gods:オシーリオンには8,000年を超える歴史がある。現代のオシーリオンで信仰される神格は、古代オシーリオンの全盛期に信仰されていた者と同じではない――アヌビス、オシリス、ラー、セトといった神格などだ。しかし君の家族は祖先の信仰を決して失ったことはない。古代オシーリオンの神格の一柱に対する信仰は、かつて存在したオシーリオンの記憶――誰にも触れられていないワチの死霊都市で、今も続いている過去――を保つ助けとなっている。君は〈知識:歴史〉および〈知識:宗教〉判定に+1の特徴ボーナスを得、これらの技能のいずれか一つは常に君のクラス技能として扱われる。加えて、オシーリオンの古代神に対する信仰は、君に信仰魔法に対するセーヴに+1の特徴ボーナスを与えてくれる。古代オシーリオンの神々に対するさらなる情報は、Pathfinder Adventure Path #80: Empty Gravesを参照のこと。
 〔墓暴きに惹かれて〕/Foreign Opportunist:君はオシーリオン生まれではないが、古代オシーリオンの墓を探索する機会――そしてその中にある財宝の「解放」――はあまりに素晴らしく、看過することはできなかった。君がこの地の歴史に興味があるかはともかく、君は千年王国の薄汚れた墓――例えば、ワチの死霊都市で新たに暴かれた墓などだ――に眠る財宝に、どうしようもなく惹かれている。君は〈鑑定〉判定に+2の特徴ボーナスを得、この技能は常にクラス技能として扱われる。加えて、君はアンティーク市場につながりがあり、古代オシーリオンの財宝を売却する際、通常の50%ではなく市価の60%で売却することができる。古代オシーリオンの財宝が何かについては、GMの判断に基づく。
 〔探求好きの考古学者〕/Inquisitive Archaeologist:君は内海地域の国々の建造手法について学んだが、古代オシーリオンの建造物ほどには引きつけられるものはなかった。有名なワチの死霊都市が探索のためについに解放されたと耳にして、君は古代オシーリオンの館を建造物を直接経験するために、この都市へと訪れることにした。君は〈知識:工学〉判定に+2の特徴ボーナスを得、この技能は常にクラス技能として扱われる。加えて、君は古代オシーリオン様式の建造物に設置された隠し扉を発見するために行う〈知覚〉判定に+2の特徴ボーナスを得る。
 〔ミイラの呪い〕/Mummy-Cursed:君の祖先の一人は、古代の墓を探索している間にミイラの呪いに触れた。この呪いは君の家系の後代にまで伝わったが、時を経てこの呪いにずっと抵抗できるようになった。君は触れられていない死霊都市を探索するためにワチに訪れた。君は本当のアンデッド、マミーに出会う必要が無ければいいなと思う一方で、そうなったなら少なくともいくらかは自分の身を守れるだろう。君は呪いや呪いの効果(ミイラ腐敗病や[呪い]補足説明を持つ呪文)に対するセーヴィング・スローに+2の特徴ボーナスを得る。また、ミイラの絶望のオーラに対するセーヴィング・スローにも+2の特徴ボーナスを得る。
 〔復活した者〕/Resurrected:最近ある時に君は死んだが、息を吹き返した――それは魔法によるものか、神の祝福か、君が満たさねばならない運命によるものか、ひょっとしたらまだ死ぬべき時ではなかっただけかもしれない。その復活の本質に関わらず、この経験により君は死に魅了された。ワチの有名な死霊都市の墓を探索することで、死すべき定めの中にある閃きを見いだせることを君は願っている。君は[即死]効果に対するセーヴィング・スローに+2の特徴ボーナスを得る。加えて、君はヒット・ポイントの負の値が自分の【耐久力】値+4以下になるまで死亡しない。
 〔スフィンクスの謎かけ屋〕/Sphinx Riddler:君はいつもスフィンクスの古代種に魅了されている。彼らのおかげで君はパズルと謎かけを愛するようになり、難しい二律背反を解決することを楽しむようになった。他の多くの人のように、君は古代の死霊都市を探索するためにワチに訪れた。しかしあるスフィンクスに出向くために、時々スフィンクスが訪れると耳にしたのだ――ひょっとしたら、君自身がスフィンクスに会って話せるチャンスかもしれないぞ! 君はスフィンクスに対する〈はったり〉および〈交渉〉判定に+1の特徴ボーナスを得、パズルや謎解きを解読するために行う技能判定に+1の特徴ボーナスを得る。加えて、君はスフィンクス語をボーナス言語に加える事ができる。
 〔罠を見破るもの〕/Trap Finder:忘れられたダンジョンや古代の墓は、いつだって君に撮って魅力的だ。知識や財宝を探して失われた場所を探索するという熱狂に、君は全く抵抗できたことはない。悪党の技に対する正式な訓練を受けたことはないかもしれないが、それでも君は視認し隠された罠を破る事に熟達するようになった。ワチの死霊都市の墓は探索のために開かれ、棄民の技術を試すには完璧な場所に思える。君は〈装置無力化〉判定に+1のボーナスを得、この技能は常にクラス技能として扱われる。加えて、君は〈装置無力化〉を使用して、ローグのように魔法の罠を解除することができる。
 〔アンデッド十字軍〕/Undead Crusader:君は自分の人生を、ゴラリオンからアンデッドの脅威を取り去ることに向けている。君は数え入れない時間をアンデッドの異なる種類を学ぶことに費やし、奴らを打ち倒す最適の手段を終わることなく学びながら訓練してきた。どんなアンデッド・クリーチャーがワチの死霊都市にある墓から出てきたとしても、君は奴らに対応する手段がある! 君はアンデッド・クリーチャーに対するダメージ・ロールに+1の特徴ボーナスを得る。加えて、君は〈知識:宗教〉判定に+1の特徴ボーナスを得、この技能は常にクラス技能として扱われる。
 〔ワチ生まれ〕/Wati Native:君は生まれも育ちもワチの街だ。君はこの街の通りも秘密もよく知っている。この街の権力者がこの街に眉をひそめる。しかし君は幾度かの機会を得て、薄暗く放棄された通りを彷徨いながら、死霊都市の中へと忍び込んだことがある。死んだ奴を尊敬することもなく、君は死霊都市の静かな都市の一つに実際に入ったことはないが、その内側に眠っているかもしれない恐怖はない。君は[恐怖]効果に対するセーヴに+2の特徴ボーナスを得る。加えて、君の待ちに対する知識のために、君は〈知識:地域〉判定に+1のボーナスを得、この技能は常にクラス技能として扱われる。

