氷炎属性

登録日:2019/06/19 Wed 20:57:25
更新日:2019/12/09 Mon 16:43:44
所要時間:約 7 分で読めます




絶対零度の氷か
全てを焼き尽くす炎か



【概要】

その名の通り、自らの身にの相反する属性を宿す人々のこと。
特に定まった名称はないのだが、「氷炎」の二つ名で呼ばれる人が結構多いのでここではこの名で呼ぶことにする。

とか、とか、相反する属性使い自体は時々出てくるのだが、その中でも氷と炎のセットで使う人は非常に多い。
その理由はまぁ色々説明できるだろうが、簡潔に言ってしまえばこの一点に尽きるだろう。


全てを凍てつかせ、永劫の時の中に閉じ込める氷
荒れ狂う熱で、万物を灰燼へと還す炎

この2つを同時に使われて燃えない男がいるだろうか? いや、いない (反語)

ここではそんなカッコイイ氷炎の使い手たちを紹介していきたい。

なお、「色々な属性が使える中に氷と炎が含まれている」系の人(FFシリーズの黒魔道士とか)は、
大抵の作品の魔法使いキャラが含まれるため数が多すぎるし、 何より邪道 なのでここでは取り上げない。色々使えりゃいいというものではないのだよ。
とはいえ、氷炎属性の技で水属性の技を実質的に使用できる面子も少なくはない。

【氷炎属性のキャラクター】


ウエザース(デビルマン)

テレビアニメ版第33話に登場する敵。
左半身が赤い炎で右半身が青白い氷というデザイン。30分前に放送してる師匠の同期ヒーローと一緒。
妖元帥レイコックの両耳のイヤリングから出て来た妖獣で、天候を操り赤道直下のような熱気をもたらしたり強烈な猛吹雪で人間界に大混乱を巻き起こす。

ブリザード(ウルトラマンレオ)

第45話「まぼろしの少女」に登場する円盤生物。名前が氷属性だけだが気にするな。
前後に顔があり、先っぽが赤い方は高熱火炎を、青い方は冷凍ガスを出す。人間の少女を分身体に持つ。
本当には少女はただの分身体だったのか?それはもう分からない

レイキュバス(ウルトラマンダイナ)

第25話・26話「移動要塞(クラーコフ)浮上せず!(前・後編)」に登場する宇宙海獣。
目が赤く光ると、氷山を溶かす高熱と、成層圏に向けて発進した戦闘機隊を全て撃墜するほどの射程を誇る火炎弾を吐き、青く光ると、ウルトラマンダイナも氷漬けにする冷却ガスを吐く。

ラゴラスエヴォ(ウルトラマンマックス)

第30話「勇気を胸に」に登場する進化怪獣。冷凍怪獣ラゴラスが溶岩怪獣グランゴンを倒してマグマコアを捕食した事により、炎の特性を入手した。
胸のマグマコアからは火炎弾を、口からは冷凍光線を放つ。
さらにこの2つを同時発射する事で、急激な温度差を発生させる「超温差光線」を作り出すことができ、これはウルトラマンマックスのギャラクシーカノンをも上回る威力を誇る。

フレイザード(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)

この手の表現と同時に半分こ怪人キャラの代名詞的なキャラクターの一人。ドラクエシリーズの雑魚キャラ「フレイム」と「ブリザード」(もしくは「溶岩魔人」と「氷河魔人」)が一体になっただけ、というシンプルな外見だが、ネタ臭さを微塵も感じさせない偉大な御仁。
炎のような凶暴さ氷のような冷徹さを併せ持つと評され、「武人」系キャラの多いこの作品では異例の根っからの 軍人 気質。またの名を「将軍」。
「勝つためには手段を選ばない」を徹底しており、 自らの命でさえも 勝利のためなら平気で危険に晒す辺りがこの手の方法論を掲げるキャラとしては珍しく卑怯者らしく見えない要因かもしれない。
戦闘時も炎と氷の半身がそれぞれの属性を無効化するので代表的な攻撃呪文であるメラ系ヒャド系が通用せず、さらに氷と炎の温度差を利用して硬い相手も容易に破壊するなど単なる脳筋ではない。
そして彼の存在はのちに意外な形の伏線に……

竜堂続(創竜伝)

クールで毒舌な竜堂家の次男にして南海竜王の転生体。
赤竜に変じることで火炎ブレスを放つが、6巻にて熱量操作の応用で凍結ブレスをも扱えると判明。冷静と激情双方を秘めた彼らしい属性とも言える。

