念能 > クラス > サイオン > 念能分野

念能分野 Psionic Disciplines

 分野は6つの念力のグループのうちの1つであり、それぞれ共通のテーマが定められている。6つの分野は超知覚、具象化、念動、超代謝、観念移動、精神感応である。サイオンが分野に特化することを選択した場合、特殊な利益を得るが、ジェネラリストとなることを選択した場合は独自の利益を得る。
 特定の分野のサイオンは、その分野にさらに焦点を当てて研究を進めることができる。高度な分野を選択したサイオンはその分野の全ての通常の利益を得るが、高度な分野は高度な分野によって得られた1つ以上の能力を変更する。サイオンは自身の高度な分野に関連するすべての置き換えた能力を得なければならない。1度高度な分野を選択すると変更はできない。

超知覚 Clairsentience

超感覚の分野/Clairsentience Discipline
 超感覚の分野を選択するサイオンはシアーとして知られている。シアーは多方面で情報を集めることができる念力だけでなく、戦闘において味方を助けるための認識力を学ぶ。
 分野の才能(擬念)/Discipline Talents 次のリストから2つの念力を選択する:コール・トゥ・マインドディステニー・ディソナンスノウ・ダイレクション・アンド・ロケーションオフェンシヴ・プレコグニション
 念能収束を維持している限り、念力ポイントのコストを費やすことなく選択した念力のいずれかを発現することができるが、その念力は増強や念力修正特技の影響を受けることはできない。コール・トゥ・マインドからの状況ボーナスは+2に減少し、ディステニー・ディソナンスの持続時間は2サイオン・レベルごとに1ラウンドとなり、オフェンシヴ・プレコグニションの持続時間は1サイオン・レベルごとに1ラウンドとなる。
 情報奪取(超常)/Recovered Information 2レベルの時点で、念能収束を維持する限り、君が発現した超知覚の念力対するセーヴに誰かが成功したとき、
目標が現在有効な念能の効果を(あるならば)1つ学ぶことができる。君が発現する超知覚の念力に対するセーヴが各々成功するたび、目標が現在有効な別の念能の効果(あるならば)に関する情報が転送される。君が今知らない目標に効果のある念能の力がない場合、君はアイテムを識別するかのようにクリーチャーが所有する1つの念能のアイテムに関する情報を得る。この効果はアーティファクトの譲歩をは得られない。君が得るセーヴ毎の念能の効果やアイテムの数は以降の4サイオン・レベルごとに1つずつ増加する。
 波の変更(超常)/Alter the Waves 8レベルの時点で、各日君が念力ポイントを回復するために瞑想をするとき、任意の1つのダイスローうに使うことができる+3の洞察ボーナスを得る。以降2サイオン・レベルごとに、この能力は1日毎の追加の使用回数を得、この洞察ボーナスは1ずつ増加する。
 繋がりを見る(超常)/Seeing the Connections 14レベルの時点で、1日1回、自動的に魔法のアイテムや、魔法のオーラ、呪文や念力の効果を特定することができる。加えて、念視されている場合、割込アクションとしてこの念力の1日の使用回数を費やすことで、年始の試みを妨害し、代わりに君を目標としたものと同じ効果を使って効果の元の使用者を念視することができる。この能力に念力ポイントのコストを費やす必要はないが、試みを妨害するために元の発信者はセーヴを行うことができる(念視の元の試みと同じDCで)。この能力はアーティファクトには機能しない。
 永遠への予知(超常)/Perpetual Foresight 20レベルの時点で、様々な可能性を予見する君の能力は君を魅了した。d20ロールを行うとき、2回目のロールを行うために割込アクションとして念能収束を拡張することができる。2つ目のロールの結果を選択するためには修正されていないダイス・ロール分の念力ポイントを費やす必要がある。