環境への考慮点

 オシーリオンのような熱砂の砂漠気候を訪れるとき、旅人は彼らが出くわすかもしれない極端な状況を心に留めておかなければならない。正しい衣類を着て、たくさんの水を持ち、以下の環境への危険性に考慮する。これらは迅速かつ簡単な参照を提供するためにここで示されるが、これらのルールはPathfinder RPG Core Rulebookにもある。

熱さ

 熱はキャラクターが冷やされるまで回復できない非致傷ダメージを与える(日陰に行く、夜まで生き延びる、水に落とされる、エンデュア・エレメンツの対象となるなど)。キャラクターがヒット・ポイントの合計に等しい非致傷ダメージを受けると、熱の環境から受ける更なるダメージをは致傷ダメージとなる。
 非常に熱い状態(90° Fを超える)にいるキャラクターは、1時間に1回頑健セーヴを行うか(DC 15、前回の判定に+1する)、1d4ポイントの非致傷ダメージを受けなければならない。重装鎧を着ているキャラクターはこれらのセーヴに-4のペナルティを受ける。〈生存〉を持つキャラクターはこのセーヴに関してボーナスを得るかもしれず、同様にほかのキャラクターへこのボーナスを適用することができるかもしれない(技能の詳細を参照せよ)。気絶まで陥ったキャラクターは致傷ダメージを受ける(毎時1d4ポイント)。
 非常に猛烈に熱い状態(110° Fを超える)にいるキャラクターは、10分に1回頑健セーヴを行うか(DC 15、前回の判定に+1する)、1d4ポイントの非致傷ダメージを受けなければならない。重装鎧を着ているキャラクターはこれらのセーヴに-4のペナルティを受ける。〈生存〉を持つキャラクターはこのセーヴに関してボーナスを得るかもしれず、同様にほかのキャラクターへこのボーナスを適用することができるかもしれない(技能の使用の〈生存〉技能を参照せよ)。気絶まで陥ったキャラクターは致傷ダメージを受ける(10分間毎に1d4ポイント)。
 熱に晒されていることから非致傷ダメージを受けるキャラクターは熱射病を患い、疲労状態となる。キャラクターが熱から彼女が受けた非致傷ダメージから回復するときこのペナルティは終了する。
 極度な熱(気温が40° Fを超えるような)は致傷ダメージを与える。このような気温の空気中を呼吸することは毎分1d6ポイントの[火]ダメージを与える(セーヴ無し)。加えて、キャラクターは5分毎に頑健セーヴを行うか(DC 15、前回の判定に+1する)、1d4ポイントの非致傷ダメージを受けなければならない。重装鎧を着ているキャラクターはこれらのセーヴに-4のペナルティを受ける。