ツインローバ(ゼルダの伝説)

炎を操るコウメと氷を操るコタケの双子の姉妹。
それぞれ自分の使わない属性が弱点になっており、上手く反射してやることでダメージを与えられる。
さらにダメージを重ねると、本気を出してケバイ若々しい姿に合体。この姿では一つのボディで氷と炎を同時に操ることができる。

超竜神(勇者王ガオガイガー)

竜型ビークルロボ」の炎竜氷竜シンメトリカルドッキングした姿。右半身(氷竜)のフリージングガン/ライフルと左半身(炎竜)のメルティングガン/ライフルを発射する。
なお、主人公ロボのガオガイガーのサポートと、戦闘の被害を防いで人命を守るのが本来のお仕事のため、実は名前や見た目に反して戦闘力はあんまり高くない。単純なパワーならガオガイガーより上なのだが。

ディスフィロア(モンスターハンターフロンティアオンライン)

別名を「龍(しとうりゅう)」という古龍種の一種。
炎と氷を同時に操り、目まぐるしく多彩な攻撃を繰り広げてくる。
同じように多属性を操るモンスターに「アルバトリオン」がいるが、明確な違いとしてアルバトリオンは形態ごとに使ってくる属性が固定されており、火と氷を同時に使ってくるようなことはない、ということが挙げられる。
また、ディスフィロアの素材から作られた武器は熾凍属性という特殊な属性を宿しており、炎と氷と龍のダメージが同時に発生する特異な性質を持つ。


エルゼリオン(モンスターハンターフロンティアオンライン)

こちらもMHFに登場する「龍(しゃくれいりゅう)」の別名を持つ古龍。
MHF10周年の記念として実装され、後にコラボレーションの一環としてファンタシースターオンライン2に出張したりもした。
左半身が炎右半身が氷の属性を持つというモンハンのモンスターの中でも群を抜いた特異な容貌をしており、それぞれの半身が持つ属性にちなんだ攻撃を行う。
一方で半身ごとに反対の属性に弱く、左半身に氷属性、右半身に炎属性の攻撃を叩き込み続けると一定時間攻撃が弱体化するという弱点を持っている。

フラム=グラス(神撃のバハムート、グランブルーファンタジー、シャドウバース)

炎を操るフラムと氷を操るグラスの双子の姉妹が合体した姿。可愛いツインローバ
その能力を疎んだ両親に殺されそうになり、とっさに反撃して殺害してしまった、という超重い過去がある。そのため世界の全てを憎んでいる。
出演しているいずれの作品でも非常に強力なボス級キャラとして扱われることが多いが、シャドバだけはやたら難解な召喚条件のせいで、 最も場に出すのが困難なフォロワーの1体 とまで揶揄されるぐらい使いにくくなっている。
詳細はフラム=グラス(shadowverse)で。

なお、このシリーズでは「アロアダイ」や「氷炎竜」などこのタイプの能力者が結構多い。

秋月凌駕(Zero Infinity -Devil of Maxwell-)

「様々な+と-が溢れる世界の中で、自分は確たる己を持つ中庸でありたい」というのは願望から発現した自在熱操作機能を持つ手甲型の武装「極秤殲機(マクスウェル・デストロイヤー)」を持つ。
この作品では心臓に埋め込んだ永久機関を介して「心の力」を能力や出力に還元する...というある種テンプレな世界観なのだが、この主人公、「人間として正しすぎて気持ち悪い尋常ではない精神力」先天性的な精神素質「だけ」で保有しており、その異常なまでの精神力を還元した結果ごく普通の家庭に生まれて平凡に育った正真正銘の平凡な学生なのに、初戦闘で歴戦の軍人と互角以上に渡り合い引き分けに持ち込むなど常軌を逸した強さを持つ。
更に第二段階の「超高熱と極低温を同時に叩き込んで対象を消滅させる」『皆既滅拳(デビル・オブ・エクリプス)』と最終段階の「全宇宙の熱エネルギーを完全操作する」『均衡の彼方に、森羅掌握されるべし(デビル・オブ・マクスウェル)』に進化する。

