ドライダー

ドライダー Drider

乾いた音を立てる蜘蛛の足で、このぞっとするような怪物は視界に入ってきた。悪夢のような、ドラウと蜘蛛のケンタウロスのような融合体だ。

ドライダー 脅威度7 Drider

経験点3,200
CE/大型サイズの異形
イニシアチブ +2;感覚 暗視120フィート、ディテクト・グッドディテクト・マジックディテクト・ロー〈知覚〉+15
防御
AC 20、接触12、立ちすくみ17(+1回避、+8外皮、-1サイズ、+2【敏】)
hp 76(9d8+36)
頑健 +7、反応 +5、意志 +9
完全耐性 睡眠;SR18
攻撃
移動速度 30フィート、登攀20フィート
近接 高品質のヘヴィ・メイス=+9/+4(1d8+3)、噛みつき=+3(1d4+1、加えて“”)
遠隔 高品質のコンポジット・ロングボウ=+8/+3(1d8+2/×3)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 蜘蛛の糸(+7 遠隔、DC18、hp 9)
擬似呪文能力 (術者レベル9)
修得呪文 (術者レベル6)
一般データ
【筋】15、【敏】15、【耐】18、【知】15、【判】16、【魅】16
基本攻撃 +6;CMB +9;CMD 21(対足払い33)
特技 《回避》《戦闘発動》《武器熟練:噛みつき》《武器熟練:メイス》《無視界戦闘》
技能 〈威圧〉+15、〈隠密〉+14、〈呪文学〉+14、〈知覚〉+15、〈知識:神秘学〉+14、〈登攀〉+22;種族修正 +4〈隠密〉
言語 エルフ語、共通語、地下共通語
その他の特殊能力 小振りの武器
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、集団(3~8)
宝物 ×2(高品質のヘヴィ・メイス、高品質のコンポジット・ロングボウ[+2【筋】]とアロー20本、追加の宝物)
特殊能力
小振りの武器(変則)/Undersized Weapons ドライダーは大型サイズだが、上半身は中型サイズの人型生物のそれと同じサイズである。その結果、サイズ分類が実際のサイズよりも1段階小さいものであるように(ほとんどのドライダーは中型サイズとして)武器を使用する。
呪文 ドライダーは6レベルのクレリックか、ソーサラーか、ウィザードとして呪文を発動するが、それ以外のクラス能力を得ない。
毒(変則)/Poison 噛みつき―致傷型;セーヴ 頑健・DC18;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d2【筋】;治癒 1回のセーヴ成功。このセーヴDCは【耐久力】に基づいている。

 ジャイアント・スパイダーの特徴を取り入れる特殊な毒ないし霊薬によって、ドラウの身体を歪め、突然変異させて作り出されたドライダーは、危険なクリーチャーである。
 ドライダーは性的二型である。女性のドライダーの蜘蛛の下半身はほっそりして優雅で、多くの場合クロゴケグモの胴体に似ている。一方その上半身は魅力的な曲線と美しい顔立ち(鋭い有毒の牙を除いて)を保っている。男性のドライダーの下半身はがっしりしてタランチュラに似ており、上半身は筋張っていて、ぞっとするような顔はドラウよりも蜘蛛に似ており、完全な牙のある蜘蛛の大顎を有する。