リジッドフォーク




サスペンションのついていないフォークのこと。

サスペンションフォークの登場以降、区別する必要がある際にこう呼ぶ。

マウンテンバイクはほとんどの場合、サスペンションフォークをつけているが以下の場合はリジッドフォークをつける。
トライアルバイクは基本的にはリジッドフォークをつけ、軽さを重視するためアルミ製のものが多い。
ストリート・ダートジャンプでは、リジッドフォークを使う場合もある。このときは強度が重視されるのでクロモリで頑丈なものが選ばれる。
街乗りのみに使う場合、ペダリングロスを嫌ってリジッドフォークを使う場合がある。軽量なクロモリフォークを使う場合が多いが、カーボン製のものもある。




関連項目

  • 自転車用語
+...