月丸(マテリアル・パズル

炎を氷に変換する攻撃魔法「夜叉水晶」の使い手。
女神の三十指の一人。同じく三十指である弟の太陽丸と共に暗殺任務を担当している。
一見ありそうで他に類を見ない極めて独自性の高い能力。
炎を変換した氷による物理攻撃の他、氷を炎に変換解除して燃やすなど多彩な攻撃が可能。
周囲に火を放てば延焼して燃え広がるので、それだけで有利な環境を作り出す事が出来る。
極めて攻撃的な魔法だが変換した氷をドレス化して全身に纏う事も可能と攻防両面で隙が無い。
また弟の太陽丸は映像を操作する魔法「修羅万華鏡」の使い手であり姉弟で共闘する事で真価を発揮する。
しいて欠点を挙げるなら他の魔法で作り出された氷・他者が魔法で変換した炎には干渉できない事くらいだが。
実際の活躍のほどは是非とも本編を読み確かめて欲しい。第二部での戦闘は魔法戦としては作中屈指のベストバウト。

名瀬夭歌(めだかボックス)

自身の「スキル」"改造"により、「過負荷」凍る火柱(アイスファイア)を開発、体温を調整する事で火炎と氷の両方を操る。

轟焦凍(僕のヒーローアカデミア)

体の右半分から冷気を、体の左半分からを発生させる「個性」の持ち主。
モデルが上記のフレイザードなのはほぼ確定的。
この「半冷半燃」は作中に登場した中でも屈指の戦闘向け個性の一つであり、冷気による拘束などの小技も豊富で非常に強力。序盤では炎の遺伝元であるを嫌っていたことから炎は使わず氷だけで戦っていた。
氷を使いすぎると体温が下がって動きが鈍くなるのが数少ない弱点だったが、炎を使って体を温めればその弱点もカバー可能。ぶっちゃけチート。

オメガモン(デジタルモンスター)

勇気と炎の竜戦士ウォーグレイモンと、友情の氷の機甲狼メタルガルルモンが合体して誕生する最後の聖騎士。
敵に対しては左腕の炎の大剣「グレイソード」で切り裂き右腕の氷の大砲「ガルルキャノン」で撃ちぬくなど、接近戦・遠距離戦のあらゆる状況下で対応でき実力を如何なくを発揮するトータルバランスを有する。
その実力と活躍ぶりからデジモンの中でもトップクラス高い人気を誇り、未だに最強のデジモンとして名を上げられることも多いデジモンである。

左天(NEEDLESS)

凍結と熱と風のフラグメント「第四波動」を持つ。
一人ひとつのはずの能力を3つも持っているように見えるが、全ては熱エネルギーの吸収・放出とその操作によって成り立っている。
吸収によって熱を奪い周囲を凍結させ、この熱エネルギーを元に増幅して放つ第四波動や小型台風を巻き起こすストリームディストーションを使う。
だが吸収しなければ真価を発揮することができないため、熱を奪う氷の使い手とは相性が悪く逆に熱を生み出す炎の使い手とは相性が良い。

氷炎の双竜(フロストアンドフレイム・ツインドラゴン)(遊戯王OCG)

墓地の水属性モンスター2体と炎属性モンスター1体を除外して特殊召喚する新たなカオスモンスター…になるはずだったカード。
素材の水成分が強すぎるためか水属性であり、炎属性としても扱うような効果は持っていない。
効果やステータスはなかなか悪くないのだが、水属性の方はともかく炎属性モンスターは素晴らしい大型モンスターこそいたが下級モンスターは須らく汎用性が低かった。
大型モンスターは場に居座ってこそ価値があり、使い捨ての下級モンスターの方がコストとして適しているのだが…
無論それらを水属性に混ぜたところで邪魔にしかならず、使いようがないため長い間カスレア扱いされていた。
だがカードプールの増加により、ついに日の目を浴びる時がやってきた。
詳細はカスレアの項目にて。

サラマンダー(ダブルクロス

「熱を操る能力」を有するシンドローム(ジョブ・クラスのようなもの)。「サラマンダー」というネーミングから誤解されがちだが、あくまで「熱量属性」であり、炎も氷も両方扱う事が出来る。
とにかく攻撃力と防御力に長けたシンドロームであり、単純に炎と氷を操る他にも超高熱でプラズマを発生させたり、分子の結合を破壊し相手の防御力を無効化することすら可能。

スルト(Fate/Grand Order)

原典では北欧神話における炎の巨人国の長でラグナロクの際に炎で世界を滅ぼす。
実際、本作でも当初は炎の巨人として描かれている。
だが本作ではその後氷狼フェンリル*1の力をも取り込み、半身火炎・半身氷結の巨人となる。

主人公(女)(戦国無双 Chronicle)

武器である双剣にそれぞれ紅蓮凍牙属性を付与して戦う。

沢田綱吉(家庭教師ヒットマンREBORN!)