ジェネラリスト Generalist

ジェネラリストのサイオン
 念能の研究においてより一般的なままでいることを選択したサイオンはジェネラリストとして知られている。彼らはそれぞれの分野が専門的なサイオンに与えるユニークな能力を得られないが、念力を広げユニークな方法でこれらを混在させる。
 分野の才能(擬念)/Discipline Talent 以下のリストから3つの念力を選択する:コール・トゥ・マインドキャットフォールクリエイト・サウンドファー・ハンドハンマーテレキネティック・ラッシュ
 念能収束を維持している限り、念力ポイントのコストを費やすことなく選択した念力のいずれかを発現することができるが、その念力は増強や念力修正特技の影響を受けることはできない。コール・トゥ・マインドの技量ボーナスは+2に減少する。キャットフォールの効果は20フィート落下するまでに短くなる。クリエイト・サウンドの持続時間は2サイオン・レベルごとに1ラウンドとなる(最小1ラウンド)。ハンマーのダメージは1d4に減少する。
 ボーナス特技/Bonus Feat 2レベルの時点と以降5サイオン・レベルごとに、ボーナス特技を得る。これは、念力修正特技、アイテム作成特技、《知識拡大》から選択しなければならない。必要条件となる最小発現者レベルを含むボーナス特技のための前提条件は依然として満たしていなければならない。これらのボーナス特技は、レベル増加から得られる特技に加えて得られる。通常の成長によって得られる特技を選択する際には、アイテム作成特技、念力修正特技、《知識拡大》の制限はない。
 念力抵抗突破(超常)/Breach Power Resistance 8レベルの時点で、念力を発現するとき、念力抵抗を克服するための判定に【知力】修正値を加えるために念能収束を拡張することができる。このボーナスは以降2サイオン・レベルごとに1ずつ増加する。
 二重発現(変則)/Double Manifest 14レベルの時点で1日1回、1つのアクションで2つの念力を発現することができるが、組み合わせた念力ポイントは君の発現者レベルを超えてはならず、2つの念力は異なる分野でなければならない。2つの念力は同じ発現時間でなければならなず、目標を持つ場合念力の目標は別にすることが可能である。
 精神の拡張(変則)/Expanded Mind 20レベルの時点で、念力ポイントを回復させるための瞑想を行う各日に、任意のクラス念力から念力を1つ選択し、1日の修得済み念力に加えることができる。この念力は君の修得済み念力の数には数えない。

具象化 Metacreativity

 具象化の分野 具象化を専門とするサイオンはシェイパーとして知られている。この分野はアストラル界からエクトプラズムを引き出す念力を含む半固体や固体の物体、鎧、武器、シェイパーの命令で戦闘する自律行動をする人造などアイテムを作り出す。
 分野の才能(擬念)/Discipline Talents 次のリストから2つの念力を選択する:クリエイト・サウンドクリスタル・シャードエクトプラズミック・クリエイションエンタングリング・エクトプラズム
 念能収束を維持している限り、念力ポイントのコストを費やすことなく選択した念力のいずれかを発現することができるが、その念力は増強や念力修正特技の影響を受けることはできない。クリエイト・サウンドエンタングリング・エクトプラズムの持続時間は2サイオン・レベルごとに1ラウンドとなる(最小1ラウンド)。エクトプラズミック・クリエイションは1時間残る。クリスタル・シャードのダメージは1d3に減少する。
 招来者の呼び声(変則)/Summoner’s Call 2レベルの時点で(創造)の副分野の念力を発現するときに念能収束を維持しているならば、持続時間は1+4サイオン・レベルごとに1ラウンド増加する。加えて、君のアストラル・コンストラクトは君が念力を発現するときに利用可能な最も高いレベルのメニューのオプションを追加で得る。
 エクトプラズムの防衛術(超常)/Ectoplasmic Protection 8レベルの時点で君の姿を覆うエクトプラズムのコートを得、これはサイオン・レベルごとに1ラウンドの視認困難を与える。これは1日に1回と、4サイオン・レベルごとに追加の1回だけ使用できる。
 エクトプラズムの巨匠(超常)/Maestro of Ectoplasm 14レベルの時点で、1日1回標準アクションとして、君はエクトプラズムそのものを取り出し様々な方法で使用できる。君はエクトプラズミック・シーン念力として、滑らかな部分を最大50平方フィート(10フィート四方)を覆うか(DC 10+サイオン・レベルの半分+【知力】修正値)、アストラル・コンストラクトで最大7レベルまでを作成するか、自分の裁量で分けるか(5レベル・アストラル・コンストラクトと2レベル・アストラル・コンストラクトや、1体の7レベル・アストラル・コンストラクトや、7体の1レベル・アストラル・コンストラクトなど)、メジャー・エクトプラズミック・クリエイションを発現したかのように物質を作成するか、アストラル・コンストラクトを最大30+サイオン・レベルごとに1ヒット・ポイントまで修復することができる。
 アストラル体の仲間(超常)/Astral Ally 20レベルの時点で、君のアストラル・コンストラクトの持続時間は永続化に変更することができる。君が別のアストラル・コンストラクト念力を永続化に指定した場合、直前の念力は直ちに終了する。

