BB下がり


自転車フレームジオメトリーの一つ。
前後のハブ軸の中心を結んだ線と、ボトムブラケットシェル中心の間の長さ。

大きいと安定し、小さいと不安定だが加速性や機敏性が高まる。

車輪の径が小さい場合は、地面との間隔をとる必要があるため、逆にBBが上がっている。
また、トライアルバイクやストリートマウンテンバイクでも、BBが上がっているものがある。


ロードバイク(700C) 
70mm前後

シクロクロスバイク
 60~70mm
 ロードバイクより短距離のため加速重視で少し高め。


関連項目

  • 自転車用語
+...