ボンゴレボス特有の大空属性の「死ぬ気の炎」を発して戦うが、正の力であるそれとは逆の負の力を「死ぬ気の零地点突破」系統の技として体得した。
この状態では炎の性質の逆転による冷気操作や死ぬ気の炎の無効化・吸収を可能とする。

大神零(CODE:BREAKER)

左腕から放つすべてを燃え散らす青い炎「煉獄の炎(サタン・ブレイズ)」の異能を持つ。
その元の持ち主であるエンペラーの七つの大罪の炎の中にはすべてを凍らせる白銀の炎もあり、劇中で体得した。

ギル(ストリートファイターⅢ)

右半身が火を放つパイロサイド、左半身が氷を放つクリオサイドとなっている褌一丁のラスボス。
ドット絵はギルが逆向きになっても左右反転せず、その向きによって強攻撃や必殺技のエフェクトが火と氷で入れ替わる(効果は同じ)。

ディズィー(GUILTY GEAR)

右の翼に宿るネクロによる光や炎の法術と左の翼に宿るウンディーネによる氷と水の法術を自動でぶっ放す人型ギア。

スーパーマンビザロ(スーパーマン)

スーパーマンは目から赤外線・口から冷気のブレス(技)を、その鏡像であるビザロは目から冷凍光線・口から炎のブレスを使う。
その後の作品に多大な影響を与えた。

ぬけ首(ゲゲゲの鬼太郎)

頭部を胴体から分離させて飛行させる事が可能な妖怪。
分離した頭部は高熱を発し、残された胴体は首から冷気を放出する。
頭部は分離したままにしておくと、時間が経つにつれて膨張して高温になっていき、やがて大爆発を起こしてしまうため、胴体に戻して、胴体からの冷気で頭部を冷やさなければならないのである。

モンスター ヤクトドラゴン(ジークジオン編(SDガンダム外伝))


ブリザー(時空戦士スピルバン)

第42話「大将軍の突撃!100万ボルトの究極回路」に登場する最後のニュー戦闘機械人。
右手から冷凍ガスを、左手から炎を放つ。
ただし炎や冷気に耐性があるわけでなく、自分が凍らされると弱い。

ダブルノイド(機動刑事ジバン)

甲殻類ベースの双頭のバイオノイド。兄は火炎、弟は冷凍ガスを吐く。

エキノックス(マーベルコミックス)

本名テリー(テレンス)・ソレンソン。
エキノックスとは昼夜平分時つまり春分・秋分のこと。
ヴィランとしてはイエロージャケット(ハンク・ピム)、ワスプ、スパイダーマン、ヒューマントーチ、アイスマンなどと戦った。

ダブルナックル(百獣戦隊ガオレンジャー)

ガオキングの百獣武装の一つ。右腕にガオポーラー、左腕にガオベアーを百獣武装した姿。
それぞれポーラーナックル、ベアーナックルと呼ばれる。
パンチ力は通常のガオキングの3倍というパワー形態。
必殺技はポーラーナックルから吹雪、ベアーナックルから炎を同時に噴射する『氷牙炎滅・ベアーストライク』
その強大な威力ゆえ、ガオキング(というかガオライオン)では耐えきれずによく暴走したり合体が解除されることがあった。
なお、二号ロボのガオマッスルもガオポーラーとガオベアーが両腕のためベアーストライクも使用可能。

EI-02(勇者王ガオガイガー)

作中で初めて登場したゾンダーロボ。製作者は不明。
東京都庁へ出入りしていた元建設会社社長・小宝山金蔵がゾンダー化し、夢の島にあった大量の家電ゴミと融合して誕生したゾンダーロボ。
電子レンジを使った荷電ビーム砲(通称「家電粒子砲」)、冷蔵庫を使った冷凍ビーム砲、ペットボトルミサイルなどを使う。

千種明日葉(クオリディア・コード)

分子レベルでの物質の運動制御を可能とする〈世界〉を持つ千葉兄妹の妹。
火弾を撃ったり氷の足場を作ったりと汎用性の高い能力。

ヒヒダルマ(ガラルのすがた)(ポケットモンスター)

