フォークロスバイク




マウンテンバイク競技の一種であるフォークロスに特化したマウンテンバイク。

フォークロスはジャンプやコーナーの多い、短距離の下り坂を四人同時に走って順位を競う競技。

2000年ごろはクロスカントリーバイクの小さめのサイズのフレームを流用することが多かったが、現在は専用のフレームが使われる。

フレーム

スタートダッシュの重要性から、ハードテイルが多いが、フルサスペンションもある。
ジオメトリー:100mm前後のストロークのフォークに対応
強度:ジャンプに耐えられる強度と軽さのバランスが重視される。

パーツ

フォーク:100mm前後のストロークの高強度なサスペンションフォーク
チェーンリングは一枚で、チェーンデバイスがつけられる。
タイヤはコースによるが2インチ以上。



関連項目




  • 自転車用語
+...
















最終更新:2011年07月12日 01:58