人工時効硬化

じんこうじこうこうか


溶体化処理の後、合金に応じて人工的に温度を上げ、溶け込んでいる元素の原子運動を容易にしてから冷やして行くもので、時効硬化を早める。
この処理のことを「焼き戻し」、もしくは人工時効硬化処理と言う。


関連項目











最終更新:2008年06月18日 09:40