ガラル地方に生息するリージョンフォームのヒヒダルマ。
これまでに確認されていたほのおタイプのヒヒダルマとは真逆のこおりタイプを持つ。
隠れ特性「ダルマモード」によりフォルムチェンジすることで、さながら鼻から炎を噴き出す雪だるまのような出で立ちとなり、
その見た目通りタイプもこおり・ほのおへと変化する。


【氷炎属性の技】

ダイモス(闘将ダイモス)

見た目のインパクトこそ上記のダイ大キャラたちに譲るも、氷炎属性同時攻撃はこのロボの方が先。
火炎を放つファイヤーブリザード*2、冷凍光線のフリーザーストーム
そして、その両方をぶつけた相手を一気に打ち抜く「必殺烈風正拳突き改」。
どんな打撃も撃ち返す超弾性金属すら無力化可能…と、メドローアに通じる要素がちらほらと

メドローア(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)

氷と炎を同時に扱う戦闘スタイルのある意味究極系
両手に発生させた「メラ(プラスのエネルギー)」と「ヒャド(マイナスのエネルギー)」を手の間でスパークさせ、矢のような形にして解き放つ呪文。
それぞれのエネルギーが反作用し合った結果、着弾地点には恐ろしいことに 何も残らない 。装甲によるあらゆる防御を完全に否定する呪文であり、究極と呼ばれる所以。
物語終盤のポップの切り札であり、通常の魔法攻撃を全て無効化するオリハルコンボディの相手に通用する数少ない呪文。
あまりのカッコよさから技別人気投票で 1位 に輝いた。

はんさようボム(クロノトリガー)

仲間であるルッカとマールの連携技。元ネタは恐らく上記のメドローア。
火を操るルッカと氷を操るマールがそれぞれの魔法を解き放つことで、全く異なる属性の反作用ボムとなる。
また、互いに使用する魔法のレベルを上げることで、はんさようボム2、3へと進化していく。
この二人は最も早く仲間に加わり序盤の冒険を長く共にしてきた面子でもあり、また攻守のバランスもいいので、使う機会も他の連携技より多くなるかもしれない。

バーニング×アイス(星のカービィ64)

本作独自のシステム、「コピー能力ミックス」によってカービィが使用可能になるコピー能力。
カービィが凍りづけになり、その後炎で溶かしながら蒸気で攻撃。
上と横へ攻撃できるが、隙が大きい・範囲が狭い・発生が遅いと非常に使いづらい。
多分、今作どころかシリーズ屈指の産廃能力。

ヘルファイア(ロマンシング サ・ガ2)

炎術と冥術を合成することで使える術。炎への絶対耐性をもつサラマンダーすら焼き尽くす炎と恐れられていることが、ゼミオの石板に記されている。
ゲーム上の術としての属性こそ炎冥術だが、実際の属性は炎冷系であるため、冷気の力でサラマンダーへダメージを与えているのである。

もえさかるこおり(電波人間のRPG FREE!)

火属性の全体攻撃技を持つ電波人間と、氷属性の全体攻撃技を持つ電波人間で出生を行うと、この技を持つ電波人間が生まれる事がある。
その名の通り、火と氷の両方の属性を持った全体攻撃技。
強化版としてフレイムアイスとブレイズアイスがある。



【氷炎属性の武器】

二本一組の双剣系の武器が多い。

氷炎剣ヴィルマフレア(モンスターハンターシリーズ)

暴風を操る古龍クシャルダオラと獄炎を操る古龍テオ・テスカトルの素材を使った双剣。火と氷の両方の属性を宿す。
使用者は片腕は炎片腕は氷に包まれる試練に苛まされる魔剣でもある。
また、かつては別々の武器だったがそれぞれの使い手同士が愛し合いながら殺し合うという壮絶な関係の末互いに果て、後に残されたのがこの武器であるらしい……。
設定はすさまじく豪華な上古龍武器らしく基本性能も優秀だが、 割と産廃 。最大の理由は火と氷が同じぐらい通用するモンスターがほぼいないからである。
どっちかに特化した方が使いやすい、と評されやすい。唯一有効なのはババコンガ
4で再登場した際はテオ・テスカトルが爆破属性使いにシフトしたのに合わせて氷と爆破属性の双属性に。使いやすさは格段に上がったが、ロマン度が落ちたと思うあなたは何も間違っていない。

