ドライアド

ドライアド Dryad

この奇妙な美しい女性は木から作られたかのように見える肉体と、葉や花に似た色鮮やかな髪をしている。

ドライアド 脅威度3 Dryad

経験点800
CG/中型サイズのフェイ
イニシアチブ +4;感覚 夜目〈知覚〉+11
防御
AC 17、接触14、立ちすくみ13(+3外皮、+4【敏】)
hp 27(6d6+6)
頑健 +5、反応 +9、意志 +7
DR 5/冷たい鉄
弱点 木との共生
攻撃
移動速度 30フィート
近接 ダガー=+7(1d4)
遠隔 高品質のロングボウ=+8(1d8)
擬似呪文能力 (術者レベル6)
一般データ
【筋】10、【敏】19、【耐】13、【知】14、【判】15、【魅】18
基本攻撃 +3;CMB +3;CMD 17
特技 《頑健無比》《忍びの技》《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+15、〈製作:彫刻〉+11、〈生存〉+8、〈脱出術〉+15、〈知覚〉+11、〈知識:自然〉+11、〈登攀〉+9、〈動物使い〉+10;種族修正 +6〈製作:木工〉
言語 エルフ語、共通語、森語;植物との会話
その他の特殊能力 木との融合、木工、野生動物との共感
生態
出現環境 温暖/森林
編成 単体、2体、木立(3~8)
宝物 標準(ダガー、高品質のロングボウとアロー20本、その他の宝物)
特殊能力
木との融合(超常)/Tree Meld ドライアドはいかなる樹木とも融合することができる。これは、メルド・イントゥ・ストーン呪文と同様に機能する。ドライアドは望む限り、木と融合し続けることができる。
木との共生(超常)/Tree Dependent ドライアドは1本のとてつもなく大きな木と神秘的な絆を持っており、その木から300フィートまでしか離れることができない。絆で結ばれた木から300ヤードを越えて離れたドライアドは即座に不調状態になる。そこから1時間ごとに、DC15の頑健セーヴを行い、失敗した場合は1時間の間、吐き気がする状態になる。24時間の間、絆で結ばれた木の距離を越えてしまったドライアドは、1d6ポイントの【耐久力】ダメージを被り、さらに1日継続するごとに、さらに追加で1d6ポイントの【耐久力】ダメージを被り、最後には死んでしまう。ドライアドは、24時間かかる儀式を行い、DC20の意志セーヴに成功することで、新しい木と絆を結ぶことができる。
野生動物との共感(超常)/Wild Empathy この能力は、ドライアドが判定に+6の種族ボーナスを有する点を除けば、ドルイドのクラス特徴の“野生動物との共感”と同様に働く。ドルイド・レベルを有するドライアドは、この種族修正値を野生動物との共感判定に加えることができる。
木工(変則)/Woodcraft ドライアドは木を用いる〈製作〉判定に+6の種族ボーナスを有する。このような判定を行う際には常に、高品質の職人道具を持っているかのように扱う。

 ドライアドは、材木を必要とする人型生物から遠く隔てられた森林地帯を好む。ドライアドが主に興味を持っているのは、自分自身と愛する森の生存であり、通行人に自らが成し遂げることができない務めに協力することを、魔法を使って強要することで知られている。悪属性ではないドルイドとレンジャーに対しては、その自然への敬意や共感を理解しているため、もっと友好的である傾向がある。
 ドライアドは樹木の恵み深い守護者であり、直接的な暴力を振るうことはほとんどできないが、故郷に対する脅威を罠にかけて無力化したり、敵を味方に変えたりすることができる。一部の者は1体ないし複数の人型生物を魅了してその縄張りに住まわせ、攻撃してきた者を防ぎ、追い出させる。無力化された敵は、大体はドライアドの同盟者によって森の端まで引きずられていき、そこに放置される。しかし邪悪であったり過度に敵対的なものは、戦闘が終われば殺される。