念動 Psychokinesis

 念動の分野 念動に特化したサイオンはキネティシストとして知られている。彼らは物体やエネルギーを操作し変化させる念力に熟達している。キネティシストは破壊的なエネルギーの爆発で攻撃することもできる。ほかのサイオンとは違い、キネティシストはキャラクターが選択した[冷気]、[電撃]、[火]、[音波]ダメージに特化した念力を選択することができ、念力を発現したときにダメージの種別を選択するオプションを得る。
 分野の才能(擬念)/Discipline Talents 次のリストから2つの念力を選択する:エネルギー・レイファー・ハンドフォース・スクリーンマイ・ライト
念能収束を維持している限り、念力ポイントのコストを費やすことなく選択した念力のいずれかを発現することができるが、その念力は増強や念力修正特技の影響を受けることはできない。エネルギー・レイのダメージは1d3に減少する。フォース・スクリーンの盾ボーナスは+2に減少する。マイ・ライトの持続時間は1ラウンド/レベルに減少する。
 念動投げ(超常)/Telekinetic Hurl 2レベルの時点で、念能収束を維持している限り、30フィートの敵に遠隔攻撃として、最大5ポンドまでの物体を念動的に投げつける能力を得る。この攻撃は力が働いており1d4ポイントのダメージを与える。このダメージは以降4サイオン・レベルごとに1d4ポイントずつ増加する。
 動力学のオーラ(超常)/Kinetic Aura 8レベルの時点で、ACに+1の反発ボーナスを得る。このボーナスは以降3レベルごとに+1ずつ増加する。
 エネルギーによる再充電(超常)/Energetic Recharge 14レベルの時点で、1日1回、[冷気]、[電撃]、[火]、[力場]、[音波]ダメージを受けた時、5ダメージを1念力ポイントの割合で、ダメージを念力ポイントに変換するために割り込みアクションとして念能収束を拡張することができる。変換されたダメージは受けないが、念力ポイントは発現者レベルを上回って得ることはできない。例えば、14レベルのキネティシストが80ポイントの[冷気]ダメージを受けた場合、最大70ポイントのダメージを14念力ポイントに変換するために念能収束を拡張することができる。残った10ポイントの[冷気]ダメージは通常通り受ける。
 エネルギーへの完全耐性(超常)/Energy Immunity 20レベルの時点で、念能収束を得る時、君が選択した[冷気]、[電撃]、[火]、[力場]、[音波]のいずれかへの完全耐性を得る。君は念能収束を再び得る時にこの完全耐性を変更することができ、完全耐性を維持するために念能収束を維持する必要はない。

超代謝 Psychometabolism

 超代謝の分野 超代謝を専門とするサイオンはエゴイストとして知られている。この分野はサイオンや近くのクリーチャーのの精神生物学を変える力から成る。エゴイストは治癒と変化によって恐ろしい戦闘員となる。
 分野の才能(擬念)/Discipline Talents 次のリストから2つの念力を選択する:ハンマーシナスシートシックン・スキンヴィガー
 念能収束を維持している限り、念力ポイントのコストを費やすことなく選択した念力のいずれかを発現することができるが、その念力は増強や念力修正特技の影響を受けることはできない。ヴィガーから得られる一時的ヒット・ポイントにサイオン・レベルの半分を加える。シナスシートシックン・スキンヴィガーは君のサイオン・レベルに等しいラウンド数の間残る。ハンマーのダメージは1d4に減少する。
 超代謝の治癒力(超常)/Metabolic Healing 2レベルの時点で、念能収束を維持している限り、超代謝の念力を自身に発動したとき高速治癒1を得る。この高速治癒は発現した念力レベルに等しいラウンドの間残る。この高速治癒は以降4サイオン・レベルごとに1ずつ増加する。
 効果の共有(超常)/Shared Effect 8レベルの時点で、距離が自身の超代謝の念力を発現するとき、接触した2体の追加のクリーチャーに影響を与えるために4ポイントの追加の念力ポイントを費やすことができる。これらの追加の念力ポイントは念力の増強として数えられ、発現は通常の発現者レベルの上限によっても制限される。この方法で増強された念力は以降4レベルごとに追加のクリーチャーに影響を及ぼすことができる。フィションの念力はこの方法で共有することはできない。
 弾性力のある身体(超常)/Resilient Body 14レベルの時点で1日1回割り込みアクションとして、君に当たったクリティカル・ヒットを無効化し、代わりに通常ダメージを受ける。
 注入の形態(超常)/Infused Form 20レベルの時点で、君はDR 5/-を得、常にアダプト・ボディの効果化であるかのように扱われる。

