オクタリンク




ボトムブラケットクランク軸クランクの勘合の規格のひとつ。
シマノの規格。外径22mmの円筒形のBB軸に八本の角溝がきってある。

スクエアテーパーに代わり、1996年のM950系XTRと7700系デュラエースに採用された。
その後、他のコンポーネントもモデルチェンジの度にオクタリンクに変更され、デオーレソラ以上のグレードで使われた。

その後2003年のM960系XTRからは、エクスターナルBBツーピースクランクが採用され、他のコンポーネントもモデルチェンジの度にこの方式に変更されていった。
現在ではアリビオとアセラにのみ採用されている。

二種類の規格があり、外径22mmは等しいが、溝の幅と長さが異なるため互換性は無い。





関連項目

  • 自転車用語
+...