次元旅団質問集


このページについて


 こちらのページは、PLから寄せられた質疑応答を反映したり、
 PLが直接質問をこのページに投げかけたりして、QAを周知・共有することを目的としたページです。
 質疑応答にQを追加するのも、簡易質問投稿欄に些細な疑問を投げかけるのも可能です!
 気兼ねなくどんどん質問しましょう!


簡易質問投稿欄



名前:
コメント:


次元旅団第一回質問会質疑応答集

こちらのプライベッターに纏めております

次元旅団第二回質問会質疑応答集

こちらのプライベッターに纏めております

次元旅団キャラメイク会質疑応答集

こちらのプライベッターに纏めております



質疑応答


Q.なぜ個人のPTは正体を隠す傾向にあるの?

A.大きな理由は、観測の増大による次元同士の接近を防ぐためです。
他にも個人として力を隠したい理由はそれぞれあります。
詳しい内容は世界観に記載されているのでご確認ください。


Q.ギルドの構成員にPT(パラレルトラベラーズ)はいる?

A.存在します。
が、基本PTは正体を隠す傾向にある為、周囲に知られていない場合が多いです。
『次元旅団』に所属しているPTの場合は、『次元旅団』を通じてギルドマスター等の上層部は把握していますが。
そうでない場合は、正体を隠して潜んでいる場合が大半でしょう。


Q.時城市にあるギルド・『次元旅団』は、他の次元にも拠点はある?

A.『次元旅団』の拠点は、現時点でガイア・セレスティア・キングダムの三つの次元にのみ存在します。
また、ギルドはガイアの時城市にのみ存在する組織で、ガイア以外の次元に勢力を持っておりません。


Q.マナカラーが定義されるのは、PT(パラレルトラベラーズ)から? 魔法使いから? 魔法使いでもない一般人も?

A.本人の才能や資質、性格、性質を示す要素であり、定義される対象というのはありません。
ただし、魔法使いでない一般人はマナカラーによる影響が現れる範囲はほぼないので、あまり気にするべき点ではないでしょう。
非魔法使いのキャラクターをNPC一覧に追加する際は、「マナコード」の欄は「-」と表記しても通常通りマナカラーを記載しても、どちらでも構いません。


Q.次元を渡る方法はどんな方法なの? 念じればシューンと飛べるの?

A.PTがその次元移動能力を発揮するには様々な制約があります。
詳しい内容は世界観に記載されているのでご確認ください。


Q.大規模の途中で今いる次元から別の次元に住居を移してもいいの? その時に変更しないといけない点は何がある?

(例えばガイアに住んでたのにセレスティアに引っ越すとか)

A.構いません。
PC一覧に在住次元を記載する欄があるので反映をお願いします。
お好みでキャラクターページの更新など、引っ越した事をしっかりと周囲に周知することはお願いします。


Q.次元旅団は給与制? 歩合制? セッションで手に入る報酬はどういう形?

A.歩合制です。
任務に応じて旅団から報酬が出る形となっています。


Q.次元旅団って秘密組織だけど、表向きの肩書き(設定上)はどうすればいいかな?

A.表向きはそれぞれ違った職業についていたり、フリーの魔法使いなり冒険者なりといった形になります。
どのようにするかは自由です。


Q.キングダムやセレスティアに住んでいてもギルドに所属していいの?

A.構いません。
ガイア、キングダム、セレスティア間は、次元旅団であれば往来にさほど時間はかかりません。


Q.ギルドに所属するにはそのギルドと同じマナカラーが必須なの?

A.不要です。
あくまで傾向であり、色が一致しておらずとも構いません。


Q.次元旅団に所属してる人は全員PTなの?

A.実働の面々は全員PTですが、後方支援のスタッフには一般人もいます。


Q.次元旅団卓における卓内容の一つとして「各種次元での問題解決」があるけど「アストラル・レプタイル・プレイライト・マキナ・エデン」での任務とかもやっていいの?

