ラドバーン方式



人と自動車に別々の道路網を用意することで、両者を空間的に分離する方法。歩車分離型の代表的な考え方。

車路をクルドサックにして外部からの通過交通を抑制し、人が各住戸から学校・公園・商店などへ行く場合は緑地のある歩行者専用道路を通る。
交通安全対策と緑化スペースの確保を両立している。
米ニュージャージー州ラドバーン地区で1920年代に設計され、日本のニュータウン開発にも大きな影響を与えた。
自動車の機能を損なうことなしに、歩行者の安全を確保するのが狙いである。



関連項目