クランカー

Clunker


1970年代にオフロードの下り坂を走るために作られた改造自転車

クランク(Clunk)とは、錆びたおんぼろ自転車が発する音の擬音語である。

1930~40年代の中古のビーチクルーザーからいらないものを取り外したようなものから始まり、ツーリングバイクのディレイラーをとりつけたり、オートバイのブレーキを取り付けたものもあった。

重いうえにすぐに壊れてしまうので、後に専用のフレームが作られるようになり、マウンテンバイクへとなっていく。


関連項目



  • 自転車用語
+...







最終更新:2011年07月12日 01:33