A.構いませんが、公式での設定をキチンと守って自己責任でお願いします。


Q.「大勢が認識した結果、次元間戦争になったり〜」と、それぞれの次元が大勢に観測された場合の危険性が記述されています。しかしガイアとのゲートが確立されている次元であるアストラルやレプタイルなどは、ガイアと非常に観測しあっていると思われます。これらの次元のイデア関連や次元接近などは大丈夫なのでしょうか?

A.かつてアストラルやレプタイルなどの次元とも、次元接近やイデアの危機は起こりましたが、当時の次元旅団や各種次元の人々の尽力により解決し、今は安定しています。


Q.次元旅団の目的として「次元間のバランスを揺るがす計画の打破」があり、ディスターリーの首魁の目的として「次元の支配」が記述されています。これらは次元旅団PCのモチベーションとなり得るため、シナリオフックにもなり得ると考えます。「次元間バランスの揺るがし方」や「次元の支配」の具体的例などはありますでしょうか?

A.次元間バランスは、次元のイデア自体を操作し、他へと接近するようにする、互いに観測するように情報をばら撒く、などがあります。
次元の支配に関しては、ディスターリーの呪を用いた洗脳などです。
ただし、これらはあくまで一例であり、絶対の基準ではありません。ぼくのかんがえるさいきょうのわるいけいかくを皆も考えよう!


Q.PCやNPC作成において、次元旅団やギルドなどの所属年数に上限・下限は存在しますか?

A.PC、NPC共に下限は次元旅団開始時点、上限はガイアに魔族が帰還した第二次世界大戦直後が基準となります。
これ以上やこれ以下にしたい場合は、MGM陣に相談してください。


Q.世界観にて「多次元の存在が周囲に一般的に知られた場合、認識されたことにより、次元同士が観測しあって、接近が起こる」とあります。この世界観にもとづくと、例えばディスターリーが「邪魔な次元旅団があるガイアやキングダム、セレスティアを滅ぼすために、多次元の情報を各地で流布しよう」という作戦も有効であることが考えられます。こうなった場合、多次元の情報を一般人の記憶から消すような手段(例えばフォーマット)がなければ次元の接近は避けられないと考えられます。次元旅団は多次元の情報流布を阻止する手段は所持していますか? また所持していた場合、それらが用いられたことはありますか?

A.そういった事態を回避するために、次元旅団では技術班に記憶操作専門のチームが結成されています。
情報流布の危険性などが生じた場合、技術班からチームが派遣されて対処しており、これまでにも出動実績はあります。


Q.次元旅団の基本的な時間軸は、始まりの次元ガイア準拠の2020年でしょうか

A.はい、ガイア準拠の2020年です


Q.マナカラーを物語の進行により、キャラの性格や信念の変化を表すために変更することは可能?

A.基本的には不可能です。どうしてもという場合はMGM陣にご相談ください。


Q.次元越しの会話は可能なのでしょうか?可能な場合どれほどのリソースを必要するのでしょうか?

A.基本的には可能です。次元旅団の中で次元間通信用の通信装置が配備されています。
ですが、状況によっては上手く通信が機能しない事もあるでしょう。


Q.『次元観測機構メジェレント』によって、移動しているPTは観測可能であると考えています。ただ次元移動による観測以外に、ある人物が『灯持ち』かどうか判別する手段を、次元旅団などは所持していますか?

A.いいえ、所持していません。PT能力者かどうかは、実際に次元移動の反応を捉えないと判別することは出来ません。


Q. PL向け情報の他次元との交流の項には四国大戦争後にアストラルなどの各次元とゲートが確立されたとありますが、それは歴史上で具体的に何年に起きた出来事でしょうか?

{A.2000年にアストラルなどの各次元が観測され、次元統合の危機が勃発しました。
そこから数年をかけて解決し、ゲートなどが確立されました。}


キャラメイク会質疑応答


全体に共有すべき質疑応答を抜粋。
下記のQ&Aの要素は省いています。

  • 特定のクラス・スキルに関する質疑応答
  • 内容が重複した質問