29+




29erの一種で、通常より太い、幅50mmのリムに、29×3インチのタイヤを装備し、それに対応したクリアランスを持ったフォーク・フレームとなっている。

ファットバイクの走破性を取り入れつつ、ハブのOLD前100mm、後135mm、ボトムブラケットシェル幅73mmと通常の規格で収まっている。


2012年に、サーリーがクランパスフレームフォークと、ラビットホールリム(リム幅50mm)、KNARDタイヤ(29×3.0)を発表。2013年モデルとして発売。
2013年の、NAHBS…2013でも採用された自転車が出展された。


関連項目

  • 自転車用語
+...









最終更新:2013年10月20日 00:04