ブルー・クリムソン(RAVE)

テンコマンドメンツの形態の一つで唯一の二刀流形態。炎と氷の双剣で戦う戦闘スタイル。
別に弱いわけではないのだが、作中有効な相手があまりいなかったのと、使い手であるハルが二刀流の訓練などをしていなかったためか、登場が早かった割にあまり使われていない。不遇。

マテリアルブレード(テイルズ オブ シンフォニア)

ロイド・アーヴィングが扱う、炎の剣フランベルジュと氷の剣ヴォーパルソードによる双剣セット。
名前はエターナルソードの素材だから、ということだろう。実際秘奥義を使う時以外は二振りの剣のままである。
シリーズの歴代作品においてこれらの武器はそれぞれ属性がついているが同時に使うことはなく、二刀流だと一撃ごとに属性をつけるのが難しかったのか無属性。

ガンダムエクシアダークマター(ガンダムビルドファイターズ)

PPSE社が開発中だったものを、三代目メイジン・カワグチが完成に漕ぎ着けたガンプラ「ガンダムアメイジングエクシア」に、マシタ会長の横槍によって、更なる改修が施されたガンプラ。
そのメイン武器である炎の剣「プロミネンスブレイド」と氷の剣「ブライニクルブレイド」は、PPSEの持つ高度な粒子技術によりそれぞれ「炎」と「冷気」を纏った斬撃という、これまでのガンプラバトルでは(というよりもどのガンダムシリーズでも)確認されなかった特殊な攻撃を繰り出すことができる。

ガシャコンソード(仮面ライダーエグゼイド)

仮面ライダーブレイブの武器。
作中に登場するファンタジーRPG『タドルクエスト』の「伝説の剣」がモチーフ。
刀身を反転させることで「炎剣モード」と「氷剣モード」を切り替えることができる。ちなみに炎剣モードでは順手、氷剣モードでは逆手で持っている。

火と氷の剣/Sword of Fire and Ice(Magic the Gathering)

MTGに存在する2つの色を持つ装備品サイクル
サイクルなので、光と影など他の属性を持つ2色剣も存在している。

華夏の玉座(NEEDLESS 死神の聖剣)

ニードレスかと思われた華夏の、火と氷を操る普通は矛盾する能力(第四波動は強能力なので別)は実際には玉座の仕掛けから撃っていたにすぎなかった…というギミック。
後付けで製造そのものはフラグメント「オーバーテクノロジー」の産物ということになった。

冷熱ハンド(仮面ライダースーパー1)

ファイブハンドの一つ。右腕から超高温火炎、左腕から冷凍ガスを出すことが出来、同時にも発射できる緑の腕。

の鎧(SD戦国伝 伝説の大将軍編)

結晶鳳凰から授けられた鎧で普段は轟天頑駄無が他の鎧と共に身に付けて管理している。
半身がそれぞれを象った美しい鎧。
天来変幻によって身にまとうことで強大な力を発揮することができるが、体力を一気に消耗するうえ体に力の反動がくる両刃の剣。
この鎧によって、凍てつく冷気と灼熱の火炎を同時にぶつける必殺技、「氷嵐焼尽弾」が使えるようになる。

邪生鋼(エビルブレスト)ギガルス(ウルトラマン超闘士激伝)

金属製のゴーデス細胞、 ゴーデス五人衆 の一人で、古代怪獣ギガザウルスをモデルにした生きている鎧
モデルの通りの冷凍光線を放つ喉の器官は手持ちの光線銃としても使用可能な他、
装着したマグマ怪獣ゴラの身体を乗っ取ったために足技では高熱も操る。

ガッツウイングEX-J(ウルトラマンティガ)

α号は主翼先端に超低温のハイパーコールドビームを、β号は機首に超高温のハイパーメルトガンを装備している。


【氷炎属性の地形】

炎と氷が一体となって同じ場所に存在するという奇異な土地も時折登場する。

ホットアイスやま(バンジョーとカズーイの大冒険2)

溶岩の海に囲まれた火山と、氷の海に囲まれた雪山が隣り合っているという奇妙過ぎるステージ。それぞれの温度差を活用したギミックが多い。
また、それぞれの山をホットスパイシードラゴンこと「チリー・ビリー」コールドアイスドラゴンこと「チリー・ウィリー」のドラゴン兄弟が治めている。
別にシンメトリカルドッキングはしない

