温泉

おんせん


地中にある湯、それが湧き出す場所、その湯を用いた入浴施設。

温泉法の定義

水温が25度以上あること、指定数値以上の指定成分を一つ以上を含むことのうち、一つ以上を満たすことと定義されている。
そのため、水温が低くても、特定の成分が含まれていれば、温泉法上は温泉となる。


環境省 鉱泉分析法指針

水温が25度以上あること、または指定成分が一定の値以上の場合、鉱水と定義している。
鉱水を温度によって、冷鉱泉(25度未満)、微温泉(25度以上34度未満)、温泉(34度以上42度未満)、高温泉(42度以上)に分類している。







関連項目













最終更新:2011年09月28日 14:40