広域農道

こういきのうどう


農道の一種。

農村地域に散在する農地を一つの団地と捉え、集出荷・加工プロセスの一元化などにより産地としての市場競争力を高めることを目的として道路を整備する「広域営農団地農道整備事業」によって作られた農道を一般に広域農道と呼ぶ。
富山県などスーパー農道の呼称が主として用いられている地域もある。

都市に対する環状道路もしくは幹線道路に対するバイパスとしての機能を持つこともあり、農村における生活水準の改善に資するとされる。


関連項目