URT

Unified Rear Triangle



リアサスペンションの方式のひとつ。
サスペンションによって動くリア三角にドライブトレインが組み込まれる。

サスペンションが動いても、チェーンステイ長が変わらないためチェーントラブルがおこらない。
衝撃の吸収にはある程度の効果があるものの、リアサスのメリットのひとつでもあるトラクションコントロール性の向上はおこらない。
乗る人の重さも加わるため、バネ下重量がとても重くなる。

現在ではほとんど見られなくなった方式。




関連項目

  • 自転車用語
+...