ほのおのどうくつ(ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝

なかなか珍しい形でが同居したあおのつうろ3番目のステージ。
名前の通り燃え滾るマグマが支配する灼熱の洞窟。一定周期で吹き上がると巨大な岩をブン投げてくる岩男のせいでダメージを受けやすく、難易度「げきむず」だと苦戦は必至。
これだけだと単なる炎ステージだが、ゴールを出現させるカエルのスイッチを押すと、一瞬にしてマグマさえ凍り付く極寒の洞窟へと変貌。
噴き出すマグマ 氷の足場 になり、 岩男 雪男 になり、さらには 氷柱 まで降ってくると完全にが切り替わる。もちろんこの状態でないといけない場所もある。
ワリオランドシリーズ恒例のもとは同じステージが全く違うステージに変化するギミックである。

アイスボルケーノギャラクシー(スーパーマリオギャラクシー)

火山と氷山が存在するギャラクシー。お馴染みのファイアマリオに加えて、新登場のアイスマリオに変身することができ、これらの特性を利用して道を作ることもある。BGMも火山と氷山でシームレスに切り替わるなどと何気に凝っている。
なお、スーパーマリオギャラクシー2にも似たような かちこち溶岩ギャラクシー (BGMはアイスボルケーノと同一)が存在し、上記のほのおのどうくつのように「溶岩が凍って氷になる」というギミックが存在する。

パンクハザード(ONE PIECE)

元はグランドラインに存在するごく普通の島だったが、とある海軍大将同士の本気の殺し合いの末、獄炎と猛吹雪が荒れ狂う超過酷な環境と化してしまった。
一時的に気候を支配するどころか、恒久的に島一つ丸ごとの気候を塗り替えてしまう辺り、研鑽を積んだ自然(ロギア)系の恐ろしさが垣間見える。

マイラ周辺・ガライヤ半島(ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ)

同作第三章の舞台。かつては豊かな森林と温泉が名物だったが、火山活動によって灼熱の地と化したマイラ周辺と、見るも見事な氷雪地帯と化したガライの町周辺の地形。
炎と氷に包まれた大地では前の章よりも資源問題がきつい。
章の最後では巨大なひょうがまじんようがんまじんがボスとして出現し、
追いつめられると合体してゴールデンゴーレム…ではなく、フレイザードをリスペクトしたような魔物「がったいまじん」になってビルダーと拠点を襲う。


【余談】

ポケモンシリーズにほのお・こおりの複合タイプが登場したのはヒヒダルマが初だが、
それ以前だとレシラムを吸収したホワイトキュレムも、タイプとしてはこおり・ドラゴンだが、炎を操る力も持つため氷炎属性と言って差し支えないだろう。
専用技も「コールドフレア」だし(やけどの追加効果があるがこおりタイプ扱いなので両属性というわけではない)。
更に余談だが、も氷と同じく炎の対極に位置するタイプと言えるが、
こちらとの複合は「温泉」「蒸気」をモチーフとするボルケニオンが存在する。


空想科学読本でお馴染みの柳田理科雄氏はこのタイプの能力が大のお気に入りである。
曰く、
『この世のエネルギーの総量は常に一定であり、どこかを冷やせば必ず別のどこかが温められる*3
『巨大な氷塊を作る程の冷気を生み出せば、同時に膨大な熱量も発生しているはずであり、極低温と超高温を同時に操る能力はエネルギー効率の面で無駄が無く、極めて科学的である』
とのこと。*4『この意味でも焦凍君はお父さんとの確執を乗り越えてほしいものだ』とも
他にもラゴラスエヴォの攻撃「超温差光線」を考察した際には、
「冷凍光線(に使用されるエネルギー)が熱攻撃とあわさって強力になることはある」という結論を出したことも。



追記・修正はクーラーとヒーターを同時にかけながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/


*1 原典ではフェンリルと氷属性は特に結びつかない。

*2 名前的には氷炎属性攻撃に思えるが、あくまで炎属性の技となる。

*3 身近な例ではエアコンや冷蔵庫等が該当する

*4 アニヲタ的余談として、『強殖装甲ガイバー』のゼクトールは「周囲から吸収した熱を収束して強力な熱光線を放つ」必殺技を持っており、劇中初使用の時は相手のアプトム(強殖装甲ガイバー)が吸熱過程を「微弱な冷凍攻撃」と誤解して技の全貌に気付くのが遅れるという思わぬ副産物を得ている