飢えと渇き

 キャラクターは食料または水が尽きるかもしれなく、多くを得る手段がないかもしれない。通常の機構で、中型のクリーチャーは飢餓を避けるために、少なくとも1ガロンの液体と1ポンドの適切な食料を必要とする(小型のクリーチャー箱の半分を必要とする)。非常に暑い気候では脱水症状を避けるために2倍から3倍を必要とする。
 キャラクターは1日+彼の【耐久力】値に等しい時間を水なしで過ごすことができる。この時間以降、キャラクターは1時間毎に【耐久力】判定を行うか(DC 10、前回の判定に+1する)、1d6ポイントの非致傷ダメージを受けなくてはならない。キャラクターは最大ヒット・ポイントに等しい非致傷ダメージを受けると、代わりに致傷ダメージを受け始める。
 キャラクターは1日+彼の【耐久力】値に等しい時間を水なしで過ごすことができる。キャラクターは1時間毎に【耐久力】判定を行うか(DC 10、前回の判定に+1する)、1d6ポイントの非致傷ダメージを受けなくてはならない。キャラクターは最大ヒット・ポイントに等しい非致傷ダメージを受けると、代わりに致傷ダメージを受け始める。
 食料または水がないために非致傷ダメージを受けたキャラクターは疲労状態となる。必要に応じて、キャラクターが食料または水を得るまで渇きまたは飢えからの非致傷ダメージは回復することはない――ヒット・ポイントを回復する魔法はこのダメージを治癒できない。

砂漠での隠密と発見

 一般的に地殻の他人の存在を見つけるための〈知覚〉判定が成功できる砂漠の地形は最大6d6 × 20フィートである;この距離は立体では代わり、暖かい砂漠での蜃気楼によって視界による〈知覚〉判定を不可能にする。砂漠の砂丘の存在は発見するための距離を6d6 × 10フィートに資源する。下生えほかの隠蔽や遮蔽を提供するほかの要素の不足は〈隠密〉判定を困難にする。

 降雨(または塵)の複合的な効果と全ての嵐を伴うような風は視線を4分の3減少させ、〈知覚〉判定に-8のペナルティを課す。煙は、遠隔武器攻撃を不可能とし、攻城兵器を使用した攻撃ロールに-4のペナルティを与える。それは、ろうそく、松明、類似した守られていない炎を自動的に消す。ランタンのような保護された炎を激しく揺らし、これらの明かりを消す可能性が50%ある。そのような嵐の間保護なしで外を出るクリーチャー捉えることを起こす可能性はCore Rulebookの439ページにある表13-10:Wind Effectsを参照せよ。嵐は以下の3つの種類にわけられる。
 砂塵嵐/Dust Storm (CR 3):彼らは降水がないという点で、これらの砂塵嵐とは他の嵐と異なる。その代わり、砂塵嵐は、視線を隠し、無防備な炎を消し、守られた炎を消す可能性のある(50%のチャンス)砂の粒子を吹き付ける。大部分の砂塵嵐は厳しい風を伴い、1d6インチの砂を埋没させる。より大きな砂塵嵐が防風の大きさの風を伴う可能性が10%ある(Core Rulebookの439ページのTable 13‐10:Wind Effectsを参照せよ)。これらの大きな砂塵嵐は保護なしで開かれている者に1d3ポイントの非致傷ダメージを与え、窒息の危険をもたらす(溺死を参照するが、口や鼻をスカーフや類似したもので覆っているキャラクターは10+彼女の【耐久力】値に等しいラウンド数後に窒息し始めない)。より大きな砂塵嵐は2d3-1フィートの細かい砂を残す。
 砂嵐/Sandstorms:砂嵐は視界を1d10×5フィートに下げ、〈知覚〉に-4のペナルティを受ける。砂嵐は外から捉えるキャラクターに毎時1d3ポイントの非致傷ダメージを与え、砂の細かい跡を残す駆動する砂は最も安全な封と縫い目を通って忍びこみ、皮膚をすりむき、持ち運んでいる装備を汚染する。

気温

 地域の温度は心地よく温かいものから耐えられないほど熱いものまである。
 熱波:気温が+10° F上昇する。
 熱い:日中は85°Fから110°Fの間で、夜間は10から20°F下がる。
 温かい:日中は60°Fから85°Fの間で、夜間は10から20°F下がる。

探査

 キャンペーンの後半では、PCはオシーリオンの砂漠の地域を探検する機会がある。Parched Dunesを探検している間、君の進展を追うために、以下のページでブランクのヘックスの地図のコピーを使う。君が探検するため、君が適当と考える地形の機能、川、場所、他の発見を招く。各々のヘックスの底面は君がどのヘックスを完全に調査したかについてトラッキングするのに用いられ(単にヘックスによって歩くことは探検することとされない――君が完全にヘックスを探索する必要が有るかどうかというガイドラインが君のGMにはある)。この探索の詳細についてはPathfinder Adventure Path #81: Shifting SandsとPathfinder Adventure Path #82: Secrets of the Sphinxを参照する。