観念移動 Psychoportation

 観念移動
 観念移動の念力に頼るサイオンはノーマッドとして知られている。ノーマッドは空間内や時間内で物体を推し進めたり移動させたりする念力を扱う。
 分野の才能(擬念)/Discipline Talents 次のリストから2つの念力を選択する:ブラストキャットフォールデクセラレーションディテクト・テレポーテーション
念能収束を維持している限り、念力ポイントのコストを費やすことなく選択した念力のいずれかを発現することができるが、その念力は増強や念力修正特技の影響を受けることはできない。加えて、キャットフォールの効果は20フィート落下するまでに短くなる。デクセラレーションは5フィートしか目標の移動速度を減少させない。
 ノーマッドの足取り(超常)/Nomad’s Step 2レベルの時点で、念能収束を維持している限り、標準アクションとして君は最大15フィートまでの場所に瞬間移動することができる。その場所までは視線が通っていなければならず、中荷重までの持ち物しか運ぶことができない。この距離は以降1サイオン・レベルごとに5フィート増加する。
 不定な位置(超常)/Inconstant Position 8レベルの時点で、1日1回誰かが君を攻撃したときに割り込みアクションとして、50%の失敗確率を与えるように強制することができる。この能力は以降2レベルごとに1日の追加の1回の使用回数を得る。
 加速活動(超常)/Accelerated Activity 14レベルの時点で、1日1回即行アクションとして、同じラウンド中に使用可能な追加のラウンドを得る。
 加速移動(変則)/Rapid Movement 20レベルの時点で、各ラウンドに追加の移動アクションを得るが、移動、立ち上がる、乗騎に乗る/降りるの移動アクションのみ行える。

精神感応 Telepathy

 精神感応の分野 精神感応の分野を選択するサイオンは、テレパスとして知られている。精神的な接触と感覚のある他のクリーチャーの制御wを可能とする念力の熟達者である。テレパスは容易に敵の心を欺いたり破壊することができる。
 分野の才能(擬念)/Discipline Talents 次のリストから2つの念力を選択する:コンシール・ソウツマインドリンクマインド・スラストテレキネティック・ラッシュ
 念能収束を維持している限り、念力ポイントのコストを費やすことなく選択した念力のいずれかを発現することができるが、その念力は増強や念力修正特技の影響を受けることはできない。マインド・スラストのダメージは1d6に減少する。分野の才能の1つとして使用する場合、コンシール・ソウツを自身にしか使用できない。
 精神への侵入(変則)/Mental Intrusion 2レベルの時点で、君が念能収束を維持している限り、君が発現した[精神作用]の念力のセーヴDCを念力増強に費やされた2念力ポイントにつき1ずつ増加させるが、増強が念力のセーヴDCを既に増加させるものでないものに限り。この能力の目的で、君は通常増強の選択肢のない念力にさえも[精神作用]の念力のセーヴDCを増強させるための追加の念力ポイントを費やすことができる。
 テレパシー(超常)/Telepathy 8レベルの時点で400フィートのテレパシーを得、いかなるクリーチャーとも会話ができるが、知性があるもの相手だけであり、すなわち【知力】が1以上ある相手でなければならない。以降1サイオン・レベルごとにテレパシーの距離は10フィートずつ増加する。
 加えて、念能収束を維持している限り、30フィート以内のほかのクリーチャーを検知でき、会話のためにテレパシーを使用できるが、会話の内容を決定することはできない。
 最後の猶予(超常)/Last Respite 14レベルの時点で、1日1回、死亡するようなダメージを受ける時に割り込みアクションとして、30フィート以内のクリーチャーの体に自分の精神を移し替えることができ、マインド・スイッチの利益を有効的に与え(意志セーヴ・無効・DC 10+サイオン・レベルの半分+【知力】修正値)君の元の身体を容態安定状態として置くことができるが、合計ヒット・ポイントは死亡状態から1ポイント・ダメージ残されたままである。この能力は君のサイオン・レベルに等しいラウンド数の間残る。トゥルー・マインド・スイッチ]などの念力を使用する、身体を永続的に宿らせることを意味するその他の手段で、君の精神のための永続的な身体を確保する必要がある。これは[精神作用]効果とみなされる。例え気絶状態であってもこのアクションを行うことができる。これは完全に殺害する効果や能力値ダメージに対しては使用できず、ヒット・ポイントへダメージを与える効果に対してのみ使用できる。
 用心深い思考(超常)/Guarded Thoughts 20レベルの時点で、[精神作用]効果からの守りを増加させ、[精神作用]効果に対するセーヴに⁺10のボーナスを得る。